トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本共産党の「給付奨学金キャンペーン」に連動? 朝日新聞「女子大生、学費欲しさに売春婦・風俗嬢続々」

 ご存知、日本共産党の「奨学金攻撃」、こんなのまで登場したようです。もちろん、日本共産党なんて絶対に口にしませんが。
借金883万円……カラダを売って大学進学?“女子大生風俗嬢”大量参入の背景とは
http://dot.asahi.com/dot/2015110500049.html
『ノンフィクションライター・中村淳彦さんは、新著『女子大生風俗嬢』(朝日新書)で、ここ10年、女子大生が風俗に続々と参入し続けているという驚愕の現実を伝えている。
 これまでにも『日本の風俗嬢』(新潮社刊)、『ルポ 中年童貞』(幻冬舎刊)など、風俗業やアダルトビデオ業界についての著作に定評がある中村さんによると、どの風俗店にも一定数の女子大生風俗嬢が存在するという。
 彼女たちがセックスワークを選ぶ理由は決して“遊ぶ金欲しさ”などではなく、ほとんどが「学費を払うため」だ。』

 おはようございます。
 若い風俗嬢って、みんなそう言うんです。「私、学費を稼ぐためにこういうお仕事をやってるんです」。風俗ライターなのに知らなかったんでしょうか。で、馬鹿な男がまれに信じるんですよ。「この娘は本当はこんなところにいてはいけない真面目な女性なんだ」て。男ってウブですね。木嶋佳苗さんも言ってましたよ。「音楽大学に行きたい」とか。もう、典型じゃないですか、このセリフ。
 自称「女子大生」の風俗嬢なんて昔っからいますって。ほら、千葉大学とか(笑)。学生証つきヌードなんて、定番じゃないですか。

 だいたい、Fランにまで無償奨学金なんて、大衆化した日本の大学では無理です。アメリカみたいに、企業から寄付をガンガン取ってやれば可能かもしれませんですが、そんなこと絶対に大学はしないのです。
 これはごく最近、名門同志社大学で最近起きた話です。
同志社大学学長選挙、現職の村田さん敗れる 安保法案肯定が原因か
http://www.j-cast.com/2015/11/07250002.html
 これは何も同志社大学に限ったことではありません。日本共産党や多くのマスコミが「安保関連法=戦争法・徴兵令・戦争」キャンペーンをしていた時に、多くの「名門」大学が何をやっていたのか、皆さんご存知でしょう。どうせ「軍事予算を削って奨学金に」「米軍思いやり予算を削って」なんて香ばしいことを言い出すだけです。
 しかし、まじめにやってる女子大生に対して、なんともまあ失礼な話です。しかし、当の女子大生が、選挙で民主党や共産党や社民党に投票する限り、こういう輩は絶対になくならないのです。
 しかし、日本共産党の奨学金キャンペーンは相当に気合が入っているようです。最近も、そうれに連動してSEALFsが「学費のために臓器を売った」云々のデマで顰蹙を買ったのをご存じの方も多いでしょう。
臓器売買のネタまで持ち出した、sealdsのとんでもない デマ暴走の実態に さすがにTwitterユーザーから多くの呆れた声(問題のツイートについて、謝罪訂正済み)
http://togetter.com/li/888929
 しかし、日本共産党にSEALDsに朝日新聞では「やっぱりそうなのか」と思ってしまうでしょう。ちなみに、南京大虐殺を文化遺産に認定したUNESCOの日本分担金は37億1800万円らしいです。これなんか奨学金に回したら良いと思いますが、絶対にしないでしょうね。
 諄いようですが、こういう記事は、まじめに奨学金をもらって勉強している女子大生に対する侮辱以外の何物でもありません。基本的に「JCJKの30%だか13%だかが援交してる」って発言と同じで、更には報道機関が定期的に嬉しそうに報道する「女子高生の処女喪失率、男性体験数」と同じで、マスコミ内に巣食う左翼中年が、安全圏から若い世代を卑劣な手口で煽ってるに過ぎません。
 そして、こういう記事は、女子大生の皆さんが、こういう新聞を買ってる以上は、絶対になくならないのです。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム