FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アーチャリー正大師(松本麗華)が大川宏洋になれない理由

松本麗華 上祐史浩やアーチャリーが、オウム界隈からやめて、一般の会社で働くことが出来るのか。
 無理だと思う。
 おそらく、土方か風俗しかないだろうし、それが分かったら一斉にテレビや週刊誌が取材に来るし。
 Youtuberだって「今日はアーチャリーが勤めているソープランドに行って、一発抜いてもらいます」という企画をやるに決まっている。
 だったら、「正大師」ブランドが使えるオウム真理教界隈で、「大物性」を活用して、内部情報に詳しいオウム真理教コメンテーターとして生きていくほうがプライドも保てるし、楽だ。



 顔が世間に売れている「カルト宗教の幹部」「基地外宗教の大物」の脱会は、難しい。誰か大物の「支援」、要するにコネでどこまに潜り込むしかないのではないか。何せ末端の信者ですら、再起が難しいのだから。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) そう思うと、大川宏洋は実にうまく行っている。
 Youtubeを始めた頃、「暴露芸人にはならない」と言っていたが、さすがに暴露ネタなしではやっていけなかった。
 しかし、ちゃんと暴露「芸人」としては見事に成功している。

 カルト宗教流行語大賞があれば満場一致で「こんにゃく」が大賞になる活躍ぶりだった。
 「暴露」芸人ではなく、暴露「芸人」として時間を稼ぎつつ、ネット外でタレント・俳優として実績を積んでいけば、「現世」で成功を収めるかもしれない。



 無論、幸福の科学はサリンを撒いてないし、弁護士一家を皆殺しにしてもない。ゆえに、大川宏洋とアーチャリーとを単純比較できない。
 しかし、大川宏洋の「成功例」から学ぶことは大きいと思う。
 何故、大川宏洋は完全脱会後も成功したのか。考える価値があることだと思う。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) まず、彼が俳優だったことが大きいと思う。
 ゆえに、Youtubeで喋らせても、うまいのである。
 脱カルト教会も森達也も絡めなくても、自分のペースで自分の力で物語を展開できる。だから、「こんにゃく」のような大ヒット商品を生み出すことができ、自分の商品価値を高めることができた。

 更に、カルト業界ではなく、Youtuber業界と繋がっていったことが、彼の「脱色」を成功させた。
 特に、カルト業界・Youtuber両方に精通している「えらてん」こと矢内東紀との出会いが大きかったと思う。それ以降、キナクサーズなるキャラを作り、キナクサーズ以外にも人脈が広がり、「あの界隈」の匂いが綺麗サッパリ消えてしまった。

 オウム真理教界隈だと、どうしても江川紹子や滝本太郎etc脱カルト教会匂いがしたり、森達也や鈴木邦男etc人権屋の匂いがしたりで、いくら脱会しても、「業界の匂い」が消えず、「業界」の大物の子分として生きていくイメージが抜けない。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) しかし、大川宏洋はどっちともつながらないまま、Youtuber人脈を作っていった。ゆえに、カルト宗教脱会者独特の「臭み」がない。自由に勉強して新たな知識を得て、「アナザーワールド」を作りつつある。

 更に、大川隆法は、えらてんだけでなく、立花孝志にも感謝しなければならない(笑)。
 彼を論じることにより、暴露芸人でない大川宏洋に磨きがかかった。



 こう考えていくと、彼の「成功」は Youtuberだったこともさることながら、俳優だったことが大きい気がする。
 「どうやったら自分が面白く見えるか」を計算して、演じていく。

大川宏洋氏と矢内東紀氏(えらてん) 流行語大賞の「こんにゃく」だって、あれがもしジャーナリストとのインタビューの中で出たものだったら、「価値」は1/100になってただろう。彼は下手なジャーナリストや物書きよりも、「見せ方」を知っている。
 Yutuberとして、えらてんと出会えたのも大きかった。霊言暴露の時もそうだが、「えらてん」が良いパートナーになっている。



 そもそも、アーチャリーや上祐史浩が、「業界」から完全に別れる意思があるとは思えない。
 しかし、顔が売れているようなカルト宗教の大物幹部が脱会するのには、Youtubeは実に有効である。

 考えてみれば、世間を騒がせた芸能人とか、Youtubeに活路を見出すことが多い。もちろん成功することは少ないが、自己を表現するうちに、第二の自分を発見して、「本業」と「Youtube」が良い感じでリンクして、成功することも多いようだ(って、本当かな?)。

 何故上祐が「オウム真理教を脱会した」と言っても誰も信じないのか。そりゃそうだ。「ひかりの輪」をやって、マイトレーヤ正大師様のブランドで生きているからだ。
 無論、生きていく際に「元幹部」を利用するのは全く構わない。ただ、彼のやっていることは、単なる「分派活動」にすぎない。

 何せカルト宗教の大幹部なんて「前科者」みたいなもの。世間はどうせ相手にしないのだし、一方、中にいればそれなりの「幹部様」として信者からチヤホヤされる。
 自分はインチキ宗教内で詐欺師をやってると分かっていても、なかなか辞められないのは実は当然のことなのだ。自分がもし同じ立場だったら、例えば自分が七海ひろこだったら、「お手当+高級マンション」を捨てて、場末のソープ勤め覚悟で脱会したいと考えるだろうか。

 基地外宗教、脱会すれば末端信者も大変だが、エリート幹部も大変なのだ。
 大川宏洋が今現在、そこそこに成功していることは、いろいろ参考になると思う。

 ではまた。
スポンサーサイト



「森の中の水族館」 山梨県立富士湧水の里水族館は、大きな大きな、大きな森の小さな水族館

「森の中の水族館」山梨県立富士湧水の里水族館 昨日は仕事が12時まで。その後に某忘年会が夜7時。
 家に帰るのも馬鹿らしいので、全国1,000万人の水族館ファンの皆様のために、「森の中の水族館」山梨県立富士湧水の里水族館に行ってきた。
 何せ山梨県の富士山近く。遠いことは分かってたけど、時間つなぎには好都合。机上の計算でも「余裕で間に合う」だったので、行くことにした。
 しかし、見事に忘年会に遅刻した。ごめんなさい。



 この写真を見て、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。
 1.オウム真理教
 2.ザイン
 3.顕正会
 4.マジンガーZ

富士山駅から見える富士山


カジカ 
 森の中の水族館は、文字通り森の中にある小さな水族館。
 基本的に「車を運転できる人」が行く場所。

 私みたいな「クルマに不自由な人」は、富士山駅からタクシーで行くか、事前に調査の上、「何とか急行バス」で近くに行って、歩くしかない。タクシーは2,500円前後かかる。

富士山駅の鳥居 JR大月駅に行って、そこから「富士急行線」を名乗る超鈍行、看板に偽りある「手動ドア」の田舎電車に乗って、富士山駅に向かう。
 まあ、途中で富士山が見えるのでオツな電車ですが。
 もっとも、「富士回遊」という本物の特急ができて、これに乗れば新宿から2時間かからないで行ける。ただし全席指定かつ人気かつ本数が少ないで、事前に確保しほうが良いようだ。ええ、私はこれを当てにして、帰り道に失敗しました(苦笑)。



淡水に住む美味しそうな魚たち
 公園と同じく「山梨県立」の真面目な水族館だった。便所も「誰でも」化している。
 「透明度の高い富士の湧水をつかった淡水魚専門水族館」、地味地味で、もちろんイルカもアシカもいない。

小学生絵画コンクール 魚も「食いたくなるような」寿司屋みたいな魚が多い。
 1Fの巨大水槽がメイン。「美味しそうな」魚が沢山泳いでいる。
 魚の他にも、地元小学生の絵画コンテストが貼られている。

 畳敷きで、座って魚を見るユニークなコーナーもある。
 カラフル系の魚も少しいるが、基本的に地味で美味しそうなお魚さん。カエルコーナーもある。カメも元気に泳いでいた。
 なお、写真左上のメダカみたいな小さな魚は、「絶滅危惧種1B類」である「ホトケドジョウ」というお方である。失礼のないように。
 その隣(あるいは下)にいるのは、ニッコウイワナさんだと思う。

絶滅危惧種1B類 ホトケドジョウ ニッコウイワナ

アフリカウシガエルさん セブンスポットアーチャーフィッシュ



森の中の水族館2F 2Fにはあんまりお魚さんがいない。
 PCが置かれて、「パソコンお絵かき」体験。他にも学習施設がある。
 なお、この水族館の隣には「森の学習館」。全体として、見世物ではなく、子どもたちの教育に主眼を置いている。

 全部見るのに、1時間は要らない「小さな水族館」。
 車を持ってない人は、よほどの変人か「マニア」でないと、お薦めはできない。
 でも、これはこれで良いのではないか。たった420円で、「誰でもトイレ」や「お絵かきコンテスト」を見ながら、すくすくと育っていく子どもたち。
 私以外は、どうやら車でやってきた家族連れが大半のようである。
 私のような大人にならないことを祈りつつ、富士を去ることにする。




 動画を2つ。

 富士の介。山梨県の新たなブランド魚。
 キングサーモンとニジマスをかけ合わせたそうです。イノブタみたいなももでしょうか。


 ニホンイシガメ。
 ただのカメかもしれません。

 

立花孝志が上祐史浩と対談する日

 やっぱり立花孝志は凄い
 間違いなく、日本政治史に永遠に語り継がれる。

 昨日までパチプロの胡散臭いサラリーマンの落伍者が、またたく間に日本のトップ・国会議員に。
 それだけでも前代未聞なのに、瞬く間に失速し、いよいよ逮捕か破産宣告か。

 わずか1年間でここまでジェットコースター人生を歩める人なんて、前代未聞である。こうなってしまった以上、今年中に逮捕されたほうが面白いくらいである。



 2020年には、立花孝志が上祐史浩と対談する日がやってくるのではないか。
 ふと思ってしまった。
 そして、このイベントの実現こそ、立花孝志の絶叫マシーン人生の最底地点として、相応しいと思うのだ。

 さすがに立花孝志にもプライドがあるから、イベントバー・エデンではやれないだろうけれど、立花孝志さえOKすれば、上祐は誰でもOKだろうから、簡単に実現するはずである。
 立花孝志は非常識の独裁者だけど、上祐史浩は常識人だから、上祐の方でうまく話を調整してくれるので、案外とスィングすると思う。



 それに、である。
 立花孝志はブ男で上祐史浩はイケメン。立花孝志は高卒のパーで上祐史浩は早大卒のエリート。
 似てないようだが、どうして二人は似ている。
 女にモテるし、拉致が得意だし、アウトサイダーのくせに遵法を説きたがるし、何よりも、ああ言えば上祐こう言えば立花孝志、口八丁。
 なかなか気の合うコンビなのだ。

 何よりも、2人とも、ホワイトボードが大好き。 

立花孝志と上祐史浩はホワイトボードがないと死んでしまう
立花孝志と上祐史浩はホワイトボードがないと死んでしまう

 しかも、立花孝志は熊さん、上祐史浩は吉田英子さんを殺したかもしれない殺人疑惑コンビ

殺人疑惑の立花孝志
殺人疑惑の上祐史浩
 


 そもそも、新庄剛志だの堀江貴文だの青汁王子だの、メジャーな香りは立花孝志に似合わない。
 ボウズPや中曽ちづ子を市議会議員として抜擢した「立花孝志再生工場」こそが、彼の真骨頂。
 立花孝志が「NHKをぶっ壊す」の初心に戻るには、絶好のパートナーではないか。

 NHKから国民を守る党、次期衆議院議員選挙の東京ブロックに、上祐史浩。

 上祐史浩、30年ぶりに国政にチャレンジ!

上祐史浩、30年ぶりに国政にチャレンジ!


 何せ、上祐史浩は、「NHKをぶっ壊す」なんてチャチな男じゃない。
 「NHKをぶっ壊す」どころか、東京上空からサリンを撒いて、「日本まるごとぶっポアす!」オウム真理教の大幹部

 立花孝志みたいに「(二瓶文徳の)奥さん、俺、この子のお母さん、彼女も知ってますよ。徹底的にこいつの人生、僕は潰しにいきますからね」 なんて口先で言うだけの情けない男ではない。対立する弁護士どころか、奥さんも子供も徹底的に潰して、三人バラバラ死体を埋めてしまうオウム真理教の大幹部である。
 私人逮捕だって、あんなスマホをかざすチャチなものではない。集団で拉致してクルマの中に押し込んでしまう。



 N国の支持者だって、こういう展開を望んでいるのではないのか。
 ほりえもんも新庄も要らない(そもそも、絶対に断る気がするけれど)。

 東京ブロック上祐史浩、南関東ブロック立花孝志、近畿ブロック村西とおる。
 こっちの方が、夏の参院選に投票してくれた100万人の支持者も喜ぶと思う。
 どうだろうか。

 仮に来年早々に衆議院議員解散になっても、今のN国党では議席を獲得する可能性は皆無だと思う。
 それどころか、衆院解散前に逮捕だってありうるかもしれない。

 しかし、あの100年に一人の逸材、立花孝志のジェットコースター人生の最後を、逮捕で終わらせるのはあまりに悲しすぎる。
 仮に逮捕されても、「あいつは本物だった」と思われて人生を終えて欲しい。

 上祐史浩とのタッグ。
 立花孝志、最後の賭けとして実に相応しい。

 ではまた。

おまけのアンケートです。Twitterアカウントをお持ちの方、どぞ。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

人気記事はこれ(2019/9/16Reset)

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR