FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

遅ればせながら、上祐史浩の「オウム事件17年目の告白」について

 正直この本を話題にしたくなかった。
 既に御存知のとおり、この本はマスコミに好意的に取り上げられ、毒ガス無差別殺人事件をはじめとしてありとあらゆる陰惨な犯罪を犯した犯罪宗教の大幹部上祐史浩は、かつてにような「悪のヒーロー」ではなく、無罪後の三浦和義(疑惑の銃弾・故人)のように、一風変わった英雄として受け入れられている。
 ゆえに、、批判でもなんでも「話題」にすることは宣伝に協力することになる。バカの尻馬に乗りたくなかたのだ。

 読んでみたけれど、実際問題、そんなに凄い内容の本なのだろうか。林郁夫の「私とオウム」の方が、はるかに「告白」している。
 前半は今までのオウム報道のダイジェスト・復習みたいで、少なくとも「上祐史浩ならではの視点」は感じられなかった。表面的に事件をなぞっただけの飲酒である。幹部の人物像や尊師の女関係もしかり。どれも「事件後」に出版されたオウム本のレベルである。それにしても、読んだとも思えない巻末の参考文献リスト、笑ってしまった。ライターが入ってるようにも思えた。
 後半は麻原批判やひかりの輪設立にいたったいきさつ。それも、麻原が親に捨てられて云々の批判で「禿しくガイシュツ」だし、ひかりの輪設立に至る経緯は、やれ虹が出ただのやれ弥勒菩薩に感動しただの、血を吐くような何かが全く感じられない。そんなわけないだろう。「食うためにはこの世界でやっていくしかない。しかし『尊師教』のアレフでは先が見えているし、世間は絶対に認めない。独立して、自分をタレントとして売り出すのがベター」とソロバンを弾いたに決まってるではないか。
 シガチョフのテロをとめただの、ひかりの輪は二元だのアレフとは違うぞー、アレフはダミーのヨガサークルをやってるぞーとか、相変わらずの宣伝文句。いくらアレフを批判したって、過去に犯した犯罪に対する真摯な態度からではなく、アレフから客を奪うのが一番手っ取り早いと判断したからに決まってるではないか。なんでこんな本を有田芳生が賛美したんだろう、
 唯一面白かったのは、上祐史浩の母親の話。父親が女を作って家を出てしまっても、慰謝料だけは必ず払う、そういうところは律儀だと褒めはしても、批判めいた事は言わなかったそうだ。そして、その上祐史浩の母親の誕生日は昨日、そう、麻原彰晃と同じく3月2日だそうである。
 まあ頭の良い人あから、江川紹子や滝本太郎や小林よしのりのような批判者もうまく名前を利用して、適宜ガス抜きさせながらメディアと「もちつもたれつ」、うまいことやっていくのだろう。
 めでたし、めでたし。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9236:Re: ありがとうございます by sinzinrui on 2017/11/03 at 08:21:31

> えうゆう?
> 英雄 えいゆう のミスタイプかな?

そうですね。なるほど、そのとおりです。
古い記事のご指摘を感謝します。

今後ともよろしく。

9233: by 名無し on 2017/11/02 at 17:04:57 (コメント編集)

えうゆう?
英雄 えいゆう のミスタイプかな?

6835:Re: タイトルなし by sinzinrui on 2015/05/01 at 23:09:19

> 絵烏有ってなんて意味ですか?

タイプミスだろうけど、何なのか、俺も忘れた。

6834: by 大石内臓脂肪 on 2015/05/01 at 22:34:31

絵烏有ってなんて意味ですか?

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

人気記事はこれ(2019/6/4Reset)

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR