FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

自民党の移民は汚い移民、共産党・立憲民主党の移民は綺麗な移民

犬猫殺処分ゼロのさとう由紀さん、56歳だった


 さて、今日はN国党の宮内とし候補が立候補する八千代市議会議員選挙の投開票日。なお、石川県宝達志水町議会議員選挙では幸福実現党が立候補しています。
 ところで、「船橋から殺処分ゼロ」のアイドル・謎の微小女さとう由紀(佐藤由紀)さんなんだけど…
これが56歳? 殺処分ゼロの八千代市議会議員立候補者・佐藤由紀(さとう由紀) 選挙公報によると、

 佐藤由紀(56歳・昭和37年2月22日生)

 この写真の彼女、本当に56歳の写真なんでしょうか。
 何よりも、選挙に出てるのに、どこを探しても写真もないしブログもない。・猫の殺処分ゼロ活動を行っている形跡もない。

 あのー、私の地元にも、写真と実物があまりに違う人がいるけど、あんまりいい気分がしません。佐藤由紀さん、どこかにあなたの「今の写真」、ないのでしょうか。 
 千葉市に届けられた政治資金規制法のなんちゃらによれば、佐藤由紀代表の「八千代殺処分ゼロの会」は、政治団体として届け出されているが、活動している形跡がネット上にない。
 まあ、どうせ落ちるとはいえ、あえて選挙違反すれば、投票しないほうがいいです。実物はどんな化け物か分かったものではない。

移民が必要になった「何か」、ヘイトスピーチが必要になった「何か」


 さて、相も変わらず右も左も「移民反対」の大合唱である。

 自分は、移民政策の是非よりも、野党、特に立憲民主党や日本共産党のような左翼政党が、「これは移民政策だ!」と批判して、それに左翼ネットワーカーの皆さまも同意しているのがむしろ笑えた。言うまでもなく、日本共産党も立憲民主党も、外国人労働者どころか移民受け入れ賛成な筈である。

 だいたい、昨日まで「ヘイトスピーチやめろ」と叫び、日本第一党の移民反対デモを狂ったように妨害していた人たちが、舌の根も乾かぬうちに「移民政策反対!」とは馬鹿らしいにも程がある。
 それどころか、今回のように、抑制的に「日本で働きたい外国人」を受け入れるのが嫌ならば、反日を国是としている韓国人・中国人や中国人も「たーたき出せー」と主張するのがむしろ筋である。真面目に働きたい外国人が優先。当然である。

 レイシストの皆さま、何せ左翼政党の「お墨付き」をもらったのだ。今後は思いっきりヘイトスピーチができる(笑)。
 共産党や立民党の皆さまは、自民党の移民受け入れ政策に反対したことと、移民受け入れ反対を主張する市民団体の集会や講演会を次々と潰してきたことと、どう整合性を取るのだろうか。「移民に反対して、差別のない共生社会を」とか言い出さないか、楽しみである。

移民政策、アベは悪くない


 ただ、それでも移民政策が評判悪いことには変わりがない。
 日本人はヨーロッパの惨状をまざまざとみせつけられてから、移民の議論を始めたのだ。

Fumidokuhon46.jpg 移民政策に転換したのは、アベが悪いのでも自民党が悪いでもないことは、有権者の大半が知っている。
 このブログで、もう何回も書いたことである。
 地球市民・共生社会のような美名で語られるグローバル。女性の社会進出を促し、産む・産まないは自由となり、男性支配の道具である家庭や婚姻制度を破壊したジェンダー、イスラム教やホモやオカマばかり得をして、大半の国民がちっとも多様性を感じないダイバーシティ、その多様性を口実に、男女の性別をぼやかすことばかりに熱中するLGBT、ついに自分が男か女かの性認識まで「個人の自由」にしてしまったリベラル。

 子作りは「女性自立の敵」。それが普通になってしまった。

 しかし性モラルは破壊され、「シングルマザー」が増え、それを無責任なマスゴミが「男性支配から脱した自立した女性」と持て囃す。金持ちは不倫に結婚離婚を繰り返す一方、少子高齢化社会はますます進み、生涯独身の男女が大量発生する。

 国境がなくなれば、世界規模で差別が進み、貧富の差が拡大する一方に決まっている。グローバル社会になれば、貧乏な国の人は日本や欧米に来たがるに決まっている。そうなれば、日本文化は破壊されるに決まっているし、治安も悪くなるに決まっている。
 それでもグローバルにせざるを得なかった「何か」を修正しない限り、何も始まらない。「自民党の移民は汚い移民、左翼の移民は綺麗な移民」では、誰も説得など出来まい。 それでも野党特に左翼政党は、外国人労働者が強姦しまくっても、アベが悪い自民党が悪いと叫びだし、それでも駄目ならラップにプラカードしか出来まい。
 左翼の人たちは、多くの国民が在特会の存在を必要とし、極右の存在を必要とする「何か」が確かに存在することを学んで欲しい。まあ、嘘つきで馬鹿だから絶対に無理だろうか。

 現実問題、現時点ですでに、日本人だけでやっていくことは出来ない。しかし、移民受け入れに反対する国民の声は根強い。もう、これはどこかで妥協点を見つけるしかないのだ。
スポンサーサイト

指原莉乃さんHKT48(AKB48)卒業、ご退位は4月28日

指原莉乃さん、HKT48から卒業発表 コンサートで
https://www.asahi.com/articles/ASLDH55ZSLDHUCFI007.html

 というわけで、念には念を入れて、平成が終わることになりました。
 指原莉乃さんのご退位は4月28日、横浜アリーナ。
 なお、今上陛下のご退位は4月30日、改元は5月1日です。



『何でずっと下見てるの?』
『もっとこっち来なよ』
って
僕の手を自分の太ももの上におきました。

saseko_002.jpgsaseko_001.jpgsaseko_003.jpg

 この事件からAKB総選挙1位までの間が、自分にとって指原莉乃が最も輝いてました。
 そして、AKB総選挙という民主主義が、最も有効に「機能」したのが、この時の選挙でした。

 「渡辺麻友圧勝」の世論を覆し、AKB総選挙で圧勝した彼女。自分にはまるで、ロッキード事件騒動の頃に、新潟3区の有権者が大量得票で田中角栄氏を当選させたかのように、「ここで彼女を大量得票でトップ当選させて、ファンの心意気を見せてやろうではないか」と盛り上がってるように見えた。
 そして、AKBは二代目の「絶対エース」を得て、安倍政権並みの長期高支持率の政権になった。大島優子でも渡辺麻友でも、前田敦子の代わりは務まらない。

 そんな彼女も、気がつけばもう26歳なんですね。
 ゲロブスの第二の人生に幸あれ。



このエントリーのタグ: AKB48

中核派、12月24日聖夜に洞口朋子氏がYoutubeでちょっとエッチなクリスマスライブ開催

 オウム真理教よりも沢山の人間を殺してるんだけどね、中核派って、

 さて、前進チャンネル第151回によると、中核派では12月24日の21:30より30分間、洞口朋子氏がライブ配信を行うそうです。
 今年もクリスマスイブは一人ぼっちな恋愛プロレタリアートのあなたも、今年の冬は洞口朋子ちゃんを独裁!ディクタツーラ

 さあ、万国の労働者よ、団結せよ! 日「共」スターリニスト集団もニセ「左翼」暴力集団も、もちろん反共「市民」主義者も日和見主義者も、議会主義的クレチン病のあなたも、今年のクリスマスイブは前進チャンネルで洞口さんの肉体オルグを受けよう!

殺人集団中核派のオナペット洞口朋子ちゃん

殺人集団中核派のオナペット洞口朋子ちゃん

殺人集団中核派のオナペット洞口朋子ちゃん

正体を知らない市民と対話する中核派の洞口朋子さん 動画は下に貼っておきます。
 しかし中核派までもが移民反対のレイシズム、反グローバルですか。「最低賃金を下回る」「恋愛も出産も許さない」、まるでAKB48の研究生のような劣悪な労働環境で、移民が資本家に酷使されるのに協力する自民党を打倒しようと。

 「一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している──グローバルという妖怪が。」 
 マルクスやレーニンこそ、反グローバルの正しさを証明してるんです。だって、マルクスは生産力が飛躍的に増大しないと国家も国境も消えないって言ってるわけだし、レーニンなんか資本主義社会で余剰生産物が出れば、資本家は必ず海外に売りつけるぞって言ってるわけでしょ?

 レーニンの言うとおり、グローバルってのは資本家が得をして庶民はますます貧乏になるのです。
 それを愚かな左翼崩れが勘違いして、資本主義の枠内で国家や国境をなくそうとするから、ヨーロッパもアメリカもおかしな事になってしまった。しかも、100%の善意でやってるのだから、更にタチが悪い。
正体を知らない市民と対話する中核派の洞口朋子さん だからこそ、ヨーロッパでは貧しい人たち・社会的弱者がグローバル社会に怒りを燃やし、ついにリベラル打倒に立ち上がり、万国の労働者が思いっきり団結して、ヘイトスピーチを繰り返す極右レイシスト政党やトランプ大統領に次々と怒りの一票を投じた。
 もっとも、トランプさんあたりは、反グローバル・保護貿易主義というより、アメリカ主導のグローバル社会を築こうとしている気もしますが。

 何しろ日本の場合、自民党がグローバル社会に先鞭をつけて、それにもっとグローバルでダイバーシティな立憲民主党や日本共産党が反対している構図なのです。反グローバルの政党がない。
 一応、日本第一党が「有名」だけど、何せあの人が党首でしょ? 中核派同様に、お笑い政党からなかなか抜けきれません。かつては遥かに格下だった立花孝志に完全に抜き去られた現状を、どう考えているのでしょうか。




前進チャンネル第151回 「入管法改悪弾劾!」 第2998号(12月13日付)

日本の政治は、自民党と公明党とLGBTで構成される

 ちわ。今日は病院に行きます。
 ところで、岩隈とか上原とか、読売ジャイアンツは高齢化社会に備えてシルバー球団を目指しているのだろうか。



 それにしても、本当に日本人の多くは移民に反対してるのだろうか。
 嘘つき野党の「移民反対」ヘイトスピーチは、本当に国民の信頼を得たのだろうか。

 最近のアカの方々が主張すること、例えば、移民政策で日本人の賃金が安く叩かれる、移民政策で日本人の雇用が危うくなる、移民政策で得するのは金持ちばかり、移民政策で治安が悪化する… これらは全て、日本では在特会や日本第一党、ヨーロッパでは大人気の極右政党、アメリカではトランプ大統領、そしてその支持者がかつてから言ってきたことである。
 そんな愚かな野党を支えるのが、愚かな野党支持者。昨日まで「アベは極右だ!」「移民反対のヘイトスピーチやヘイトデモをやめろ!」と叫んでいたのに、自公政権が抑制的に移民推進を始めたら、舌の根も乾かぬうちにヘイトスピーチの雨嵐で「移民政策ハンターイ!」

 あの馬鹿野党が存在できるのは、「安倍総理が巨人ファンならば俺は阪神ファン」レベルでしか政治が語れない馬鹿有権者がいるからなのだ。案外と立憲民主党あたりは、馬鹿有権者のレベルに合わせてやってるのかもしれない。



 自民党と公明党があれば、大抵のことは大過なくやっていける。事実じゃないですか。
 どうやら、来年夏の参院選で9条改憲(3項追加)の国民投票は実施されないようである。別に共産党や立憲民主党が何かをやったからではない。むしろ、この馬鹿どもが騒げば騒ぐほど、国民の中で改憲の機運が高まる。言うまでもなく、憲法9条改正ができないのは、公明党(母体の創価学会)が反対しているからである。

未婚ひとり親の支援、自公合意 住民税非課税の条件緩和
http://news.livedoor.com/article/detail/15735528/
sugitamio.jpg 揉めていた「妾腹の子」や「股ゆる女がゴム無しオメコして出来たガキ」、おっとっとシングルマザーへの優遇税制。自民党は、家族のあり方を考えると納得できなかったようだが、公明党案でいくようである。マハーケイマ正大師もタントラギーター正悟師もスメーダー正悟師も思わずほっと、次期選挙は真理党ではなく公明党に投票するだろう。
 そして、おそらくこの案がそのまま法律になるだろう。なぜなら、野党は馬鹿だから、とにかく反対するだけだから。
 「男が悪い」「生産性発言の杉田水脈辞めろ」とか、どうせロクな事は言わない。そういえば入管法改正の審議時間が短い短いって騒いでたが、長くすると何かマシな意見が出てくるのだろうか。「モリカケすぎた、アベ辞めろ」でプラカードにラップじゃないの?



【TBS】20代の7割が安倍内閣を支持!「多くの若者は“他よりはいい”」
https://snjpn.net/archives/83423
tv.png そりゃそうだ。だって他よりハッキリといいんだもん。
 実際に、立民・共産両党支持が多い棺桶世代のおじいちゃんおばあちゃんだって、この両党に嫌がらせ機能・何でも反対機能以外に何も期待しておるまい。
 最近はカリスマ性がすっかり落ちた安倍様は、相変わらず安定の左翼社会民主主義路線。
 最近だって、共産党やその支持者が狂ったように反対した「残業ゼロ法案」が成立したので、来年から、無理やり有給をとらなければいけなくなったのだ。全く、残業ゼロどころか有給を取らされるなんて、共産党が必死に反対したのもうなずける。
 そして野党が「移民反対!」のヘイトスピーチにも屈することなく、欧米の失敗を繰り返すことなく、抑制的にグローバル社会・共生社会の実現を目指す。そしていよいよ、日本国民待望の日露友好条約。

 奥ゆかしい安倍様は、自らに奢りが生じないように、政権内に低所得者層に人気がある野党を置き、可能な限り全ての国民の意見に耳を傾ける。フランスではカルトに認定されてる創価学会のおかげで、生活必需品の消費税上昇は据え置きになり、憲法9条改正も見送りの公算が高く、シングルマザーへの税制優遇の道を開こうとしている。

 要するに、野党は何もしてない。
 それどころか、、立民党・共産党はますます日本第一党化・在特会化していく。
 移民反対、水道民間活力導入反対、北方領土二島返還反対… そもそも、アメリカに支配されたアメリカを独立させ、主権を回復させるという発想において、日本第一党と日本共産党とには何ら差異がない。対米従属の象徴が、憲法9条なのか米軍基地なのかだけの違い。
 左翼、唯一の出し物は、相も変わらずLGBT。

 ではまた。

若き妖怪「パパ活」「ママ活」を産んだのは誰か

ついに「ママ活」で女性を募集した17歳男子高校生が補導! 警察の目は少女だけでなく少年まで監視/TABLO
http://tablo.jp/case/society/news004249.html
 そもそも「ママ活」ってご存知だろうか。
 「ママ活」の前に、「パパ活」が元祖である。
 悪知恵が働く女子高生・女子大生が、女から相手にされない私のような中年独身男と、一緒に食事をしてくれるという実に有り難いサービスである。もちろん食事代は男の奢り。そして、食事代を支払わされるだけではなく、別途「万単位」の金まで請求される。セックスもさせないし、おっぱいも揉めなければスカートの中に手を突っ込めもしない。パンツも見せないし、握手会もない。AKBのステージを見てお土産にCDを買ったほうが遥かにお得である。
 2万前後の金を出して、男に何のメリットがあるのか、さっぱり分からない。あえて言えば、毎日オナニーばっかりしている独身中年が「パパ」の気分を味わえるところだろうか。

mamakatu.jpg その女性版が「ママ活」である。
 何せ男女平等だもの、キモヲタ中年男性が増える世の中であれば、当然に欲求不満のブスデブ独身中年女も増える。しかし、勃ってるチンポもフニャリと萎える気持ち悪いブスデブババアだって、本当は「お母さん」になりたかったのだ。そこで、がめつい男子高校生や男子大学生が、オバサンにママの気分を味あわせてあげるよ、というわけである。
 何しろ男女平等で女性が社会進出を果たした今の日本だもの、ブスデブは金をたんまりと持っている、母性本能をくすぐるのがうまい甘え上手の男にとって、ブスデブは「歩くATM」。高校生に手玉に取られて金を取られて、バカである。
 いや、キモヲタ中年だってバカである。同じ金額で、(本物じゃないけど)制服JKにお好みのシチュエーションで、あんなことこんなことやり放題。店によってはセックスだってできるのだ。万札をつぎ込んで一緒にご飯を食べて、何が嬉しいのだ。

 しかし、某新潟県知事も大好きな「出会い系」に行けば、若い女や若い男がカモを探して、独身中年を物色しているのである。



 「パパ活」「ママ活」も一種の隙間産業だ。ニーズがあるからこそ、警察が介入するほどの「開店ラッシュ」になる。
 ささやかな幸せを金で買うキモヲタとブスデブ。「大人なんてちょろいものさ。ちょっと知恵を働かせれば、何もさせなくても万単位の金をせしめられる」と人生を舐める高校生・大学生。
 女性の社会進出・性の解放・ジェンダーフリー・家族制度破壊・別れたら次の人… こんな自由な日本の裏側では、いびつなビジネスが跋扈している。

 しかしこれは、ある意味当然の帰結である。男女が平等になり、女性が社会進出する世の中になれば、そもそも男性に寄生する必要もなくなる。子供との触れ合いだって、金で買ってしまえば良いと。
 そうでなくても、お見合いが時代錯誤と馬鹿にされ、恋愛結婚のみが唯一となり、結婚しても離婚が当たり前で、家族制度が崩壊し性が自由になれば、美貌や金銭や地位を持った一部の男と女だけがセックスを楽しむ一方、「恋愛プロレタリアート」はAKBやジャニーズでマスでもかくしかない。家庭の幸せも、金で買うしか道がない。
 昨日の日記で書いたとおりである。家族・結婚等、性の岩盤規制を撤廃すれば、競争社会・格差社会が激化し、差別が横行するに決まっているのだ。

001_2018121306262169d.jpg 今の多くの新聞・テレビ・教育機関では、無責任な左翼が「家庭」や「男性」からの解放を唱い、健全な結婚生活を望む女性を、安全圏から「君たち、案外と遅れてるのねぇ…」と言質を取られないように無責任に煽る。
 やれDV男だ、やれ素晴らしいシングルマザーだと、男性と女性を切り離すことに熱心であっても、今の日本でもっとも重要な「男性と女性をくっつけること」をしない。しないどころか、やれジェンダーだやれLGBTだと、男性と女性との区別をぼやかすことばかりに熱中している。

 現在、自民党・公明党間で、ひとり親の家族に対する税制優遇や補助をどうすべきか、折衝中だという。特に非婚者親子の扱いで、自公で食い違いが生じているようである。いずれにせよ、結婚しないで子供を産むことくらい、もはや社会的常識なのだろう。しかし、これが本当に「社会進歩」なのだろうか。どう考えても、幸福感が漂ってこないのだ。
 現在、議論が自民党vs公明党と正常な政党同士だからまだ正常な範囲。これが立憲民主党や共産党が議論に加わるようになってご覧なさい。もう、議論以前、収拾がつかなくなります。

 アベが悪い! 自民党が悪い!
 日本のジェンダーフリーは遅れている!
 男が悪い!DV男の実態を知れ!
 LGBTだ! ホモ・レズカップルにも結婚を認めろ!

 ぷびゃあ! ぷびゃあ! あ、びゃあ・びゃあ・びゃあ!!

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR