FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

どうして共産党支持者・パヨク・リベラルは杉田水脈に憎悪の念を燃やすのか

 杉田水脈氏に対する空騒ぎも一段落した…のかな?
杉田水脈をなぜ偽リベラルはそんなに怖れるのか?/八幡 和郎/アゴラ
http://agora-web.jp/archives/2034163.html
『実際、偽リベラル勢力は本当に杉田水脈を怖れているようだ。
どうしてなのかといえば、やはり、杉田氏のこれまでの政治家とは異質の突破力が怖いのだと思う。
あえていえば、杉田氏はアニメのヒロインのような人だ。実際、子供のときからアニメ・ファンらしく、Facebookなどでその手の話題も多いし、アニメのヒロインのようになりたいという願望があったのだろう。
『あれこれ損得や、揚げ足とられることを怖がらずに攻撃してくるし、若い人に対するアピール力もあれば、普通の結婚をして子供もいて庶民的というのでは、警戒すべき存在なのだろうと思う。』

杉田水脈衆議院議員 自分も似たような事を思った。保守はともかく、左翼マスコミ・隠れ共産党ネットユーザーは、異常なまでに杉田水脈氏を恐れていると感じた。杉田水脈氏を亡き者ししたくてしたくて仕方がないのだ。ただ、その理由は「アニメファン」云々ではないと思う。杉田水脈氏に対する憎しみの念が、どこか橋下徹氏に対する左翼の反応にそっくり思えるのだ

 現在LGBT生産性云々で杉田氏と橋下氏は対立しているが、あまりに両者は似通っている。
 杉田氏も橋下氏も反共主義を強く打ち出しているが、両者とも骨絡みの反共主義をを感じる。橋下・杉田両氏とも、共産主義国家の粛清だらけの実態やマルクス主義の誤りではなく、標的を生身の公務員や朝日新聞、更には「朝日新聞のような大人」に向けている。敵は共産党や朝日新聞だけではなく、むしろ彼らを支える有権者である。橋下氏は大阪府知事・大阪市長時代に、アカを探し出すために思想調査アンケートを実施している。ここまでやってのける人を聞いたことがない。また、杉田氏の著作や動画に慣れ親しんでいる人はご存知のように、彼女は元地方公務員で、そこで共産党や過激派の実態を知り、「体で覚えた反共」を身に着けている。どちらも、「左翼的な日本人」「左翼的な生き方」に対する生理的嫌悪感を全身から発散させている。
 そして二人とも弁が立ち、実に論理的である。左翼に言い負かされない。標的はマルクス主義ではなく、安全圏から若者を煽り自らは裕福な生活を楽しむ「朝日新聞のような大人」であり、そして彼らを支え、毎回の選挙で共産党や立憲民主党に投票する有権者である。生身の人間に対して「お前の正体はこれだ!」と攻撃する。
 更に、大きな支持母体を持たない両氏は、インターネットの依存率が高い。どちらも「インターネットが育てた政治家」、特に、橋下氏と違ってテレビ出演が皆無の杉田水脈氏は、インターネットが産んだネット純粋培養に近い国会議員である。実際問題、彼女が選挙出馬前に相当な知名度を獲得したのは、殆どインターネット効果である。これは既存メディアを主戦場にして一定の成果を得ているリベラル左翼にとって、実に薄気味悪い存在だ。自分たちと同じく、新聞やテレビや雑誌に生息する曽野綾子や櫻井よしこにはない薄気味悪い存在である。
 実際に、橋下徹に朝日新聞がインタビューした際に、「絶対に復帰しませんよね」と何か恐れているかのように、必死に釘を差していた。未だにリベラル左翼は、橋下徹が怖くて怖くて仕方がないのだ。まるで、異次元のダークゾーンから、生身の自分たちの生き様を直接狙撃してくる脅威。しかも、電脳空間では、多くの支持者が彼・彼女を熱心に支えている。何か大きな選挙があれば「橋下徹さんしかいない!」の声が湧き上がり、ネット世論は杉田水脈さん頑張って、早く戻っての声ばかり。自分たちの「権威」が全く通用せず、定められたルール通りに喧嘩をする「左右のプロレス」を無視し、突如真剣勝負で凶器攻撃を仕掛けるように感じるのではないか。
 何故左翼が杉田水脈を畏れるのか。彼女が、異次元の挑戦者だからだと思う。



大谷光道氏 遺骨引き渡し訴訟 最高裁も認めず /京都 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180817/ddl/k26/040/327000c
『真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の故大谷光暢(こうちょう)前門首の四男で大谷派を離れた大谷光道(こうどう)氏が、大谷祖廟(そびょう)(同市東山区)に埋葬された歴代門首らの遺骨を含む土を引き渡すよう同派に求めた訴訟で、最高裁は1、2審判決を支持し、光道氏の上告を棄却した。7月27日付。』
 左翼の真似事が目立つ葬式仏教なのに、揉め事だけはオウム真理教なみだなこりゃ。いや、この「お東騒動」、ネットで読んだけれど、何がどうなってるのかさっぱり分からない。仕方がないのでWikiを呼んで、4派に分裂してたことは分かった。四派って、アレフ・ひかりの輪・山田らの集団・ケロヨンクラブでしょうかね。この堕落ぶりを共産党につけ込まれたのかな、なんて考えてしまったが、あくまでも推測。真宗大谷派・浄土真宗東本願寺派・浄土真宗大谷本願寺派・嵯峨本願寺とあるがしいが、これ、どれが日蓮宗でどれが日蓮正宗でとれが創価学会でどれが顕正会とか、分かりやすく教えて欲しい。更に、お西まである。築地本願寺ってのは何か。東じゃないかと思ったら、本山はちゃんと西にあるらしい。
 で、それだけ揉めてるのならば、さぞかし信仰は立派なのかと思いきや、葬式見ている限りでは、とてもじゃないが立派には思えない。

スポンサーサイト

ウルトラマンもウルトラセブンも、レイシストの差別主義者である。

メルケル独首相、難民の本国送還強化を表明 極右のデモ受け
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN1L20EQ.html
『ドイツのメルケル首相は16日、受け入れを拒否した難民を巡る本国送還の迅速化に向け、取り組みを強化すると表明した。首相の難民政策を巡って数百人の極右活動家が首相辞任を求めるデモを行ったことを受けた。
 反イスラム運動「ペギーダ(PEGIDA)」がデモ活動を組織。メルケル首相が自身率いるキリスト教民主同盟(CDU)の地方議員と面会するため東部ザクセン州のドレスデンに到着すると、デモ隊は「メルケルはやめろ」などと連呼した。』

 ヘイト政党「オルタナ何ちゃら」だけではなく、ペギーダなんてヘイトスピーチを繰り返すレイシスト集団もドイツでは活発なのですね。さすが「ヒトラーの復活を許さない」と左翼が絶賛するドイツは一味違う。もっとも、皆さま新聞やテレビでご存知のように、ヨーロッパ全体がこうなのだ。かつてはユーロコミュニズムなんて左翼が喜んでた共産主義政党は消滅寸前、桜井誠まがいのヘイト政党は次々政権参加。
 ふと、下らないこと(そんなに下らなくないかも)を思いついた。怪獣モノが忘れられないオッサンヲタが、しばしばウルトラセブンで行われたペガッサ星人やノンマルト星人(地球原住民?)の皆殺し、ギエロン星の鳥さん大虐殺を懐かしむけど、あれがまさに今のヨーロッパではないのかと。
barutan.jpg そう思えば、ウルトラセブン以前に、ウルトラマンに登場するバルタン星人の方々が移民だった。さすがウルトラマン、時代を先取りしている。確かこんなようなストーリーだった(さっき確認した)。バルタン星人さんは内戦ではなく核爆弾で故郷を失い、宇宙船で旅をしている難民の方々。で、ちょっと宇宙船を直したいので、20億3000人ばかり住めないか。いや、火星に行ってくれないか? でも、やっぱここが豊かだし気に入った。で、交渉決裂して日バル決戦となったが、結果として科特隊もメルケル状態になり、ウルトラマンが文字通りバルタン移民の方々を大人から子供まで皆殺し、良いバルタン星人も悪いバルタン星人もどちらも殺す。その後も、バルタン星人は地球に人権侵害を訴えに抗議するが、国連も相手にしなかったようで、ヘイト宇宙人ウルトラ星人に尽く皆殺しにされる。
 ペガッサ難民の件だって、ちょっと地球を動かしてあげれば良いわけだし、それこそ移民で受け入れればいいじゃないですか。あいつら、地球人よりも優秀なんだし(優秀なのに、地球が動けないことを知らないのも変な気がするけど)。ノンマルト星人なんか、エラが張ってるレベルで皆殺しだったし。ウルトラ星人の難民政策って、最初のうちは綺麗事を言うけれど、まるでドイツのように尽く破綻してしまう。
 地球に定着した宇宙移民は、ウルトラ系ではあまり記憶がない(最初の三作しかしっかり見てないので不正確)。メイツ星人もぶっ殺したし、挙げ句の果てにウルトラマンメビウスで「謝罪するニダ!」って領土要求される始末。
 結局、移民として成功した宇宙人は、デムパの世界で、地球の風習に合わせたレティクル座星人だけではないのか。もっとも、幸福の科学信者の脳内では、多くの宇宙人が地球に住んでいる。同じ地球人ですらこのありさまなのに、宇宙人と仲良くできるなんてさすが幸福の科学。最近では、清水富美加もUFOを目撃したそうな。
 「ウルトラ何ちゃら」に登場する悪い宇宙人は概して、その理由はさまざまであるが、地球が魅力的なので欲しくなってしまうようである。あるときはやむを得ない事情で、あるときは全くの悪意で。しかし、全くの悪意と思われる宇宙人だって、実は「信仰」が理由なのかもしれない。
 宅八郎にそっくりののゴース星人さんだって、あの国はパンドン教が国教で、地球人をジハードする教義を実践しているだけなのかもしれない。ナックル星では、地球人をポアすることが善業だったとしたらどうするだろうか。ナックル星人はカルトだから駄目だけど、ゴース星人の殺戮行為はパンドン教とは縁もゆかりもない、パンドン教は本来平和を愛する宗教だ、とでも、朝日新聞は書くのだろうか。バド星人だってボーク星人だって、飲み屋で話してみれば、素顔はみんな良いやつだったのかもしれない。イカルス星人は食い過ぎだと思うが。

 ではまた。

「みんなちがってみんなダメ(中田考著)」を読んで、欧州の極右ブームについて考える

麻原尊師・遺影 昨日はオフ会に参加させていただきありがとうございました。特に幹事様、お疲れ様でした。
 それにしても、若い人でいっぱいだったのは何故でしょうか。それと、どうして年ごとに女性の質が高くなっているのでしょうか。「ゆきヴィーナス」なんてとんでもない時代を生きてきた人間からすると感無量というのか、要するにイケメン男にまとめ役をやってもらうに限るのではないかと。
 他所様のイベントのお呼ばれでもあり、報告は若い皆さんにおまかせします。遺影が素敵でした。みなさん、よくぞ今の時代に物品を調達したなあと感動しました。あと、自分の写真欲しい。



欧州で「反移民」に勢い、スウェーデン極右政党人気 9月9日総選挙で第1党うかがう EUに新たな火種/日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3395653008082018FF8000/
 スウェーデンも極右。今やヨーロッパでは極右が議席を減らしたほうがニュースになる。選挙は9月9日。

kawaii.jpg 今、ISの手先で有名な?中田考氏の「みんなちがってみんなダメ」を読んでいる。
 その中に、『平等と文明はセットです(P.55)』という言葉があった。『「人類は平等だ」というスローガンには、「文明化された人間だけが平等に値する」という前提がかくれている(P.55)』と。本当に地球を丸ごと平等にしてしまうと、移民がどんどん金持ち国家に流れてくる。だから国境で移民を食い止め、自分たちの国内のみで『キラキラした世界(P.53)』を作り、余所者を排除してきた。しかし、そもそも国境と平等は矛盾した概念であり、それが今あらわになっていると中田氏は指摘する(P.53あたり)。
 そして、実は自由も幻想であると中田氏は語る。日本のようにブラック企業が横行し、労働者を自由に奴隷化して使い捨てする社会よりも、『生活を保証された奴隷のほうがはるかに良いと感じる人もいるのではないでしょうか(P.65)』と。さらに『人間の機械化こそが奴隷化(P.68)』であると。
 もっとも、この視点は赤色思想と同じであり、経済の自由こそが新たな奴隷を生み出すとマルクスは主張し、そしてその結果、共産主義という人類史上最低最悪の奴隷国家を作ってしまった。そして、「それではうまくいかないのさ」と、民主主義を基盤とし階級闘争を否定し、非現実的な理想論を排除し、自由経済の利点を活かしながらできるだけ奴隷状態を避けようとしたのが社会民主主義で、それを体現した代表国がスウェーデンである。「どこが理想国家だ」と揶揄されながらも、高負担高福祉で富の偏在を防ぎ、日本の自民党真っ青の安定政権を築いてきた。
 しかし、そのスウェーデンにも、国民がグローバルの報い、平等の報いを感じるようになったのだ。平等は自国民だけにしてくれと悲鳴を上げたのだ。
 『領域国民国家というイデオロギーは、西洋が謳っている自由や平等や人権とは、明らかに矛盾する概念(P.60)』と中田氏は強調する。しかし、実は多くの民主主義国家において、「領域国民国家」を主張しようものなら、ナチでヒトラーでレイシストでヘイトスピーチで安倍信者なのである。いつの間にか、マルクスのように、国境がいつか消えてしまう、国境は理想社会と矛盾した存在という思想は、ポピュラーで過激でもないでもない普通の考えになってしまった。ジョンレノンという流行歌手が肥満児という歌で、Imagine there's no countries. と歌っているのを知っていよう。誰も違和感を感じなかっただろう。ヒトラーを超える人類史上最悪の殺人思想・共産主義が妄想した「国境のない国家」。実は豊かな資本主義的?民主主義国でも理想として定着している。だからこそ厄介なのだ。
 面白いことに、欧州の極右勢力を批判する人達も、必ずナチ・ヒトラー・レイシストという言葉を使う。欧州の主要民主主義国家では、既に共産党はほぼ絶滅している。しかし、まるで共産主義者のように国境のない社会を夢想し、移民受け入れに反対する政党をナチだヒトラーだレイシストだと非難する。
 しかし、そんな人達だって、出かける時には家に鍵をかけるのである。果たしてヒトラヒトラーで極右が止められるのか。欧州の「モリカケ」な気がするのだが。

 ではまた。

公明党は藤波辰巳で、共産党はミル・マスカラスである

 少し前に、「愛国奴」の紹介の際に、全日(馬場)・新日(猪木)の老舗プロレス団体が自民党で、ロープに振っても跳ね返らないし乱入も場外乱闘もないプロレスで話題を呼んだUWFが民主党、チャンネル桜他「ネトウヨ」と左翼マスコミが呼ぶ草の根系保守がFMWのようなインディー団体みたいなものかと、1990年前後のプロレス団体で今の政党を喩えた。
maeda_2018081706400431b.jpg ご存知のように、プロレスはすっかり廃れてしまい、日本から消え去る寸前である。しかし、ダーティーなイメージのスポーツの割には、馳浩にアントニオ猪木に大仁田厚、木村健悟にサスケにスペル・デルフィンにK.Y.将軍ワカマツと、どういうわけか多くの議員を排出している。プロレスラーという職業は、政界ではクリーンなイメージなのだ。「公職選挙法ってなーに? おいしいの?」がデフォの政界だもの、反則は5カウント内ならOKで、レフェリーのブラインドを突いて凶器反則は日常茶飯事、国会外の場外乱闘も常識のプロレスラーにとって、政治の世界は水が合うのだろう。

 さて、こう書いたところで、自民・民主があっても、古狸の公明党・共産党のような団体がない。旧国際プロレス軍団と女子プロレスがそれなのかもしれないが、あの両党は独特の「匂い」がする。
 公明党を良く言えば、藤波辰爾とかディック・マードックみたいな感じだろう。誰とでも手が合う。名勝負製造機。それどころか、みんな藤波辰爾やマードックと試合を組みたがる。ただし永遠にセミファイナル。もっともプロレス界では、ドリー・ファンクJrやハーリーレイス・リックフレアー・ニックボックウィンクル等、このタイプが大チャンピオンになる。しかし、公明党は藤波やマードックだろう。要するに、メジャー団体にとって「使い勝手が良い」のである。ただ、伸び悩む。トップにはいけない。
 逆に共産党は、ブルーザーブロディーやミル・マスカラスである。熱心なファンもいて知名度も高く、マスコミは好意的に報道する。しかしプロレスファンの人ならばご存知のように、この二人はめちゃくちゃ態度がでかく、ギャラや扱いに実にうるさい。さらに言えば、この二人は自分のペースで試合を進め、相手に絶対に合わせない。だから、名勝負ができる相手が限定されるし、敵も多い。ご存知のように、ブロディは控室で刺殺された。あと、共産党の匂いがするレスラーって、海賊男とかストロングマシーンとか、覆面レスラー。覆面してると強いが、「お前、平田だろう」ってバラされると急に弱くなる。

 むしろ、左翼メディア(週刊プロレス・週刊ファイト)が業界全体のお目付け役だったような気がする。それとなく野党UWFを支持したり、いかにも「日本の新聞」的存在である。実は馬場さんから賄賂もらってることが判明(自白)し、メディアが衰退してしまうところもそっくりだし、産経新聞じゃなかったゴングが一向に陽の目をみなかったところも瓜二つである。
 そういえば、インディー団体、特にW☆ingはブロディ刺殺犯のホセゴンザレスの招聘に熱心だった。FMWも招聘を狙って、東京スポーツに頼んで、ゴンザレスに刺される「やらせ」写真を掲載したが、一方朝日新聞じゃなかった週刊プロレスが批判して、招聘は実現しなかった。過激なデスマッチ・ヘイトスピーチはコアなファンを獲得したが、FMWはマスコミ報道に従い成功した。やはり世間との折り合いは必要なのだ。
 そう思うと、馬場・猪木は団体運営でも凄かった。お互いに憎しみ合いながら、マスコミの批判を受け入れファンの要望を受け入れ、変化していった。例えば全日本は、練習不足の全日本と批判されながらも、馬場は一線を引き鶴田・三沢にバトンタッチし、自分はお笑いプロレスや解説に回り、新時代の若手盛り上げ役に回る。結果として、全日の方が過激と言われるまでになった。一方、猪木の新日本は潰れたUWFを引き受けて、イデオロギー闘争と称して、プロレスが世間から疑惑の目で見られ、UWF誕生のきっかけの一つである「ロープに振って跳ね返る」を逆にイデオロギー闘争と位置づけ、「ロープに振る・振らない」をプロレスのギミックにしてしまった。
 そういえば、馬場選手はラジャ・ライオンという空手家と異種格闘技をやったことがある。猪木だってビックバンベイダーで面白プロレスをやった(大コケしたが)。全日・新日のような団体は、FMWも入っていればみちのくプロレスも入っているしUWFも入っている。馬場が「両者リングアウト禁止」にしたたのだって、ファンの批判に答えたものだ。馬場も猪木も、お互いに確固たるプロレス観を持っていながら、ちゃんと変えるべきところは変えたのだ。

 昔、共産党が1970年代に台頭した際に、自民党の共産党対策は「共産党の言うことでも、正しいことは採用しよう」という実にシンプルなものだった。そしてライバルだった社会党ともタッグを組んだし、後の公明とのタッグは実にしっくりきている。結局、自民党の中ににっころも共産党も全部入ってるのだ。LGBTも労働者賃上げもジェンダーも、反共も軍備拡大も移民抑制も全部入っているのだ。一方、共産党・社民党は未だに「我々はロープに振っても戻らない」「自民党は未だに流血戦で両リンをしている」と批判しているだけではないのか。
 もっとも、昭和のプロレスラーが次々と逝去してしまい、プロレスももうすぐ消滅するだろう。しかし、日本の政治をなくすわけにはいかない。「変わって」いかなければいけないのだ。

立憲民主党は政界のスーフリか?

 ちわ。
沖縄県知事選は9月30日…辺野古移設の是非争点、両陣営動きを加速
https://www.sankei.com/west/news/180813/wst1808130048-n1.html
 というわけで、翁長氏逝去を受けての沖縄県知事選挙、9月13日が告示、30日が投票となりました。そもそも、今年最大の選挙と言われていただけに、両陣営とも「公職選挙法ってなーに?」の大乱戦が予想されます。当初は苦戦が予想されていた左翼連合、皮肉にも今回の翁長氏逝去で追い風が吹いてきた感じを受けますが、果たしてどうなることやら。

東京医科大不正入試仲介疑惑・立憲民主党吉田統彦、キャバ嬢のスカートに手を突っ込む


スカートの中に手を突っ込む吉田つねひこ衆議院議員の恥ずかしい写真 東京医科大学の裏口入学の仲介役疑惑の立憲民主党・吉田統彦さん。スカートの中に手を突っ込んでる写真、すごいですね。
 立民党の吉田議員、これをばらまくと刑事告発すると脅しているので少し心配ですが、まあ相手は政治家ですから文句は言えないでしょう。しかし、もはや立憲民主党って「政界のスーフリ」じゃないですか。枝野サン、どうしましょうか。吉田統彦氏、前にも『立憲・吉田氏の政党支部、妻名義ビルに家賃3250万円(2017.11.30)』なんてやらかしてます。
 いずれにせいよ、ますます「左翼は女性の敵」が世間の常識になってしまいました。

アメリカでもカトリック神父300人が1000人以上の子供をレイプ。被害者は数千人か?


 さすがの立憲民主党の「女性の敵」ぶりも、クリスチャンの強姦魔ぶりには敵わない。
 もう、飽き飽きしてきました。またですか? 神父によるロリコン大量レイプ・組織的隠蔽。
米聖職者 300人が子供1000人超を性的虐待、隠蔽/毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180815/k00/00e/030/204000c
『ルベニア州のシャピーロ司法長官は14日、同州のカトリック教会の聖職者約300人が約60年前から1000人以上の子供に性的虐待をし、組織的に隠蔽(いんぺい)していたと発表した。実際の被害者数が数千人規模に達する可能性もあるという。』
 キリスト教指導者の未成年強姦・レイプ。もう被害者が何人いりかなんて数え切れない。神父を見たら強姦魔と思え。そうとしか言いようがない。しかし、どの国でもクリスチャンってのはスケベ野郎がどうして多いのだろうか。処女懐胎とかバージンの話ばかりしてるので、鳥越俊太郎みたいに病気を治したくなるのだろうか。しかも、どの国でも神父は未成年ばかり狙う。もう書き飽きました、「天にマスかく我らが神よ、ザーメン」っての。

 では、今回は短いですか、これまで。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR