FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

リベラルの虐殺者数が、共産主義者の虐殺者数を超える日

トランスジェンダー排除をトランプ政権が検討へ「性別の定義は生まれた時の生物的な性に限定」の方針/lifedoor news(BUZZAP!)
http://news.livedoor.com/article/detail/15480011/
『米New York Times紙は現地時間10月21日、トランプ政権が性別の定義を「生誕時の生物的かつ不変な性器の形状に寄るものと限定する」方針を検討していることを報じ、大きな衝撃を与えています。
性別の定義がこの方針通りとなれば、例えば性転換手術を受けて異性になった場合でも行政的には元の性のまま扱われることになり、生まれた時の体の性別と心の性別が一致しない性同一性障害(トランスジェンダー)を排除することに直結します。』

 当たり前じゃないか。何を騒いでいるのだ。
 時代に逆行どころか、正常に戻しているだけである。ジェンダー仮説に振り回され、男らしさ女らしさは後天的なんだから、じゃあオカマも女にしてやれなんて馬鹿な事が続くはずがない。自民党も早急に杉田水脈衆議院議員の箝口令を解いて、狂った今の日本にストップをかけて欲しい。

20150504005731.jpg あ、こんにちは。
 でも、おそらく何を言っても駄目なんでしょうね。こうして人類は滅んでいくんじゃないかと(笑)。
 マスコミの多くが持て囃す社会科学系学問って、一貫して人類を不幸にしてるじゃないかと。まあ、全部が全部そういうわけでもないのでしょうが、しかし、マルクス主義(共産主義・(科学的)社会主義)が1億近い人間を直接殺し、共産主義が滅んだ後にリベラルという名のサイレントキラーによって、「産む・産まない」も自由になり「男女差」も後天的なものになり、男性は女性の権利を奪う「ブルジョワジー」と化し、多くの先進国で少子高齢化が進み、生まれてくる人間が徐々に減っていく。
 そのうちジェンダーフリーやLGBTの「消極的殺人者数」が共産主義者の「積極的殺人者数」を超えてしまうかもしれない。あるいは、欧米に変わり、「生産性」が高いアフリカかイスラム圏かはたまたインドが地球上の覇者になり、世界の勢力地図が塗り替えられるか。いずれにせよ、自由と平等の名のもとに生まれた共産主義も左翼的「リベラル」も、ホモやオカマやイスラム教徒の一部は得するかもしれないが、人類全体がちっとも幸福にならない。
 特に日本では、報道や教育等、「教える側」に共産主義やリベラルが侵食している。考えてみれば、これら思想は自由や民主主義の鬼っ子なので、民主主義を教育する場に、この種の主張が流行しやすいのは仕方がないのかもしれないが。
大阪府立高校 来年春から入学願書の性別欄を廃止/産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/181019/plt1810190010-n1.html
 正直、驚かなくなってきた。むしろ「多くの高校入試の願書には、まだ男女欄があるのか」とほっとしたくらいである。
 しかし、これは維新政権の大阪での話である。近い将来、小学校から大学まで、全ての教育機関で男女の区別が撤廃されるだろう。もちろん、更衣室や水泳授業等、都合の悪いことは男女別に行う「虫の良い」性別撤廃である。
 そしてこういう無責任こそがリベラルの本質だと思う。ジェンダー理論を信じ、男らしさ女らしさが全て後天的と考えるならば、男女別更衣室撤廃こそがまさに憎むべき対象であり、万難を排して破壊しなければならない「男性優位社会」の象徴な筈である。しかし、そういう「辛いこと」は避けて、多様性の名の下、美味しい権利だけをいただく。

 かといって、止める術もない。
 おそらく、トランプ氏の当たり前な発言も、潰されてしまう気がする。
 ではまた。
スポンサーサイト

左翼悶死。元在特会(徳島教職員組合事務所襲撃犯)中曽ちづ子さん(NHKから国民を守る党)、川西市議会議員選挙当選!

 過去に徳島県教職員組合襲撃事件犯であり、在特会幹部として街宣で「辻元清美を射殺しろ」「朝鮮人を射殺しろ」などの発言を行ったが、前非を悔いているらしい中曽ちづ子さん(NHKから国民を守る党)が、昨日投開票の川西市議会議員選挙で、1,965 票を獲得し、32人中20位(定数26)で見事に当選しました。おめでとうございます。
 在特会の幹部レベルからの議員は始めてではないでしょうか(調べたわけではないけれど)。
 開票結果はこちら。落選6名中、維新が2名(笑)。他の主要政党は取りこぼさなかったようです。
https://election-sokuho.hatenablog.jp/entry/kawanishishigisen-2018

 昨日はふわっちで、立花孝志NHKから国民を守る党党首と、覆面で有名な久保田学立川市議が、川西市の投開票所に乗り込んで、開票の様子を中継してました。開票場のネット中継なんてできるんですね。会場をみて思ったのですが、「観客席」の柵が低く、警察もあんまりいるように見えなかったので、開票結果に納得できない「市民」の皆さまが暴れだしたらどうするのでしょうか。
haitterune.jpg 開票場の様子を中継で見るのが始めてだったのでとても楽しかったですが、それよりも、開票場に各候補者の投票用紙を入れるプラスチックの箱(左を参照)があり、中曽ちづ子の箱に投票用紙がどんどん入れられていくので、くぼた学市議会議員が「中曽ちづ子にスポスポ入っている」「いい感じでスポスポ入ってる」と発言したのが、妙にいやらしくて最高だった。まあ、発言してるのがくぼた学だからそう聞こえてしまうのだろうが、左のプラスチックケースに紙が入るのを、普通は「スポスポ」と表現するだろうか。
DqB7VKQUwAAtZFS.jpg 立花孝志党首はさすがに選挙に詳しく、「ムサシがまだ回ってる」「ムサシが1台しか動いてない」と、電波系御用達の不正選挙マシーン・ムサシ(投票用紙集計機)の様子を気にしていた。集計した後もその正誤を目検で全てやって、かつ殴り書きで書かれた汚い字を判別するコーナーが別途作られるとのこと。そして立花・くぼた以外にも、開票を望遠鏡で見守る男たちが多数。残念ながら、あれじゃ、ムサシでの不正は出来ないみたいです。

 あと、昨日は那覇市長選挙があり、普通の人はこちらのほうが「大きかった」でしょう。結果はやっぱりというのか何というのか、左翼統一候補の現職が勝ちました。やっぱりパイズリがまずかったですかね。それとも、まだ沖縄県選挙民は喪に服しているのかと。そういえば、川西市では市長選挙も行われ、これも自民推薦の候補が新人に負けました。勝ったのはヨボヨボ同士の三郷市長選挙のみ。我らネトウヨ陣営にとって、実はあまり良くない一日だったようです。

 おまけのレイシスト情報。桜井誠のGood Morning Japan が月~金から水・金の週2回に縮小になるそうです。最近、放送に穴を開けていたようですが、どうやら挫折したようです。朝の番組って、続くところに意味がある気がするのですが。
 そもそも、最近の桜井さんのコンテンツは、一人よがり過ぎてあまり面白くありません。移民に賛成しているのだから共産党も自民党と同じ、自由共産党だとか、訳が分かりません。久しぶりにくつざわ亮治氏の名前を出したと思ったら、思いっきり「注射器、注射器」って言ってましたし、果たしてこれから統一地方選に向けて、巻き返せるでしょうか。
 今回の中曽ちづ子さん当選だって、「元在特会大物当選第一号」が日本第一党ではなくNHKから国民を守る党から出たことになります。それどころか、反NHK党は、泣く子も黙る在特会としきしま会の両巨頭を確保したことになります。並のNHK集金人ならば、この二人が友達を引き連れて助っ人に来たら、逃げ出すこと間違いなしです。

 今後、NHKの集金人はしばき隊が代理することになるでしょう。彼らしか太刀打ちできないよ。
 ではまた。

小西ひろゆきクイズ「現在、国会内に旧民主党会派はいくつある?」

(同日訂正:反NHK党のたけもと誠氏は出馬しません。お詫びして訂正します。)

長島昭久氏、笠浩史氏と衆院会派「未来日本」を結成/産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/181018/plt1810180015-n1.html
 新会派って新しい政党じゃないのか。しかし、国会内にいくつ民主党があるのだろうか。上記産経新聞より

『自民党▽283▽立憲民主党・市民クラブ57国民民主党・無所属クラブ38▽公明党29▽無所属の会13▽共産党12▽日本維新の会11▽社民党・市民連合2▽希望の党2未来日本2自由党2▽無所属13▽欠員1』

 自分の認識では、下線を引いたのが全部旧民主党。民主党が国会内に6つあるわけだ。
 なんか1980年後半~1990年前半のプロレス業界みたい。そのうち、過激なデスマッチを売りものにした「フロンティア・マーシャルアーツ民主党」(津田弥太郎代表)、東北六県の町議会議員選挙専門で活躍する「みちのく民主党」(これは案外といいかも)、FM民主党から分裂し、殺人者小田求の参加をちらつかせる「W☆ing民主党」ができるのだろうか。
 こうなったら、みんなで新しい民主党を作ってあげたらどうだろうか。「クイズ民主党」とか「多国籍民主党」とか。一番人が集まりそうなのが、反杉田水脈に特化した「生産民主党」。生産性が高い議員を多数抱える立民から初鹿明博・青山雅幸・山尾志桜里・吉田統彦、無所属から細野豪志も参加確実。おそらく、自民党からも今井絵理子さんや國場幸之助さんや落選した宮崎謙介等、続々と参加するだろう。それどころか、社民党から又市征治、共産党から穀田恵二、山本太郎さんも新党に参加する可能性が高い。LGBTの立場から、元自民党の武藤貴也さんに日本第一党の桜井誠さん。杉田水脈もこんな民主党が出来たらひとたまりもない。おそらく地方議員も多士済々、どうだろうか、この「生産民主党」構想は。
 そういえば、親鸞民主党の柴田未来さんはどうなってるのだろうか。希望の党に入ったがあの党が速攻でポシャって、そういう意味での信念はないだろうし(別の意味で固い信念はあるが)、どこに移動するのだろうかと。さっき彼女のホームページを見たけれど、最近は政治活動をしてない模様。諦めた雰囲気だけど、どうなんだろうか。私としては、立憲民主党に入ってもらいたいのだが。
 まあ弁護士だし、親鸞会の遺産放棄裁判の被告とか、食うには困らないでしょうけど。



 さて、今日はおもしろ選挙が兵庫県川西市であります。元在特会の前科者・凶暴幹部「おつるさん」こと中曽千鶴子さんが「NHKから国民を守る党」から出馬。本日が投開票。しかしNHKの集金人も大変だな。在特会としきしま会の幹部を反NHK党は抱えてるんだから。並の人間ならば、確実に逃げ出すぞ。
BztaBc1CIAAR-KH.jpg もっとも中曽候補は、かつて「たちあがれ日本」から立候補してるんですね、この人。何だかんだで3回目のチャレンジ。本人も過去の過激な運動を反省しており、反NHK運動もネットではすっかり定着し、案外と善戦するんじゃないでしょうか。
 いずれにせよ、日本第一党に先駆けての在特会幹部の当選か否かが注目されます。
 その他、那覇市と埼玉県三郷市でも市長選挙だそうです。三郷市は爺さん対決だけど、自公推薦の現職が72歳なのに、共産も立民も投げ出したもよう。三郷には共産党の大きな病院があり、裏切り者の幹部を精神病患者としてそこに放り込むらしい(笑)ので、アカが強そうなイメージだけど。那覇市はよく知らない。この前の選挙で流れが変わった上に、パイズリも影響したら危険な気がする。
 ではまた。

「平成」の次は「昭和」

 最初の方、将棋を知らない人は全く面白くありません。

菅井七段、異例の反則負け 駒を飛び越え角動かす 将棋/朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASLBL7D7PLBLPTFC01Z.html

菅井七段、異例の反則負け 駒を飛び越え角動かす
 これ、おそらく角取りに対して▲6八角を読んでいて、△7八飛成でも△6七歩成でも▲4六角で銀に当たると考え、その2手を省略していきなり▲4六角と飛び出したんでしょう。昔、木村義徳九段が角の利き筋を間違えて反則負けしたときも、利き筋を間違えたのではなく、相手が受けても馬を一個動かして次に突入する手を読んでいて、その相手が受けた場合の手を指したそうである。
 まあ、そういうのでなければ、角の目の前にある「と金」をワープしないよね。



 それにしても、将棋の人気も根強いというのか死太いというのか。将棋マガジンが将棋ジャーナルが消え、ついに近代将棋が消え週刊将棋が消え、残る将棋世界もかつては二千数百はあった懸賞への応募は今や数百通、1ページを超えた免状授与者は二~三行。コンピュータソフトに名人がズタズタ。なのに将棋ネタには確実な「食いつき」がある。
 オウム真理教も同じである。事件から23年以上たち、主要殺人事件に関与した幹部は全員死刑になり、今やリン酸カルシウムになってしまった。なのに夕には白骨となりぬる身を、相変わらず23年前の紅顔だった時代の動画やイラストが毎日のようにTwitterのタイムラインに流れてくる。
 そして「江川紹子と愉快な仲間たち」は「オウム真理教は終わらない」「風化が心配だ」「今の若者は騙されやすい」と相も変わらず主張する。そして飽きもせずに、警察が悪い、マスコミが悪い、死刑制度について考えよう… カルト宗教どころか、宗教そのものが世界的に退潮傾向なのに。
 まあ、オウム真理教も将棋も自分がさんざん凝った事があるので、自分は彼ら彼女らを批判する資格などないのだけれど、この周辺の人達は、平成の向こうに未来を見いだせないのだろうか。ひょっとしたら、AIの進化で人類が労働の苦悩から開放されるかもしれないのに。



 ジュリーこと沢田研二がステージをキャンセルしたのが大騒ぎになっている。しかし、ジュリーがコンサートやって、数千人が見に来ることがそもそも驚きである。劣化して「カーネルサンダース」と揶揄された沢田研二の姿は、平成ウルトラマンにゲスト出演する白髪のハヤタ隊員以上にかつての面影を失っている。
 まあ、見に行く人はほぼ全員かつてのファンだろうが、この人達は平成を終わらせたくないどころか、次の元号を昭和にしたいのかもしれない。
canek1.jpg そういえば、プロレスの世界で、30年ぶりに藤波辰爾がエル・カネックと戦ったという(藤波辰爾30年ぶりカネックと対戦「鳥肌が立った」)。どっちもマトモに動けるとは思えず、ドラゴンロケットなんてできない気がするのだが、おじいちゃん同士のこの試合を見に行く人は、どんな人達なんだろうか。
 聞くところによると、プロレス業界でで久しぶりに「オールスター戦」を開催するという。しかし、参加者が全員スターだからオールスターなのだ。今のプロレスラーで、プロレスを見ない人でも名前を知ってるような「スター」なんて一人もおるまい。



 一時期、「平成の次は安倍」というギャグが流行った。しかし、昭和・平成とくぐり抜けた自民党・公明党はポスト平成も相変わらず健在だろう。一方、「昭和枯れすすき」の日本共産党だって未だに議席を持っているのだ。そして野党の多くは「さくらと一郎」と一緒に、ポスト平成どころか昭和40年代の失われた栄光にうっとりとし、国会前で騒いで「何千人来た」「何万人来た」と新聞と一緒に大喜び。 ゲバ棒がプラカードに変わっただけである。
 政治を変えようの声は相変わらず姦しい。しかし、多くの野党の視線は平成の向こうではなく、昭和のモノクロ写真のアルバムに向いている気がする。

 ではまた。

移民・グローバルも安倍様、ダブル不倫も安倍様。

sincyoimin.jpg 昨日電車の中で週刊新潮の広告を見ていたら、トップ記事が「「コンビニ」から「病院」まで外国人労働者!「移民大流入」でどうなるニッポン」。その見出しの下には、安倍総理の写真が大きく貼ってあった。
 どうやら、安倍総理は移民推進の極悪人になりつつあるようである。そう言えば、日曜日の日本第一党全国一斉移民反対デモでも、まるで共産党のデモかのように安倍総理を批判して、移民がなくて日本人が子供を持てる環境を作れと叫んでいた。
 いよいよ、グローバルもダイバーシティーも安倍様が実現してくれるようである。いったい安倍様のどこが極右でレイシストなのか。それどころか、ますます野党のやることがなくなっていく。実際に、自民党の移民政策に対して、野党は「素晴らしい」とか「許せない」とかもっと意見すれば良いのに、殆ど言わない。私が目についたのは立憲民主党が「とにかく反対」らしいこと。しかし、日本第一党のように「外国人をたーたきだせー」「良い移民も悪い移民もどちらも○せ」と思うのか、「私が日本のメルケルになり、中東のイスラム難民もドイツの2割増料金で大歓迎。完全に顔を隠したプルカでホコ天散歩もOK」と思うのか、そこがはっきりしない。
 いや、全野党がそうではないのか。これだけマスコミで欧米の現状が語られ、日本も四位だか五位だかの移民大国(実は人口比だと嘘だけど)と報道されるようになり、国民の関心も実に高い。野党各党も「まずは自民党の政策に反対。ナチでヒトラーだ」を言う前に、日本のメルケルになり安倍様以上に移民を推進するのか、桜井誠のように外国人をたーたき出せーなのか、きちんと提示して欲しい。
 しかし野党は安定のモリカケ。今日も明日もLGBT。笑い事でなく、杉田水脈さんが辞任したら、自称ポスト安倍の枝野さんは明日から何をやるんだろうか。まあ、彼ならば「ご当地アイドルの人権問題」とかできそうだけど。

 一方、週刊文春にはこんなのが載っている。
〈キスしたい〉自民党「魔の3回生」が人妻へ“不倫LINE”/文春online
http://bunshun.jp/articles/-/9366
パイズリしたい ネット版の見出しは「キスしたい」だけど、紙媒体のほうは「パイズリしたい」ですか。
『自民党の沖縄県連会長を務める国場幸之助衆院議員(45)。2012年に初当選し、以来3回連続当選の「魔の3回生」である国場氏が、既婚女性に対し、〈キスしたい〉などのLINEを送っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。』
『そこには国場氏が高橋氏の妻に送ってきた、〈キスしたい〉〈スカート滅茶苦茶かわいい〉〈大切な女〉などの文言が並ぶ。』
 なるほど。「パイズリ」は週刊文春を読まないと楽しめない仕掛けになっているのか。見事な商売だ。
 それはともかく、これからダブル不倫のパイズリ男・国場幸之助衆院議員を、立憲民主党がどう批判するかと思うと、楽しみで楽しみで仕方がありません。もう、どっちみち誰も期待してないんだから、山尾志桜里さんに批判の先頭に立ってもらうのが一番です。少なくとも、ネットだけは盛り上がりますし。

 働き方改革で残業代がゼロで過労死続出どころか、無理やり有給を取らされることになりました。賃上げも安倍様。女性の社会進出も安倍様。労働条件も安倍様。そしてグローバル社会もダイバーシティーも安倍様が実現してくれます。それどころか、立憲民主党の売り物「ダブル不倫」も安倍様。パイズリも安倍様。

 臨時国会、立憲民主党の第一声は「ご当地アイドルの人権問題」になりそうだ。
 ではまた。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR