トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

冤罪のヒロイン菊地直子、冤罪のヒーロー小野悦男

 昨日は酒の飲み過ぎで早く寝た。そして、変な夢を見ては起き、変な夢を見ては起きの繰り返しだった。
 そして布団の中で起きている時に、非日常的世界から日常世界に戻る感覚に襲われた。この感覚はオウム関連の飲み会の帰りにいつも味わう。「ああ、明日から普通のサラリーマン生活に戻るんだな」って。

 夢の一つは強烈だった。この日記を書いている夢だ。それがいかにも私らしい。冤罪のヒロイン菊地直子ってネタで、小野悦男と三浦和義と菊地直子とを並べる。だけど小野と三浦との写真が見つからない。いかにも私が見そうな夢だ。
 でも、折角夢の中で思いついたのだから、やってみよう。

冤罪のヒーロー小野悦男さん 冤罪のヒロイン菊地直子さん 冤罪のヒーロー三浦和義さん

 実際問題、三浦和義の「無罪」判決のような感覚を多くの国民は持ったのではないか。マスコミの「無罪」空騒ぎをよそに、国民はシラケきる。
 もっとも、今回はマスコミが賛成派と否定派とで二分していた。
菊地直子被告の無罪判決に各局の意見分かれる NHKでは肯定的なコメント
http://news.livedoor.com/article/detail/10887450/
 かつてオウムバスターズと呼ばれた脱カルトっぽい人たちはこぞって無罪万歳を打ち出し、ワイドショー系は「無罪なんて信じられない」のイメージだった。判決とて、「無罪だけどあんたのしたことで沢山死んだんだぞ」と、法学部に行くと必ずやらされる行為無価値・結果無価値を思い出すような判決だった、
 そういえば、今回は高橋シズヱさんのコメントや河野義行さんのコメントは取らなかったのだろうか。こういうのは、ほどぼりが冷めてからなのだろうか。




 そのとおりなのだろうが、国民の大半は、1995年3月20日以降に繰り広げられるオウム真理教集中報道、その中心は有田芳生氏や江川紹子氏の言動で、こういう感覚を持つようになったのだ。無論「俺は言ってない」「私は言ってない」の世界になろうが、それは事実だ。
 あと、無罪万歳派も無罪ガチョーン派も、裁判員制度(裁判官制度?)を疑問に持つようになった。
 そもそも論として、左翼の人にとって裁判員制度は相当に腹立たしい制度になっている。本来は「国民が裁判に参加できる」、古臭い言い回しで言えば「ブルジョワ裁判に国民が参加できる」のだから、理念的には喜ばなければいけない筈である。ところが、人民大衆は裁判官よりも厳しい判決をバシバシと出す。「庶民の生の声」「市民の常識的判断」が反映する裁判員よりも、「国家権力の手先」「エリートの典型」である裁判官の判断の方が、アカくて都合が良かったのだ。この事実は相当に「見たくもない」「認めたくもない」事実だろう。

 夢の話に戻す。最後にこんな夢も見た。
 どっかのホテルのロビーで「楽しんできて下さい」と言われる。「◯◯ホテルの◯◯号室です」であると。そこに行くと女とセックスができるという話だ。女は別のホテルに待っている。途中で携帯を落として電池が飛び出すが大丈夫。場所に向かう。途中でその女からメッセ(ージ)が届く。しかし場所が見つからない。さっきのメッセの番号に電話をかけてみる。するとおっかなそうな男が出てきた。「あ?君がジュンくん?」 しろともどろで「あ、間違い電話です」と切る。
 これも俺らしい「夢」だ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7344:Re: 小野悦男といえば by sinzinrui on 2015/12/04 at 22:27:18

通行人様
なんというのか、いかにもやってそうな顔なんですよね。
そうなんですよ。
しかも、またやった。
おそらく、全部犯して殺したんでしょう。それが実に説得力がある。

7339:小野悦男といえば by 通行人 on 2015/12/01 at 00:28:19

無罪判決を受けたあとの笑顔か正視に耐えないほど醜悪だったのを思い出します。
なんとも酷い顔に生まれたものです。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム