トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

三原じゅん子を次期総理大臣に! 自民党は裸になって出直せ

 今週の週刊新潮にはこんな記事がある。
目玉は「三原じゅん子厚労大臣」! 「小泉進次郎」には逃げられた!? 検査入院で手負いの「安倍総理」トホホな内閣改造
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

DFFRyoTVoAA7Lsi.jpg

 確かにトホホである。三原じゅん子厚労大臣なんて中途半端だ。だいたい、今井絵理子がいじけるではないか。
 自民党は裸になって出直すべきなのだ。安倍晋三総理にはここでご勇退いただき、次期総理大臣に三原じゅん子さんをすえる。そう、三原じゅん子総理大臣でいくべきなのである。

 ここまで裸になれる国会議員がいるか!

三原じゅん子参議院議員のヘアヌード。

 透明な政治。何も隠さない政治。一切が情報公開されています。八紘一宇で愛国心も高い。何が問題だろうか。

三原じゅん子参議院議員のまんげ、陰毛。

 みんな笑うけど、でも、民進党の党首だって元オナドルですぞ。しかも、蓮舫と違って、三原じゅん子さんの国籍は日本一つです。ケンちゃん(宮脇康之)とラブロマンスだってあるのです。
 だって、三原じゅん子と蓮舫と志位和夫だったら、どれを選ぶ? 彼女が一番マシだと思うけど、みんなそう思わないのかな?

 アンケートを作りました。Twitterアカウントをお持ちの方、回答と拡散、ご協力お願いします。




 ケツの毛まで隠さない政治。モリ・カケで揺れる日本政治を救えるのは、八紘一宇の彼女しかいない。

三原じゅん子参議院議員のケツ

 GOGO! チアガール。チアガールのイメージに程遠いのにチアガールやった彼女にしかできない秘技、いちご隠し。

いちごでまんこを隠す三原じゅん子参議院議員

 いちごだけではなく、果物が好物である。
 言っておくが、これはバナナを食べているのであって、断じてフェラ○オではない。

バナナで擬似ファラチオをする三原じゅん子参議院議員

 何から何まで情報公開する三原じゅん子参議院議員。
 オナニーまで情報公開してくれるのだから、まさに次期総理大臣にふさわしいと言えよう。
 しかし、何故かどの写真も、おっぱいの情報公開が実に不十分である。

迫真オナニーをする三原じゅん子参議院議員

 彼女の乳の貧相さは国家機密である。北朝鮮や中国に知られたら一大事。

貧乳! 三原じゅん子参議院議員のビキニ。

 フケ顔なのに胸だけはロリな彼女のボディを外部に漏洩すると、特定機密保護法で逮捕される。
 日本は物言えぬ社会なのだ。戦前に逆戻りしたのだ。花見の下見だけで逮捕されるのだ。

貧乳! 三原じゅん子参議院議員のビキニ。

 何しろ、JS時代のの今井絵理子といい勝負...

imaieriko.jpg

スポンサーサイト

ネット人気の日本第一党、マスコミ人気の日本共産党、そしてどっちからも嫌われる創価学会

 おはようございます。
 日本第一党党首桜井誠氏は今回の都議会議員選挙の惨敗に関して、故郷の福岡で開催した講演会で語っている。
 曰く、「結果としては惨敗だけど、自分たちの立ち位置を教えてもらった」と。今回の選挙は惨敗で、全く相手にされていない感覚を持ったようである。そして、党員に対して「ポスティング」「ビラ配り」とかそおういう地味な活動が必要だ、「一人でも多くの人に認知してもらわなければしょうがない」「日本第一党という名前を覚えてもらわないといけない」と随分と地味な総括をしている(下記の動画、1:17:30~)。ビラを10枚配れば、ひょっとしたら一人の人が気がついてくれるかもしれないとか、小規模の講演会を開いてほしいとか、日本中を震撼させたヘイトモンスターとは思えない随分と地味な総括である。そして、2年後の統一地方選挙を目指すようである。
 上記の総括が本当に正しいのか、自分には納得出来ないところが多い。しかし「行動する保守」というけれど、いざ選挙となった際に、長期にわたりボランティアをしてくれるまで嫌韓に燃える人がどれだけいるのかと疑問だと前に思った。初陣の都知事選はともかく、最初の1議席まで辛抱して、ボランテイアでビラを撒いてポスターを貼って、選挙で敗けても敗けても、在日朝鮮人の全員国外退去の理想のために手弁当でやってくれる人がどれだけいるだろうか。多くの人は、ネットでチョンコの悪口書いたりして楽しんでるだけではないのか。在特会だって、街頭で「ゴキブリ蛆虫、在日朝鮮人を東京湾に叩き込め!」とか叫ぶのが面白いだけで、地道な選挙運動をやりたい人がどれだけいるだろうか。
 しかし、選挙に立候補すると、大量の「兵隊」が必要になるのは事実で、日本で政治家を目指し選挙に立候補する人は、そこで頭を抱えるらしい。何しろ、選挙の初歩とも言える「選挙公報用掲示板の全箇所ににポスターを貼る」という作業は予想以上に苦しいようだ。それなりの有名政党でも、選挙ポスターを貼りに行くと、先に共産党が貼ってあって、感心?するらしい。老人党員が自転車こいで全部貼ってしまうと。そういえば、橋下徹さんが、あの選挙ポスター掲示板、最初は同じ場所に一箇所においてあるのだから、そこで貼らせてくれれば、「選挙に金がかかる」現状を少しでも変えられるとネットに書いていた。あのポスター貼りは相当な難物のようである。
 そして、ポスター貼りだけではない。ビラ配りに街宣に電話攻勢にネット対策に、兵隊をたくさん雇うには、当然に金がかかる。ところが、大量の兵隊を無料調達できる政党もあるのだ。

 今週の週刊文春に、下記のような記事があるらしい。
公明党の逆襲 もう自民党の「上から目線」は通用しない
http://bunshun.jp/articles/-/3406
『都議選では、自民党と決別し、小池百合子知事と連携し全員当選を果たした公明党。自民党中堅議員は真剣な顔で打ち明ける。
「公明党と創価学会の協力がなければ、選挙は戦えないということがはっきり分かった」』

 結局、自民党は創価学会を切れないわけである。
 考えてみると、マスコミでは悪魔のように扱われるがネットでは人気がある桜井誠と違って、創価学会・公明党はネットでは抜群の不人気を誇っているのみならず、マスコミでも抜群の不人気なのだ。マスコミでは人気だけどネットでは不人気の共産党ですら、今では多くの「パヨク」が活躍し、特にはネトウヨを凌駕する。しかし、創価びいきの発言を繰り返す「ネトイケ」なんか見たことがない。
 しかし、創価学会は定期的に他人の家にずかずか上がり込み「座談会」を行い、リアルな人間関係を築いている。ネットの極めて薄い「嫌韓の輪」「愛国の炎」なんか、あんまり威力がないのだ。確かに民進党蓮舫を追い込んだのにネットの力があったのは事実だが、それがポスター貼りにまで結びつかない。
 マスコミからも嫌われネットからも嫌われてるのに、いざ選挙になると大勝利する大聖人の仏法の偉大なお力?が作った創価学会のリア充ネットワークは、憂さ晴らし感覚で「愛国仲間の連帯」を楽しむだけの嫌韓ネットワークよりも遥かに強固である。
 そういえば、日本第一党が力を入れている講演会活動だって、創価学会は全国を細かなブロックに分けて、座談会だ衛星中継だと、延々とやってきたのである。新聞も聖教新聞で間に合わせる。毎日新聞みたいなボロ大新聞よりも売れていそうだし、何よりも読まれている。
 フランスではカルトに認定されてるなんて戯言、「リア充」には通用しないのだ。 

【2017/7/16】福岡・佐賀・大分 三県合同講演会『誠のあるけん博多たい!』

Google「JCセックス」を表示せず警告文を表示/橋下徹、有田芳生のダブスタを批判

 おはようございます。
 最近はGoogleも物分りが悪くなった。利用者の望むものを表示しないどころか、嫌がらせで警告文まで出しやがる。あ、いや、Googleもやっと児童の人権を守るようになって良かったです。この調子で頑張って欲しい。
 なのに、私の友人が「全くこれじゃ使い物にならない」って怒り狂っています。全く、変質者は一人残らずとっとと花見の下見で逮捕してもらいたいものです。

女子中学生とセックス



 もう一本。戸籍ネタ。
 なるほど。
橋下徹氏が有田芳生参院議員に激怒 有田氏、蓮舫氏の二重国籍問題は「人権侵害」 橋下氏の出自暴露は「面白い」 「ダブルスタンダードだ」「有田、早く辞職しろ」/産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190048-n1.html
『民進党の蓮舫代表(49)が自身の戸籍謄本の一部など関係書類を公開した件で、有田氏が蓮舫氏に公開を求めた人々を「差別だ」として非難したことを、橋下氏は自分の出自が週刊朝日に報じられた際には有田氏が「面白い」と言っていたと指摘し、「自分の嫌いな相手なら面白く、自分の所属する党の代表なら人権問題にするのか」として、有田氏の姿勢を「ダブルスタンダード」と激しく批判した。』
 週刊朝日幻のルポルタージュ「ハシシタ、奴の本性」を有田芳生は面白いと評価していたのですか。もちろん、人権侵害されているのがハシゲさんだからこそ、有田芳生は「面白い」と評価したわけです。
 「ダブスタ」という言葉も随分と日本語として定着しました。しかし、政治的発言ではどうしてもしばしば生じてしまいます。敵の失態は大きく、味方の失態は笑って誤魔化すのが政治である一方、道徳というものは概して「敵に優しく味方に厳しい」ことをを要求します。
 左翼に道徳的人間がいれば、「鳥越のカイヨーレイプは許してはいけない」「初鹿明博のズボン脱ぎやホテル強制連行、女性を性欲のはけぐちとみなす男は追放せよ」「その点、安倍総理は夫婦円満、素晴らしい。左翼も見習うべきである。」と発言するだろう。しかし政治的人間は鳥越や初鹿は「陰謀」「冤罪」「真実は分からない」「文春は安倍の手先」等で言葉を濁し、伊藤詩織の強姦事件のみ「犯人は安倍シンパ」というところを強調する一方、TBS批判に誘導されないように腐心する。
 一人でも多いほうが正しいとみなす政治の世界と、誰が見てなくても神との約束を遵守せよと命令する道徳とが、同じ判断をするはずがない。キリストは「汝の敵を愛せ」と説くが、信者の政治家は汝の味方を裏切って自らの野望を叶える。しかも、不倫のごとき性犯罪の類や賄賂のごとき金銭問題の類は、時代を超え国を超え政治を超え思想を超え、なくなったためしがない。だから多くの人は、他人を声高に罵る政治家を眉唾で見る。
 やはり政治は道徳ではなく政策で判断すべきである。そもそも、日本を侵略する北朝鮮や中国を「愛せよ信ぜよ」でやっていける筈がない。もちろん政治だって世界の人が幸福になるのが理想だが、人類滅亡の可能性も想定するのが政治である。そして、日本人は全員、日本が滅亡しては困るのである。

 と、なんか関係のない話になってしまった。ではまた。

行動しない保守

 実は蓮舫の謝罪会見をまだ見ていない。
 見てないけど、帰宅途中の電車の中でTwitterを眺めてて、「また共産党の票が増えるんだな」といい気分がしなかった。マスコミ左翼に「ネトウヨ」と呼ばれている人たちが、いくらネットで民進党をいくら叩いても、よりたちの悪い共産党が増えるだけで、そんなに日本が右傾化してくれるとは思えない。「カイヨーショックで若者票をかなり失っただろう」なんて考えてた私は甘かった。「世代交代」とはこういうことなのだ(逆に言えば、おかしな老人候補を出せばあっさりそっぽを向く支持者を抱えてるのが今の共産党だ)。
sakura_201707190602009de.jpg 日曜日に、右翼放送局桜チャンネル討論番組「【討論】対中戦争の覚悟を!緊迫高まる東アジア世界」、というなかなか物騒なタイトルのYutube動画を見た(下に貼っておきます)。オッサンに混じって我那覇真子が出ていた。あんまり喋らなかったが、2時間経過あたりで彼女は「喋る人はたくさんいるのですが、活動する人がいないので、私はあくまでも活動家として、ひとりでも多くの人に目を覚まさせるようなショック療法で...」と喋っていた。なるほど、いかにも彼女らしい意見だ。
 保守思想とは概して政治に対して過度な期待を持たないし、現実をありのままに見つめる傾向が強いので、政治に対するコミットメントが薄いものである。また、左翼批判の典型として「鉄砲玉として使い捨てられ一生が台無し」というセリフがあるように、保守的な人は理論よりも生活を重く置く傾向がある。左翼の主張以前に、エリート層が安全圏から若者を煽る左翼の手口そのものが、批判対象になっているわけである。そして実際に、そういう手口が多くの国民に知れ渡り、左翼は完全に国民の多数から見捨てられた。
 しかし、いわゆる「嫌韓」「ネトウヨ」と呼ばれる人も、左翼の悪い部分を身に着けた気がする。ネットの匿名性に隠れ、蓮舫の国籍や民進党のブーメラン現象を批判し、左翼支持者を「国賊」「朝鮮人」を罵り、愛国戦士としてネットで正論を振りかざすだけ。なるほど、左翼は国民から嫌われているので、同意してくれる仲間も多く、SNSも盛り上がり楽しい楽しい、と、言い過ぎになってしまって失礼しました。
 「行動する保守運動」を主張するのに、「行動しない保守運動」になってしまった。だから、民進党の落日や安倍政権安定時には勢いがあるが、それは偉大な安倍様を国民が支持しているので、それに乗っかっているだけである。なのに、それがあたかも自分の意見が世の中を動かしているように勘違いする。しかし今のような状況になると、ちっとも「効いてない」ことが分かってしまう。匿名で行うネット短文投稿の威力は、案外と低いのである。
 無論、皆さん生活もあり、我那覇真子みたいな活動家になんかなれないし、なる必要も全く無い。大半の人間は、大半の時間を政治と全く関係ない事をやって一生を過ごす。ただ、そのごく僅かな「政治に使う時間」、もっと有効に使えないだろうか。
 ヘイトモンスター桜井誠がこんな趣旨のことを言っていた。ふだんは殺し合いをしている中核と革マルだって、いざ、共謀罪のような問題があれば全員一致団結すると。
 保守派は左翼が揉め事を起こすとすぐに「内ゲバ内ゲバ」と騒ぐが、なーに、都知事選の小池・増田のような内ゲバを随分とやっているのである。いわゆる右翼団体だって、リンチ妄想で殺した団体がありましたな。一すい...


ブログのアクセスアップ名薬

 相変わらずこのブログは低視聴率である。
 どうやったら1日1万を超えるアクセスを稼げる、のは無理でも、せめて2000くらいは稼げないか。
 こういう時は「成功者」から学ぶのがシンプルな学習法である。しかし、その「お手本」がない。最近、無名の素人で、ネット上の文章による圧倒的なコンテンツで、既存メディアと対等の存在感を示すサイトが思いつかないのだ。
 簡単にいえば、有名人・芸能人が強いのだ。有名人といっても、AKBやジャニーズのの下っ端レベルでも、いかなる素人ブロガーをも凌駕する。活字でシコシコやってるだけでは、なかなか存在感を示すことができない。
 素人のサイトで爆発的なアクセス数を稼いでいるサイトも多い。ただしそれは、「保守速報」「正義の味方」あるいはNAVERのようなまとめサイト。かつて、多少の褒め言葉要素を含めて、インターネットは「基地外銀座」「ヲタク天国」と揶揄されたが、今や小銭稼ぎ天国と化した気がする。
 「それだけプロの物書きや企業がインターネットに本腰を入れたからだ」とも考えられる。しかし、プロの物書きでも、私に勝てない人がたくさんいる。ポイントはむしろ、テレビに露出しているか否かである。テレビというメディア、私は日曜以外は殆ど見なくなってしまい、インターネットでも何かと「老人のメディア」の代表扱いされるが、まだまだ健在なのだ。それに、あのテレビ、というのか動画というシステムは、何だかんだ言っても活字以上に真実を伝えるし、肩の力を抜いて気軽に見られる。

 御存知のとおり、インターネットに進出する素人もネットの素人も、次々と動画に進出している。そう思えば、かつての「ネット有名人」のような存在は、動画の世界では次々と登場している。20年前の「ホームページ」をワクワク感を、今やYoutuberが実現している。私はKAZUYAくらいしか知らないが、私のようなオッサンが知らない「素人人気者」が続々と誕生しているようである。
 そして前世紀末(1995年~1999年)のホームページにオウム真理教が進出して一種の「名物サイト」となったように、怪しい思想集団も相次いで動画業界に参入している。かつてのオウム真理教と同じく、幸福の科学も中核派も「ここならマスコミと違って自分たちの思想が表現できる」と考えで進出したのだろう。前世紀末のネット参入者も「ここならマスコミと違って自分たちが自由に発言できる」と考え、インターネットにロマンを見た。その中で台頭し、何だかの意味で大新聞・テレビを「怯えさせる」までに成長した人物の一人が、桜井誠氏、そして在特会であろう。
 ただ、おそらく、動画の世界も芸能人が続々と進出し(私は吉田朱里しか知らないが)、中途半端な素人が淘汰されていく一方、「機械音声の喋り」や「他番組の音声を流しただけ」の「保守派」「愛国」動画は、小銭稼ぎを続ける気がする。そして、かつてのホームページで「売り物」の一つだった「ハック・クラック」系列や違法ポルノ動画は、動画でも主流になりえない。前世紀末のネット黎明期と違って、この種の欲望に訴えるジャンルには、必ず悪質業者や暴力団の資金源稼ぎになり、グレシャムの法則が発動し、「良心的」サイトは生きにくくなる。
 素人のブログは古いといいながら、しかし例えば新聞は明らかに劣勢を余儀なくされている。テレビだって報道番組は徹底的に相対化されてしまった。「インターネット論壇」の影響力は確かにあるのだ。しかし、なかなかネット出身の有名人は出にくく、これからは動画経由も苦戦を強いられるだろう。

 と、タイトルとはかなり異なる結論となったが、そういう意味では、動画業界がまだワサワサしている「今」が最後のチャンスなのかもしれない。
 ではまた。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム