トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「普通の」イスラム教の信者達が、フランスでオウム真理教以上の無差別大量虐殺を犯した件

(同日少し追加)
 まあ何だ。昨日ネットのチャンネル2を見てたら、どうやら犯人グループはF-secureの幹部や旗竿地の住民や共産党一家らしいのだが、もっと凄いのはNHKだぞ。延々と大相撲流してて、5時のニュースになったら「ラグビーのチケットが予想外に売れなかった」って。だいたい、社会人ラグビーなんて1万人も有料入場者が入ったら奇跡だけど。
 しかし、ラグビー競技場と違ってフランスのライブハウスは超満員だった。犯人がイスラム教の一宗派であるISISであることも確定したようだ。相変わらずマスコミ報道では「イスラム教は本来平和を愛する宗教」「ISISはイスラム教と関係無い」って言い続けるのだろうか。
 先日、「世界はこのままイスラーム化するのか (幻冬舎新書)/幻冬舎」を読んだ。島田裕巳氏が、斯界の権威として有名な中田考氏にインタビューする形式だった。中田氏は「イスラーム国(IS)の掲げている理想そのものは、別段オリジナリティがあるわけじゃありません。正統的なイスラーム主義の主張です。(P.146)」と書いている。
 更に、人質事件でISISブームだった頃に発売された東大大学院教授の池内恵氏の『イスラーム国の衝撃/文春新書』でも、ISISに関して、『思想としての目新しさのなさ(P.171)』「イスラーム国」が発する声明や文章を構成する単純な論理は、イスラーム教の思想にある程度精通している者にとっては、異様なまでに読みやすい(P.172)』のがむしろ特徴的らしい。そして、『戦乱に怯えた市民の前に、「議論は終わった。行動あるのみ」と言わんばかりに、一方的に宗教理念を提示し、従わなければ、実力行使で殺害・排除する、という集団が現れた。それが「イスラーム国」である。(P.172)』と分析している。
イスラム国民 日本におけるイスラム教の二大権威(?)がそう言っているのである。「諸般の事情(表面的事実)」も加味すれば、ISISもポコハラムもアルカイダも、そして世界各地で地道に殺戮行為を繰り返す集団も、単なる平凡なイスラム教信者と考える以外に道がないだろう。
 まあ、「オウマー日記」的にはあれだ。日本共産党とは縁もゆかりもない日本脱カルト協会の面々によれば、フランスってカルト宗教対策が進んだ国で、日本は見習わなければいけないはずなのだが、その脱カルト教会の皆様が絶賛する破防法より強烈そうな法律があるのに、またしても派手にやらかせたのは何故なんだろう。それに、どうやってマインドコントロールしたんだろう。カルトは必ずマインドコントロールするのだ。何よりも大事なのは、宗教家や弁護士による脱会カウンセリングではないのか。さっさとイスラム国に行って説得したらどうか。と思うのだが、今回はやらない。

 フランスだけでない。日本もアメリカも、民主主義だの自由だの人命尊重だのに毒されて、立派な仏教や神道やキリスト教の宗教国家なのに、逆に「宗教家の殉死」に感心するような体たらくである。しかし世の中には、表現の自由や議会制民主主義を認めない人や国があるように、人命第一主義を認めない人や国だってあるのである。そして、神の国よりも長生きを重視するアメリカやフランスや日本に、彼らに対する理論武装は「テロと戦う」しかあるまい。
 しかし「神はテロを憎む」なんて言っても、カエルのツラになんとやら。だって、日本の麻原彰晃さんのように、神様さんが「テロを起こせ」と発言したらどうするのだろうか。神様さんが戦争を肯定していることが判明したら、もはやお手上げである。そういえば、キリストさんの旅日記にも、そんな一節があったと思うが。
 いずれにせよ、アメリカが「我々も議会制民主主義やイエス・キリストのために、国民全員が命を捨てる覚悟ができている。」と言っているわけではない。日本だって、万が一「我々だって天皇陛下がついているのだ。天皇陛下のためならば、日本人だってテロリストと喜んで刺し違える」って安倍総理が口走ったら、天地がひっくり返るような騒ぎになること間違いなしだ。安倍総理がアメリカやイギリスと持っている「同じ価値観」とは、言論の自由や思想の自由や議会制民主主義といったヒューマニスティックな人命尊重主義であって、神や理想のために命を投げ出すことではない。
 アメリカはともかく、日本において宗教はいつの間にか左翼の代用品になり、憲法9条を守ってて安倍政権や自民党に反対したりして、収入増でこみ上げてくる笑いをこらえて、東日本大震災でカメラの前でお祈りパーフォーマンスをするのが「立派な伝統宗教」になってしまった。まあ、仏教の場合は、ネパール人のシッダールタさんが「俺は神様だから、座禅すると天国に行けるよ」と発言した形跡がないのだから、何とでも誤魔化しようがあるかもしれないが。
 しかし、イスラム教は、大川隆法に金正恩さんや前田敦子さんが小保方晴子さんに降りてきたように、ムハンマドさんに神様さんが「アッタリマエじゃーないですかー」と語りかけてきたのである。神様さんが存在するならば、それに盲従するか、「インチキ霊言は破壊的カルトです」と否定するしかない(命の保証はないが)。
 そして、神様さんが民主主義や人命主義や人権を否定してたら、時代・国家を選ばず、否、宇宙の果てまでも、民主主義や人命主義や人権を否定しなければならない筈だ。そして、火星人もM78星人も、今回ののようにフランス人をぶっ殺すために自ら爆弾腹巻きに火をつけて、神様さんを否定する人間をドカーンと「キョンシー」「地雷ガマ」すれば、ウルトラセブンだって天国で72人の処女とセックスができるのである。(考えてみれば、全宇宙は神様さんが作ったとはいえ、宇宙人の殉死まで喋ってないか)
 イスラム国民は、他人を殺せても自爆はできないオウムのサマナのような腑抜け揃いではない。天国も72人の処女も信じているのである。マンジュシュリーミトラさんやミラレパさん以上の信と帰依の持ち主ばかりである。そして近い将来、日本にもそういう人がたくさんやってくる。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム