トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

立川市議会議員選挙、覆面くぼた学候補(NHKから国民を守る党)、自民現職・生活者ネット・維新・社民をなぎ倒し余裕の当選

 幸福実現党なかたにはるみ(70歳)は292票であえなく落選。
 そんなわけで、AKB「世界」総選挙よりも注目の、ローカルな東京都立川市議会議員選挙、結果が出ました。
選挙 立川市議選 新議員28人決まる/東京
http://mainichi.jp/articles/20180618/ddl/k13/010/185000c
 下に結果を『引用』しておきます。

 反NHK党(NHKから国民を守る党)のくぼた学候補(40歳)は1231票を獲得し、堂々の26位(当選28人)。自民党現職の松本章寛氏、立川生活者ネットの2人、無所属(社民党推薦)五十嵐啓之氏の有力候補を打ち破り、見事に当選しました。なお、反NHK党の議員はこれで7人目。
立川市議会議員くぼた学氏当選(ネットコメディアン横山緑) 立川市議会議員くぼた学氏当選(ネットコメディアン横山緑)
 ネットコメディアン(Youtuberならぬニコニコ動画er?)から当選は過去にあっただろうか。ネットでも、「ニコ生主の横山緑が立川市議会議員のくぼた学先生になった」とそれなりに好評である。
 今回の当選を自分なりに解釈するに、「自民党に投票するか、野党に投票しないかの二者択一」の政治状況を反映した気がする。自民党も問題があるが、立民・民民・共産はそれ以下の糞尿論外。そういう有権者は、こういう候補で遊んでみたくなる。そして、それに近い雰囲気が日本に徐々に蔓延してはいないか。
森友問題は未決着78% 非核化困難77%、共同通信調査/中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018061701001620.html
 森友問題は決着していないと考える人が78.5%、IR整備法案を成立させる必要はないが69%。なのに内閣支持率は徐々に回復し45%に。自民党は問題を多く抱えてるけど、とにかく野党特に立民民民共産だけは断固反対の世論が見て取れる気がする。
 もっとも、今回の立川市議選は、立民がTOP当選、共産も堅調だったところを見ると、浮動票が頼りの立川生活者ネットが飛ばされた感じだろうか。

 しかし、NHKをぶっ壊す、喜んでばかりはいられない。早々と疑義が出ている。
 以下、ネットで拾ったネタなので、デマだったら許してください。
 まずはAV疑惑。男優くらいならば、グレート・サスケもAVに出演していたし、しかもサスケ本人が「出てない」と言ってるので、「初の快挙」にしちゃっても良いくらいだ。もっとも、三原じゅん子参議院議員がヘアーヌード出してるので、そんなにブランド性はない気がする。しかし、くぼた氏がやってたのは、露天風呂盗撮やレースクイーンの盗撮AVだったらしい。
 もっとも、下の当選報告動画で、立花孝志氏は『僕は落ちこぼれとか、いろいろ問題を起こした人であっても、本当に人生はやり直しできるし...』『これをご覧の皆さま、あなたもチャレンジできますし...』と語っている。これを聞いて、自分は「しきしま会」の”シリンジ”沓沢亮治(ボウズP)を思い出してしまった。立花氏は、くぼた氏盗撮AVも沓沢氏シリンジも知っていて、それどころか、意図的にこういう候補を探して出馬させているのではないかと思った。
 AVくらいならな、「そんな事は知ってるけど投票した」「あいつならやりそうだけど気にしない」という反応があるかもしれないが、もう一つ大きな疑惑が浮上している。「くぼた氏は江戸川区に住んでいて、生活居住実態がない」という問題。これが本当ならば、新聞も食いついてくるかもしれない。
 そして、議員になるということは、こういう事を含めて、ある事ない事を書かれるということである。ニコ動の感覚では政治はやっていけないのである。

 くぼた氏、苦難の旅立ちになるのか。
 ではまた。 

NHKから国民を守る党・くぼた学氏当選報告


開票結果は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

シラケ選挙 AKB総選挙1位やっぱり熟女松井珠理奈、2位ブスババア須田亜香里 シルバー民主主義に有権者失望の声

 やっぱりAKB選挙は、ナゴヤドーム開場とともにNHKニュースでとっとと当確出した方が良かったですね。
 選挙に関心が高い有権者層は、とっくの昔に1位が誰だか知ってたし、かと言って須藤凛々花結婚やまゆゆ卒業のような仕込みもなく、予想通りのシラケ選挙でした。
 それにしても、老け専アイドル松井珠理奈おばさんどころか、二位もブスな須田亜香里(松本明香里じゃないよ)。いよいよ、AKB総選挙もシルバー民主主義時代に突入。
 それにしても、これが「芸能界の女王」の顔面かね。

松井珠理奈 須藤亜香里

 ちなみに、第三回のA議院議員総選挙。顔面と若さの違いを確認して欲しい。

前田敦子と大島優子

須田亜香里が2位も危機感訴え「世間が興味がない」
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806160001082.html
『一方で「なぜこのルックスで上がってきたんだという声を糧にメディアに出演してきた。気付いたことがあります。「それは世間の皆さんが、思っているほど48グループに興味がないということ。』
 だいたい、みんなAKBの悪口言わなくなったもんな。今回のシラケ選挙・無風選挙とて、むしろ「政治意識が高い」有権者が批判していた気がする。AKB選挙は政治選挙のパロディーなんだから、意識高い系の左翼どもに嫌われてこそ本望。しかし現実は、今日日曜日の立川市議会議員選挙の方が、反NHK党くぼた学の当落で関心が高いんじゃないだろうか。週刊誌も、坂道メンバーの男を追っかけることが多いし。メンバーも殆ど知らない女ばかりになったし、話題の人物も誰だか分からない。「第32位 29,020票 峯岸みなみ(AKB48 Team K)」に懐かしさを覚える。もはや、地元の英雄をトップ当選させて集客するしかないのか。
 メンバーの顔面がシルバー民主主義化する一方、AKBの現状は自民党状態だろう。全盛期の前田・指原のような神通力が通用しないのは、安倍様にそっくり。だれど、相変わらずAKBファミリーがいないとテレビはやっていけない。政権交代なんか無理なのだ。次期総裁も、指原続投か松井総理か、さもなければ坂道系に任せるしかない。
AKB48総選挙 1位は松井珠理奈になるも「鼻毛出てる」「鼻くそみえた」と叩かれる
http://gogotsu.com/archives/40791
 おいおい、島崎遥香なんか、鼻くそをほじくって絶賛されたぞ。誰も「珠理奈ちゃんの鼻くそが欲しい」とか言ってあげないのかよ。「秋元康の若き愛人」「小学生から愛人やってた」「ゴリ押し珠理奈」「(写真集出したら)熟女ヌード」… 彼女の人生ピークは、前田敦子を押しのけて小学生でセンターになった「大声ダイヤモンド」だったのだろう。

 ではまた。

RADWIMPSの『HINOMARU』が許せない奴は、桜乱舞流でも聞いてみたら?

 本日開票のA議院議員・AKB総選挙も殆ど話題にならなくなった。せめて嫌韓・田野優花が出てればネタになったのだが、二股デートで失脚してやめちゃったし。
 面倒くさいから、今日のAKB選挙、さっさと「当確」出しちゃえばいいのに。ナゴヤドーム会場とともにNHKがニュースで「出口調査によると、松井珠理奈候補は名古屋を中心に大きく票を伸ばし、坂道層からも支持を得て、坂道層の4割が松井候補に投票したと回答」「荻野由佳候補、宮脇咲良候補も健闘しましたが、一歩及びませんでした」って。
 そういえば昔、宮脇咲良が「AKB48をぶっ壊す」って、立花孝志みたいな事をいってたよな。よく考えれば、宮脇咲良の方が先に言ってたんだよね。立花孝志ってパクリじゃん。



 相変わらずRADWIMPSの『HINOMARU』の歌詞が許しがたい(これがその歌詞)と、コソコソ日本共産党を支持する左翼の皆様が、糾弾集会を開催するらしい。世界広しといえども、国旗を愛し国家を愛する歌が糾弾され放送禁止運動が起きて、作詞者が謝罪に追い込まれる愚かな国は日本だけではないのか。確か、花見の下見だけで逮捕される法律が日本にできた筈である。安倍総理、こいつら全員しょっぴけば良いのだ。北朝鮮や中国だったら、集会に参加した連中は一人残らず皆殺しである。
 何せ「軍隊が必要か否か」が議論される国である。軍隊を否定した憲法を持つ国である。やっぱり一味違う。しかし、いったい日本のどこが「右傾化」してるのだろうか。極右な筈の安倍晋三政権なのに、ちっとも日本が右傾化しないどころか、左傾まっしぐらである。



 愛国心を歌うと軍国主義だ戦争だなんて言ってる馬鹿者は、嫌韓ロックバンド「桜乱舞流-Scramble-」でも聞いて少し常識の幅を広げて欲しい。このブログの常連さんならば「桜乱舞流」をご存知だろうが、知らない人も多い(というのか、日本人の大半が知らない)ので、ご紹介する。
 「桜乱舞流」、代表曲は日本第一党テーマソング「Japan First~戦う背中~」。まあ、日本第一党のテーマを手がけるだけでも、だいたいのことは予想できるだろうけれど、実際に聞いてみれば、もっと素晴らしい、おっとっと許せないのだ。個人的にはこの曲が大好き、じゃなかった許せない。聞いてみればお分かりの通り、「スリーアウト」を喰らわなかったのが不思議なくらいである。

ディスカウントコリア/桜乱舞流


 イントロでいきなり韓国国旗「アウト」のパフォーマンス。歌が始まれば「しなびたババアどもが 今日もどこかの街で 臭え口からはいた 嘘の話で金儲け」... あまりに素晴ら…いや許しがたい内容で、とても全部なんかご紹介できない。いやー、何せ私も現在3度めのFacebook投稿禁止(懲役3日)食らってる身、このブログだってどんな言いがかりが飛んで来るか分かったものではない。
 普通の国ならば何ら問題にならない歌が「軍国主義」「抹殺運動」の対象になる今の極左日本。桜乱舞流の名曲の数々が地上波で流れることは永遠にないだろう。



 この前5ちゃんねるの「思想板」を見てたら、桜井誠党首のヘイトスピーチ集のリンクが沢山貼ってあったが、例の「初夏のネトウヨ狩り」Youtube削除騒動で全部消えてて、役に立たなくなっていた。あー、主要なヘイトスピーチはダウンロードしておいて良かった。
 しかし、かえって桜井誠党首は喜んでたりして。だって「俺はヘイトスピーチしてない」って言ってるんだろ、彼。証拠隠滅してくれたわけだよ。実際に、こういう問題が起きるんだよね。仮に「編集」して出したとしても、そういう継ぎ接ぎだらけのデータって、例のテレ朝「セクハラ告発」みたいに信頼性が激減。消すのも良し悪しなんだよ。やっぱり「言論は言論で」が一番。
高橋阿矢花 そういえば、桜井党首はまたアメリカ旅行に行ったそうで、その間の党首代行が愛国ウグイス嬢、北海道の高橋阿矢花さん(副党首)。私、この人の大ファンです。だって、普通のOLみたいじゃないですか。で、ニコニコ笑って喋ってることは、韓国人がどうのこうので、桜井誠氏と大差ない。党首不在中に韓国朝鮮関連が被害に遭う犯罪が起きたら、「これは義挙です!」って言ってくれそうで楽しみです。



「ブスに人権はない」発言などで解雇の夏目雄大謝罪
https://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp01806126250.html
 こんなので解雇されるんだ。おいおい、ビートたけしなんか普通に言ってたことだぞ。「ブスを10人殺してハワイに行こう」ってのもあった。ブスのコンテストをテレビでやってたくらいだもんな。まあ「それが良かったのか」って気もするけど、今の言葉狩りは明らかに行き過ぎであり、かつ左翼が恣意的に自らの政治的欲望を充たすためにやっているとしか言いようがない。
 ホモもレズもオカマもうかつに言えない。ブスはアウト。しかしキモヲタや童貞はフリーパス。証拠てんこ盛りのサリン事件なのにオウム真理教麻原彰晃の裁判をやり直せと言うのに、朝木明代東村山市議会議員の転落死は証拠が皆無だけど「創価学会がやった」。イスラム教に偏見を持つなと言いながら、清水富美加がTwitter一つ投稿しただけでスポーツ新聞が大騒ぎ。誰一人殺してない日本第一党の動画はBANされても、オウム真理教よりも沢山の人を殺した中核派の動画は健在。百田尚樹が講演会すると左翼が集団で抗議して潰すのに、上祐史浩や松本麗華はテレビすら大歓迎。
 これがダイバーシティだそうです。少数派や弱者の皆さん、「多様性な社会が実現した」って思いますか? かえって不自由で不幸になったとしか思えませんですよね。

 何でこんなになったんだろう。これらのことは、「極右」だという安倍晋三政権で現在進行形で起きているのだ。
 ではまた。

最近、假谷実さんの名前を聞かない気がします。

 眠い。疲れた。
 最近、この言葉から逃れられない。

 どうも。「オウム真理教殺人犯死刑執行ブーム」あるいはそれから派生した「真相究明の会叩きブーム」で、マスコミミニコミネット問わず、オウム真理教ネタが急激に増えました。しかし、自分には「尊師以外死刑廃止」の脱カルト系列も、「裁判やり直せ」の真相究明系列も、独断的で欺瞞的で、とてもじゃないがどっちも賛同できません。
 おそらく森達也がAで跋扈した頃からでしょうか。選択肢がなくなってしまいました。何というのか、イメージ的には、共産党が被害者を盾に絶対的正義とばかりワーワー騒いで、それに違和感を感じても、代案が社民党や過激派しかない。そんな感じです。まだ地下鉄サリン事件以降の方が自由がありました。何せ「小林よしのりvs宅八郎論争」ですので。どっちもお笑い系の人ですから、観客に正義を押し付ける前に、見世物として面白いものを提供しようと心がける。サティアンショップに通う上祐ギャルも、所詮はギャルですから、左翼のアカ共と違ってマトモですし人間性がある。もちろん、当時のマスコミは「神様仏様江川様」「”民主”的な弁護士に逆らうものは人にあらず」で、サリンゲームが発覚した時には、TOKIO山口達也レベルの報道でした(かなり嘘)。しかし、オウムシンパ?の正常さレベルは、今よりも遥かに高かったです。
20140221-00032882-roupeiro-000-6-view.jpg そういえば最近、假谷実さんの名前を聞きません。死刑執行近しなので、都合が悪いのでしょうか。しかし、高橋シズヱなんかよりも、遥かに「被害者」の声を代弁している筈です。別に調べたわけではないですが、オウム報道20年強、被害者の声というと、8割が高橋シズヱ、1割8分が河野義行、残りの2分が假谷実さんのイメージです。マスコミには、オウム事件の関係者は、エガショー界隈とモリタツ界隈からしか人選ができないルールがあるのでしょうか。
 オウム真理教犠牲者の御遺族に限りません。多くの国民は、どっちにも賛成してません。もちろん、私のような不謹慎人間にも賛成してません。おそらく多数派は、「全員死刑。何で早く執行しないのか。税金の無駄遣いである」「何で破防法の解散命令を下さなかったのか」どころか、まあマジで言ってはいないでしょうが「オウム信者なんか皆殺しでいいよ」「脱会信者も現役信者もオウムはオウム。できれば早く死んで欲しい」「良いオウム信者も悪いオウム信者も、大人から子供まで皆◯しにしろ」くらいに思ってます。
 どうしてオウム真理教が犯した殺人事件の死刑囚だけに同情心を出して死刑回避したり、どうしてオウム真理教や破壊的カルトの脱会者だけに社会復帰を施してやるのか、さっぱり理由が分かりません。もっと同情の余地がある「犯罪者」も、再発防止に役立つ「前科者」は沢山います。こんなエリート、二の次三の次です。まさかとは思いますが、「彼らは一般学生よりも真面目で、軽薄な今の大学生と違って、社会や人生について真剣に考えている」なんて口走りはしないでしょうね。
 そう思ってるなら、一刻も早くセルフポアしていただくしかありません。

 ではまた。

DL数No.1驀進! AV女優・須藤早貴ちゃんのスリーサイズは?

NEWS手越祐也、柏木由紀に飽き足らず、未成年を酔わせてみだらな行為を狙う


NEWS手越と未成年女性の「飲酒パーティー」動画/週刊文春
http://bunshun.jp/articles/-/7759
 また有名人・イケメンと知るや嬉々と股を開く大馬鹿女が週刊誌を賑わしている。
 今度の馬鹿女は17歳。しかも相手は「ジャニーズの野崎幸助」手越祐也。堅気の女が近づくような人物ではない。いったい何を考えてこの女は生きているのだろうか。
 他にも、NEWSの小山慶一郎さんと同僚の加藤シゲアキさんという方が、有名人ならホイホイを股開く19歳の馬鹿女と酒を飲んで「未成年と飲酒」で謹慎処分を食らったらしい。少し前にTOKIOの山口達也事件が世間を騒がせたというのに、こういう愚かな女の家にはテレビもインターネットもないのだろうか。

野崎幸助の飼い犬イブちゃんから覚せい剤。今もっとも人気がある須藤早紀ちゃんは?


紀州のドン・ファン怪死 愛犬イブから覚せい剤反応か いよいよ殺人事件へ/AERA.dot
https://dot.asahi.com/wa/2018061300090.html
ノーパン喫茶のイヴちゃん ♪ドンファンなのー それとも大うそつきなの?
 野崎幸助さんが殺された例の事件。愛犬もご主人様と一緒に殺されたが、その犬からも覚せい剤反応が出てきた。で、話題のワンワンの名前がイブちゃん。それを聞いて、「ノーパン喫茶のイヴちゃん」を思い出したのは俺だけじゃないよな。そういえば、昔笑福亭鶴光の「この歌はこんな風に聞こえる」で、松本伊代の恋のKNOW-HOWの「ドンファンなのー」が「ノーパンなの」に聞こえるってのがあった。松本伊代とノーパン喫茶とは、思わぬところに寒冷性があるのだ(嘘)。
 イヴちゃんといえば、日本一将棋が強い株式評論家・桐谷広人さんが大ファンだったとか。ではなく、野崎幸助さんの愛犬の名前がイヴ。犬が真実を知っている。疑惑の銃弾の時の「猫のグレちゃん」を思い出します。そういえば、T字型の鈍器で一美さんを殴打したのは、ポルノ女優の矢沢美智子という人だったなあ。
 さて、週刊新潮が野崎幸助さんの奥様の須藤早貴(野崎早貴)さんをあたかも殺人鬼かのように実名で報道したらしい。読んでないので詳細は知らないが、これで「週刊金曜日」や「創」が大喜びすること間違いなしである。これで「オウム事件真相究明の会」が勢いづいたら、週刊新潮はどう責任を取る気なのだ。万が一須藤早貴さんが不起訴になったら、「真相究明」界隈が大騒ぎ、須藤早貴は詩織を超えるスーパースターである。
朝までハシゴ酒/須藤早貴 一方、アカとは縁遠い健全な生活を送る一般市民は、昨日も今日も「須藤早貴」「AV」でGoogle検索の日々。『朝までハシゴ酒』、見つかりましたか? 「須藤早貴」の名前でやってなかったみたいですね。「朝までハシゴ酒」はシリーズ物で、何回も作られてるんです。その中で。恵比寿駅近辺でハシゴ酒の設定の「21歳化粧品会社勤務のユリカさん」が、須藤早貴さんだそうです。違ってたら許してね。
 いずれにせよ、どうでも良さ100%の事件。だって、みんなも松本伊代とかノーパン喫茶とか疑惑の銃弾とか、思い出したでしょ? AV嫁が殺してようが殺してまいが、金欲しさでジジイに嬉々として股開くようなバカ女がどうなろうが知ったこっちゃないし、その売春婦まがいを金の力で性奴隷にした野崎幸助も生存価値ゼロ。
 我々視聴者はゆったりした気分で、金と色に狂った人間のクズどもの醜態を心の底からエンジョイすれば良いのである。
 どうせこんなゴミ女を擁護するのは左翼だけ。

 ではまた。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR