トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「やり捨て」「疑惑の銃弾」往年の朝日新聞スター記者江森陽弘逝去/「日本共産党はソ連のような共産主義ではなく、言論の自由や議会制民主主義を守る」は嘘

 おはよ。まだ生きてたんだね。
江森陽弘さん死去 古舘悼む「フリー後、会うと必ず励ましてくれて…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000092-dal-ent
 この江森陽弘って朝日新聞記者、顔が良くてモテて、ワイドショーの司会をやってたんだよ。番組内でやってた宮尾すすむの「日本の社長」ってのが人気企画になってね。でも、女性の犯し捨て・やり逃げの常習犯で、それが週刊新潮だったかにバレて、慌てて中途退職したんだよ、本当は。
 江森陽弘って一時期は朝日新聞で本多勝一・筑紫哲也と並ぶ三大有名人だったんだけど、犯し捨てですっかり綺麗に消えました。あと、いわゆる「疑惑の銃弾」報道で、森本毅郎とともに人権侵害のヘビー級チャンピオンチャピオンでした。



 熱心な日本共産党支持者が引き起こした「ぱよぱよちーん」事件、案外と長引いてます。てっきり今頃はこんな言葉を忘れてると思ってましたが。
 というのか、なんか日本共産党の実態を多くの人が知ってしまったんじゃないでしょうか。「日本共産党はソ連型共産主義を目指さない。議会制民主主義も言論の自由も守る」なんて全くの嘘だって。
 彼ら日本共産党員や日本共産党の熱心な支持者・活動家は、一般国民が望むような言論の自由を認めない。自分達が「ブルジョワ分子」じゃなかった「ヘイト」と認めた人間のみならず、SEALDsやしばき隊に思想的に近い左翼系の人間にすら、「お前はヘイトを擁護するのか」「お前は差別に協力するのか」と、誰がどこからどう見ても真っ赤っ赤の山口貴史弁護士(人権屋)・高島章弁護士(天皇はチンポだ!発言で有名)・ろくでなし子(おまんこをモチーフにした左翼前衛芸術家で有名)までもを執拗に攻撃するようになり、さすがにSEALDsデモに参加した人もドン引き、なんかしていないようだ今のところは。

 安倍総理の保守速報より。
【サヨク速報】山口弁護士「ぱよちーん騒動は、ヘイトスピーチ規制の危険性を教えてくれた」→しばき隊が激怒「バカな弁護士」
http://hosyusokuhou.jp/archives/45976226.html






ぱよぱよちーん の 自主退職後の 高島章さんによる はすみリストへの考察(ブロックリスト関連問題 第5弾(高島章@天皇はチンポ弁護士)より
http://togetter.com/li/896803




 こんな日本共産党支持者の当てこすりが続々と湧いてくる。
 ちんぽで有名な高島だけでなく、まんこで有名な五十嵐も同じである。

ろくでなし子さん「ぱよちん音頭でぱよぱよち〜ん♪」⇒何故かネトウヨ認定される!一部の人達が発狂!「ツイート消せ」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8638.html




 病盲孔に入る。こんなアカだか馬鹿だかが続々登場するのが、今の日本共産党の「知性」である。。
 さよう。彼ら日本共産党支持者の多くは、今回の件を「悪い」なんて一切思っていないどころか、東大修士卒のf-secure幹部を盲目的に汚しない人は全員「ヘイト」であると思っているのである。
 諄いようだが、これらの作品の善悪はともかく、言論の自由の範囲内であることは、マトモな人権感覚の持ち主ならば誰だって認めるのだろう。

CQHZmHwUwAAi1qR.jpg

 あくまでも言論の自由の範囲。文句があるなら、こういうのを作ればいいではないか。




CQnXOxEUkAAVIgB.jpg

 これが言論の自由であり、民主主義国家の基本である。
 さすがベンチよりも固い左腕を誇る杉内俊哉さんである。
 私も思わず、右の部分そのまま、真ん中に自分のイラスト、左に「そうだ、オウマーになろう!」という自虐ネタを思いついてしまった。

 こんなのもあった。

CQOl3Z5UYAAIyHh.png

 「難民しよう」は駄目て、これは良いのか。そしてこの作品に同意した人間の住所を調べあげ、「社会的弱者や身障者の大量虐殺魔で、議会制民主主義や言論の自由を否定する日本共産党支持者リストができたぞ。これを人事部や公安を送ってあげよう。わくわく。」と喜び、実際に家に脅迫状を送りつけるのは許されるのか。そして「私は自民党支持者だが、ちょっと行き過ぎ」と苦言を呈したら、「お前は共産党の支持者と同じだ。大量虐殺を肯定し、民主主義の停止を望むのか!」なんてのもアリなのか。

12191525_1247445978614888_4735498214016559406_n.jpg

 両方あるのが言論の自由を基盤とした議会制民主主義国である。
 そして日本人に限らず、アメリカやイギリスをはじめとした世界中の「それなりの自由で民主主義な国家」の国民が共産主義を恐れるのは、未だかつて言論の自由と両立した共産主義国家が一度たりとも存在しなかったからである。
 今回だって、少し政党支持率が回復して、若い世代の支持者が増えただけで、いきなりTwitterブロックリストを作ったり、そしてこの始末である。未だに、安倍晋三さん率いる自民党の1/10にも満たない支持率なのに、ここまでやるのである。
 こんな集団が政権を取ったらどうなるか。否、議会で過半数を獲得する前に、「彼ら」は必ず「やる」に決っている。いざとなれば、隣国の力を借りる。過去の歴史において、ことごとくそうだったのだ。「日本共産党は一貫してソ連や中国と戦ってきた」なんてそもそも嘘・歴史の捏造であるが、それ以前に、歴史の前例は、いざとなったら必ずやったのだ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム