fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本共産党、またもや失態? 今度は足立区で緊急車両スペースで演説、救急車の活動妨害を批判する市民を罵倒

(同日7:00微修正)
 たった一枚のTwitter写真が多くの国民の怒りを買っている。怒りの声は一瞬の間にネットに広まり、24時間も経っていないのに現在45,000近いRetweet。
 批判されているのは日本共産党。いかにも「またか」「やりそうな」という事件である。




 昨年12月の衆議院選挙の際にも、日本共産党清水ただし氏の演説の際に、その真ん前で女性が倒れているにもかかわらず無視をして演説を続けていたことが発覚、国民のひんしゅくを買ったことがあるが、その記憶も生々しいうちにこれである。
日本共産党、選挙カーの対応を謝罪 倒れた女性への対応めぐり
http://www.j-cast.com/2014/12/11223001.html

 ちなみに左下に写っている「小池晃」という共産党員は、もと医師である。何とも皮肉な写真である。




 しかし、この写真一枚でこれだけ炎上するとは、国民がいかに日本共産党が嫌われているかが実に分かる。しかし共産党の支持者は「またネトウヨが」「自民党に騙されている」とバカの一つ覚えのように繰り返すだけだろうね。
 日本共産党は選挙に負けると必ず「自分たちの政策が伝わらなかった」か「◯◯が妨害した」の言い訳をする。自分たちの政策は絶対に正しいので、それが伝わり理解されさえすれば、国民は必ず共産党を支持すると思っているのである。しかしそうならなかったのは、国民に共産党の主張が伝わってないか誰かがデマをばら撒いたか、さもなければ国民が不勉強で馬鹿で騙されているか洗脳されているか、ということになる。国民が各党の政策を比較して、自民党や公明党や維新に投票しているなんて、夢にも思わないのだ。
 一方、職場の共産党員は正体を一切明かさず、「いつでも切り捨てられる」他人を扇動し悪用し、党員は無難に出世をして情報スパイを狙うとともに勢力拡大を狙う。こんな事だって国民は知っているのだ。
 今回の話だって仮に自民党がやっても、誰も「自民党の体質」だなんて思わないだろう(一部マスコミはそう叫ぶだろうが)。共産党がやったからみんな「国民の命より演説が大事。こんな政党が政権をとったら、やっぱり粛清が始まるんだな」という話になる。
 いかなる理由があっても、過去に成立した共産主義国家はどの国でも、独裁政権で自由が消滅し、数十万~数千万以上の国民がリンチでなぶり殺しされた。嘘でも何でもない、単なる平凡な歴史的事実である。「我が党は違う」だけでは誰も説得できまい。ましてやこんな事をやっていては。
 万が一、救急車内の患者さんが万が一亡くなられても、「外傷性ショック死で勝手に死んだ」と主張する気だろう。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
西村雅史(本名本写真)。元オウマーです。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

人気記事ベスト20(2024.2.4~)

最新記事

株価・為替

Twitter

Instagram(QRコード)

Instagram

Facebook

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
7位
アクセスランキングを見る>>

リンク1

オウム真理教以外の破壊的カルト

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム