FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2019年の流行語大賞、本来ならばNHKから国民を守る党が独占だな。

 N国党、参院当選後は初めての「薄氷の勝利」。
 山形市議会議員選挙開票結果
 https://www.city.tendo.yamagata.jp/municipal/senkyo/kaihyoukekka_20190922.pdf
 23人出馬、22人当選。
 将棋の町として有名とはいえ、ど田舎の天童市議選でギリギリとはいえ22位で当選。これを「ほりえもん効果」と呼ぶべきか、はたまた当選ラインが下がった僥倖と見るべきか。
 何はともあれ、五十嵐浩之さん、おめでとうございます。



tachibanatoushu1.jpg 昨日ふと思ったんだけど、2019年の流行語大賞って、本当ならばN国関連の言葉が独占だろう。
 もちろん、1995年のオウム真理教地下鉄サリン事件の年と同じく、N国関連の言葉は一つも選ばれまい。
 無論、オウム真理教は沢山の人を殺したが、NHKから国民を守る党は参院選に当選したわけで、この2つを同一視なんか絶対にできない。
 しかし、何せあの流行語大賞、「日本共産党が選ぶ左翼流行語大賞」と揶揄されるだけあり、「リベラル」のお眼鏡に叶わない単語は片っ端から排除される。だから、N国関係の言葉は片っ端から外されるだろう。

 しかし、N国が今後どうなろうと、たとえ大量逮捕で終わろうとも、「ポア」「尊師」「サティアン」同様に、N国関連の言葉は永遠に残る。何よりも、N国現象はまだ終わってない。今後も、新しい「単語」を産出していく可能性が高い。



tachibanatoushu2.jpg 「NHKをぶっ壊す」をスローガンに、NHKの「スクランブル放送」を訴え、政見放送で「不倫路上カーセックス」を連呼して見事に参院選で奇跡を起こしたN国党
 実は、都知事選出馬の際の政見放送を見てみたら、スクランブル放送どころか、不倫路上カーセックスも既に登場していた。しかし、当時は桜井誠出馬にカイヨー事件にと、立花孝志の出る幕じゃなかった。

 立花孝志氏が波に乗ったのは、横山緑(久保田学)の当選からだったと思う。このあたりで、NHK撃退シールの存在をネットでは知られるようになった。
 ただ、この人はモロに落下傘居住実態が怪しく、早くも選挙ウオッチャーちだいとひと悶着を起こしている。そうでなくても、市議会議員は仕事が楽で給料が高いとYoutubeで語り、後に決裂する佐々木千夏氏の杉並区議立候補の際には平気で「売名選挙」と言ってのけるなど、選挙制度を種明かしするかの戦場を採用する一方、自らの戦術を視聴者にわかりやすく、選挙制度のイロハから解説し、着々と議員を増やした。

tachibanatoushu3.jpg 一方、応援演説を野次る人間を私人逮捕する独善的体質は、ブレイク前から健在。後の統一地方選大量当選後の「らあめん花月」軍団大量離脱とともに、130万円を払えと強気な態度で恫喝する態度に、「オモロイおじさん」とは別の「裏の顔」を知った人も多いだろう。

 そして参院選当選後も、この独裁体質が何かと批判を浴びることになる。
 「裏切り者の二瓶文徳をぶっ壊す」「お母さんも彼女も知ってますよ。徹底的にコイツの人生、僕は潰していきますからね。」で被疑者になり、月島警察署に呼び出される。しかもこれが5度目だという。
 マツコ・デラックス批判での東京MX集会も批判者を増やし、不買運動を呼びかけた崎陽軒シウマイ弁当はかえって売上を増加した。

 「優しそうでオモロイおっさん」と「裏切り者を地獄の果まで追いかける残酷さ」。メデイアは、二面性を持った立花孝志に振り回され続けた。



tachibanatoushu4.jpg N国党とはまさに「立花孝志ひとり放送局」なのだ。

 全ての人が立花孝志の引き立て役に回る。また、そうでないと、立花孝志は気が済まないのだろう。
 大橋昌信・岡本ゆきのぶのミラレパタイプはともかく、浜田聡のように、個性を生かしたほうが活躍できるタイプでさえ、立花孝志の「下」として存在する。あさなぎコンサルティングの司法書士・加陽麻里布もそうだ。ピンで勝手にやらせたほうが魅力あるのに、立花孝志の前では愛人としてのみ輝く。その部分は確かにオウム真理教に似ている。

c0180341_17215972.jpg 立花ワールドから外れたN国特別枠の政治家アイドル夏目亜季の病気「全身性エリテマトーデスSLE)」が全く流行ってないのは、別に舩後靖彦のALSに迫力敗けしたわけでもない。立花氏にとって、えびぴらふの方が使い勝手が良いのだろう。もっとも、それがゆえに夏目亜季自身も「動きやすい」わけだけれど。

 さて、今年も残すところあと3ヶ月と少し。
 今後、どんな新しい「N国用語」が飛び出すのか。
 いつの日か、「NHKから国民を守る党大辞典」が出版される日を楽しみにしたい。
 ではまた。
スポンサーサイト



日本第一党、「あいちトリカエナハーレ」「表現の自由展」で嫌韓芸術展を開催

 さて、今日はN国から五十嵐浩之候補出馬する天童市議会議員選挙。落選はたった1名。しかし、その1名がN国になる可能性が高いのだが。

日本第一党10月27日に「あいちトリカエナハーレ」開催。内容の賛否はともかく、芸術なんだから表現の自由を守ってあげろよ。


boncyan.jpg 久しぶりの日本第一党ネタ。
 日本第一党が10月27日に「あいちトリカエナハーレ」「表現の自由展」を名古屋で開催するそうです。
 内容はもちろん「表現の不自由展」の逆で、安重根や李奉昌のような「韓国の英雄」をアレする「芸術」を発表。これは「表現の自由」だから、妨害なんかしないよね、というわけである。

 個人的に、どういう「芸術作品」が飛び出すかに興味があります。
 幅広く日本第一党を宣伝してもらうために、「南朝鮮」「軍事独裁国」「かいらい政権」を連呼してた当時の赤旗とか、岩波書店の「韓国からの通信」とかも展示したら面白いと思います。

参院統一会派「立憲・国民.新緑風会・社民」に早くも失笑の声


moa1_2019092207580173c.jpg 立民・民民に社民が加わった参院の統一会派名 「立憲・国民.新緑風会・社民」が早速馬鹿にされている。誰だって「民主党でいいじゃん」って思うよね。真ん中の「.」はdotらしいから、あるいは「ドット」にされるか。
 こんな調子だから、れいわ新選組やN国党が議席を獲得できるのだ。

 最近でも、クイズ王小西ひろゆきがTwitterでの些細な批判にブチ切れて、「一般人を告訴する」といきり立って失笑を買っている。選挙演説で組織的に野次られても文句一つ言わない安倍晋三さんとはえらい違いだ。
 だいたい、この人、亡命するんじゃなかったのか。野党第一党の人気議員がこんなザマじゃ、私人逮捕に二瓶文徳をぶっ壊す議員が活躍できるのもむべなるかな。



 野党がこれなら、野党を応援する「リベラル」な知識人のバカっぷりも凄まじい。
 あいも変わらず「アベが千葉の惨状を放置してラグビーに浮かれている」「旭日旗をスポーツ会場に持ち込んではいけない」、時折炸裂する言いがかり的な「LGBT差別」「セクハラ発言」。どれもこれも、国民の生活と何も関係ない。パーである。

 消費税増税反対だってそうだ。あんなもん、今更中止できないのは誰だって分かっている。
 だったら、選挙前にギャースカ反対するのではなく、公明党みたいに粘り強く交渉して、軽減税制を引き出せばいいじゃないか。Take outとEat inの煩雑さは、店なりそれこそ政治家が考えればいい。
 いや、そういう細かいところに事前に気がつくのが政治家の仕事ではないのか。杉田水脈のあら捜しなんか誰も望んでいない。ホモレズ結婚なんか誰も重要視してない。
moa2_201909220801418c7.jpg ホモなんかよりもむしろ、グローバルやダイバーシティの是非や、少子高齢化社会対策の方が重要である。
 間違いなく、私みたいな老人がてんこ盛りになる。
 どうする気なのか。



 そもそも、今の日本の政治の体たらく、みんな野党が悪いのだ。
 アベが悪いんじゃない。エダノがみんな悪い。お兄ちゃんは悪くない。

 案外、千葉の復旧対策の遅れも、左翼の言うとおり、自民党の大失態なのかもしれない。森田健作の怠慢そのものなのかもしれない。
 しかし、野党や「リベラル」な知識人が言うだけで、自公政権の対応が正しい気がしてくるのだ。
 共産党が「安倍政権の怠慢だ!」と言えば、それだけで安倍総理に瑕疵はなかった気がしてしまう。
 民主党政権が空中分解して終わり、国民は野党やリベラル左翼に対してナーバスになってしまったのだ。あれだけは勘弁してくれと。

 じゃ、今回は短めでおしまい。

立花孝志氏は「炎上商法」なんかしていない。

 昨日は病院に行ってました。
 待ち時間に、中学生ペッティングやスクール水着でお馴染みのメンタリストDaiGoさんが、最近の立花孝志を面白く分析している(動画は下に置いておきます)。

メンタリストDaiGo氏が語る「立花孝志の戦術はテレビ洗脳術の逆用」


スクール水着中学生とペッティング N国の立花孝志と堀江貴文の対談で、立花孝志に追い風になると。それは、マスコミが「白を黒と言い換える」手口を逆用していると。

 まずは「単純接触効果」。3~4回同じ情報に触れれば「流行ってる」って思うようになる。テレビで同じニュースを何回も繰り返せば、真実と思うようになる。立花孝志の「炎上芸」は、嫌われようも何回も繰り返せば、立花氏に好意をもつようになる。そして、有名人による「社会的証明」すなわち有名で権威ある人と対談することによって、「お墨付き」を得る。

 更にスクール水着DaiGo氏は語る。
 立花氏の「炎上商法」は、テレビで言えばCMを見てもらうためにバラエティーショーをやっているのと同じであると。
 テレビは、CM収入がないとやっていけない。実は、テレビ番組はCMを見てもらうために存在する。立花孝志氏の「マツコ・デラックス」「二瓶文徳」騒動等はは、テレビで言えばバラエティーショーであり、本当はCM(NHKをぶっ壊す)を見てもらうことが目的になっている。

立花孝志氏がぶっ壊したいのは「自分を受け入れない社会」


130man_zyomei.jpg 一方、こんな意見もある。

立花孝志に共感する人々が抱く社会への復讐心/御田寺 圭/President Online
https://president.jp/articles/-/30004
 筆者いわく、『氏をつき動かしていたのはNHKに対する義憤ではなく、氏個人の社会全体に対する憤怒である』と。
 確かに立花氏は、幼い頃に両親がダブル不倫で離婚、家にも不在が多く、高校から一人暮らしだった。
 『栄養失調で倒れるほど困窮した。15歳から家を離れて一人暮らしをはじめ、食いつなぐためにバイトに明け暮れた』。社会から『排除され、疎外されてきた人間』にとって、ぶっ壊したかったのはNHKではなく、幸福そうな社会そのものなのだ。

 いわゆる麻原彰晃や宅間守のような「通り魔殺人」的怨念が、立花孝志氏の原動力になっているという仮説である。

桜井誠氏と立花孝志氏の共通点


totijisendesaiki.jpg 2つ目の御田寺説でだったら、むしろ桜井誠氏の方がぴったりするだろう。
 桜井誠に対して、「彼を嫌韓に突き動かしているのは、自分を認めない社会への復讐ではないか」と自分は思っていた。

 九州出身で、DV父親が女を作って蒸発。母親が水商売で兄弟二人を支える生活。一旗揚げようと東京に出る。しかし、母親も若くして死んでしまう… どこか、同じ九州出身の麻原彰晃を思い出す桜井誠氏。社会全体に対する怨念が、どこかで在日朝鮮人に転化したのではないか。



 桜井誠氏こそ、炎上商法の最たるものである。
 「ゴキブリ蛆虫、在日朝鮮人を○き○せー!」「ゴミはゴミ箱に、朝鮮人は朝鮮半島に」あたりはまだしも、

 「良い朝鮮人も悪い朝鮮人もない。在日朝鮮人を○○しにしろー」
 「世界の敵、朝鮮人を皆○しにしろー! 大人から子供まで、皆○しにしろー」

 代名詞となった「過激なヘイトスピーチ」を多用し、マスメディアから総スカンを食う。
 しかし一方、マスコミ報道で彼を知り、Youtubeで彼の話を聞いてみて「何だ、マスコミは一方的に批判するけれど、桜井誠氏の言ってることは正しいじゃないか」と思う人を次々と獲得する。

立花孝志氏は「炎上商法」をしていない


totijisenbuhi.jpg そう考えると。スクール水着DaiGo氏の炎上戦略も、むしろ桜井氏の方が当てはまってるかもしれない。

 なぜなら、立花孝志氏が炎上商法を本格化したのは、参院選当選以降であり、それ以前は炎上芸よりも、「わかり易さ」「面白さ」「親しみやすさ」を武器に、注目されなかったり前科があったりの「ポンコツ」を積極的に登用し、市議会議員候補に抜擢する戦術で若い世代の人気を獲得した。

 その点、桜井氏は最初から炎上芸で名を売り、炎上芸で窮地に立った。しかし都知事選に立候補し、百田尚樹や千葉麗子のような「社会的権威」のオーソライズを得て、何とか復活の兆しを作った。
 しかし、「俺が俺が」が強すぎたのか、元の木阿弥になってしまった。今回の都知事選立候補で再度のカムバックができるとは思えないのだが。

心を許せる友達は「似た境遇の人」


 自分は立花孝志も桜井誠も「好き」だ。志位和夫よりは好きだ。
 もちろん、この二人は欠陥だらけの人間である。人間性を考えれば、志位和夫よりも遥かに問題ある。しかし、嫌いになれない。

 今日ご紹介した2つの意見(ロリコンDaiGo・御田寺氏)、どちらも、少し当たってて少し外れている気がする。しかし、どちらが本質をついているかとなると、御田寺氏だろう。
 立花孝志氏が統一地方選躍進前から、好んで「ポンコツ」を登用するのはご存知のとおりである。堀江貴文と対談して、そしてほりえもんが同意したのも、彼が前科持ちのポンコツだからではないのか。お互いに似た者同士だから、話がスィングして盛り上がり、人気動画No.1になった。

nisimuraxx.jpg 一方、桜井誠氏も、結局は百田尚樹も千葉麗子も味方してくれなくなり、明らかに瀬戸弘幸や西村斉を信用している。おそらく、岡村幹雄よりも堀切笹美を信頼しているだろう。彼もポンコツが好きなのだ。
 
 立花孝志の炎上商法と多くの人は言うが、絶対にあれは「商法」ではない。
 えらてん氏が昔の立花孝志の2ちゃんねる書き込みを紹介していた。でNHK時代に殺したい上司が沢山いた。その上司の子供を人質にとって放送局ジャックをする。何回か想像したと。もし自分が癌で余命幾ばくになったら実行すると。

大量に存在する「政治から見捨てられた人たち」


 面白おかしい気さくなおじさん・立花孝志も、扇動的アジテーター・桜井誠も、多くの若者を惹きつけている。
 おそらく、支持者のある部分は、社会に不平不満を抱き、自分を阻害する社会に対して怨念を持っているのだろう。

furinrozyou.jpg 昭和で言えば、そういう層は日本共産党が吸収していた。しかし、共産党にしろ立憲民主党にしろ、若い世代の不満を吸収する力などまるでない。まるでないどころか、全くの逆。ジェンダーフリー・LGBTのようなインテリ層や、税金バラマキで老人層を喜ばせるだけ。10歳代~30歳代の利益と相反している。

 不平不満を左翼・野党が吸収できない一方、「政治」の恩恵を待ち望んでいる人たちが沢山いる。
 立花孝志氏はしばしば、「選挙に行かない層」「政治に関心がない若い層」をターゲットにすると発言しているのはご存知だろう。実は、桜井誠も同じことをしばしば言っていた。今まで選挙に行かない若い世代に訴えていくと。

 ご存知のように、2人とも日本共産党支持者・左翼シンパ(いわゆるリベラル層)に恐ろしく嫌われている。
 それはそうだろう。本来、自分たちが取り込みたいところをゴッソリ持っていかれたのだから。
 しかし、もはや左翼は金持ちインテリと老人だけの党。無党派層というブルーオーシャンに住む魚たちは、赤いプランクトンには絶対に近づかない。



osakanasan.jpg 政治家は、ブルーオーシャンに沢山魚がいることを知っている。しかも、その魚は餌が欲しくて仕方がない。
 だが、海に投げ込まれるのはコンビニ袋ばかり。

 世の中には、立花孝志や桜井誠のように、辛い思いをして生きている人間が沢山いる。
 昔は創価学会が吸収したような人たちが、今だって沢山いる。しかし「リベラル」と呼ばれる選択肢は既に消滅してしまった。
 希望は「右」にしかない。加陽麻里布が「都知事選で桜井誠に投票した。その前の参院選では鈴木信行に投票した」と言っていたのを思い出す。
 
 そんな「今」を当然のこととして受け止めない限り、いくらN国を批判しても、第2のN国が出てくるだけである。
 ではまた。



堀江さん対談に【隠されたN国の戦略】徹底解説

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

人気記事はこれ(2019/9/16Reset)

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR