FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

産業としての将棋の終焉【将棋電王戦】

 さて、過去3回の将棋プロvsコンピューター将棋電王戦の対戦成績、現在コンピューターの7勝2敗1持将棋である。その中には、名人経験者1名、名人挑戦者2名が含まれている。しかも、今回はコンピューターの事前調査権が人間に与えられ、しかもその間コンピューターに改良権が与えられないというハンディキャップ試合である。その中最終戦を待たずにコンピューターが勝ち越しを決めた。
 電王戦の最終戦がどっちに転ぼうが、趨勢はすでに誰の目にも明らかだ。そして近い将来「その日」が来ることも。
 考えて見れば、陸上競技や重量挙げなんかとっくの昔に人間が機械に完敗している。しかし、陸上競技も重量挙げもその価値は色褪せない。その競技を極めることは体力増強にもなるし、その記録は多くの人間の尊敬を勝ち得ている。否、数学だって人間はとっくの昔に完敗している。しかし数学の価値は色褪せない。
 しかし、将棋はそうもいかない。将棋は数学や陸上競技と違って、そんな技術を磨いても何の役にも立たないのだから。
 日本将棋連盟は、構成員であるプロ棋士の強さを徹底的に売り物にしてきた。いわく、角力と将棋がアマとプロとの差が激しい。コンピューターなんかに将棋は絶対に解明できない。まあ、よろずプロの選手はその強さを価値にしてきたが、将棋の場合は、その無意味性がゆえか、強いことを最高価値にしていた。
 昔、囲碁の棋士が「何で将棋ってアマとプロが仲悪いの? あれ、理解できない」旨を語っていた。お客様の悪口を言うなんて信じられないということだった。しかし、将棋は強さだけが価値。「アマよりも強いのがプロ」でやってきたのだ。それゆえ、アマプロ戦は盛り上がり、小池重明のような悪のスターが未だに伝説として語り継がれているのである、そういえば、ハチワンダイバーという漫画も、真剣師がプロ並みの力をつけて、プロより強い第二将棋連盟を作る話だった。しかし、そんなものを作る必要はなくなってしまった。打倒プロ・名人よりも強い棋士はまもなく現れるのだから。
 実際に、電王戦は将棋ジャーナルが頑張ってた頃の昔のアマプロ戦にどこか雰囲気が似ている。2ちゃんねるを見ていると特に感じるが、どこかファンも「プロが負けてザマア」という感覚で、コンピューターの肩を持っている人が多い。一種の「権威の崩壊」を楽しんでいるように見える。
 オセロだってチェスだって、否、五目並べだってなくならないのだから、将棋だってなくならない。しかし、産業としての将棋は確実に弱体化しているだろう。いくら飛行機が早く高く飛んでも、産業としても陸上競技には何ら影響はない。しかし将棋はそうはいかない。よほどの手を打たなければ。産業としての終焉を迎える、将棋を覚えるよりも、より奥深く世界的価値があるプログラミングを覚えたほうが有意義に決まっているのだから。
 将棋という産業は、将棋のルール(コマの動かし方)を覚えている人がいなければ産業として成り立たないジャンルである。野球のように、ルールを知らなくても何となく面白く、見ているうちに覚える性格のものでばない。そして将棋ではなくプログラムに子供が夢中になり、将棋人口が少なくなり、コンピューターの方が名人より強ければ、新聞社が名人戦や竜王戦に莫大な契約金を払うはずがない。新聞記者が全員将棋に理解があるはずがない。「何で売上に全く貢献しない将棋なんかに3億円も契約金を払うの? あんなの、オセロと同じ、コンピューターで指せるじゃん」の声が当然大きくなる。新聞社も斜陽産業、もっと安くて売り上げに貢献する小説に鞍替えする可能性が高い。
 大量の「将棋のルールを知っている人間」を前提として、強さだけをその価値にしてきた将棋産業にしてみれば、その二つの産業の基盤を失うのである。あれだけ人気のあったプロレスだって世の中から消え行く今、これも時代の流れなのだろうか。そもそも、世間は「将棋なんかコンピューターで指せる」ととっくの昔に思っていたのだ。なのに将棋教信者は「プロ棋士の頭のなかには霞ヶ関ビル1本分のデータが」なんてデムパがゆんゆんと将棋雑誌に掲載され、それを信じていたのだ。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事(2020.3.8~)

最新記事

株価・為替

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング(2020.3.8~)

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR