トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ルペンさんにトランプさん、世界は右に右に向かっているのに、日本と来たらさあ

 おはようございます。
 朝日新聞のようなメディアや、「朝日新聞のような大人」に言わせれば、フランスやアメリカに比べれば、日本の民主主義はまだまだ遅れているらしい。
 その「民主主義のお手本」のフランスの州議会選挙で、「異変」が起きたことをご存じの方も多いでしょう。美人弁護士のルペンさん(マリーヌ・ル・ペンさん)が率いる「極右」政党・国民戦線が大躍進しました。
仏 テロ後の選挙で極右急伸の衝撃
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_1209.html
2662.jpg まず、「極右」「極右」って叫ぶの、何とかならないのでしょうか。
 現在の国民戦線は「極右」と呼ぶほどではありません。移民の受け入れは「制限」するだけで、国外追放も犯罪を犯した時だけ。イスラム教信者を全員弾圧するのではなく、過激派のモスクを閉鎖するだけ。当たり前ですよね、そんなの。ホモレズもOKに政策替えしたらしく、この程度でも極右なんでしょうか。
 実はこの国民戦線、ルペンさんのお父さんが設立した当時はそれなりに極右だったんですが、娘達に追放されて(ありゃまあ)、現在のリベラルな穏健組織になったみたいです。
仏極右政党、創設者ルペン氏を除名処分 現党首の娘と対立
http://jp.reuters.com/article/fn-idJPKCN0QQ0DD20150821
『[パリ 20日 ロイター] - フランス極右政党・国民戦線(FN)は20日、党執行委員会を開き、党創設者のジャンマリー・ルペン氏(87)を除名処分にすることを決めた。
ルペン氏は今年4月、ナチスのガス室は「歴史の詳細」に過ぎないと発言し、娘で現党首のマリーヌ・ルペン氏と対立。FNはこの問題が党勢拡大への妨げになると懸念を強めていた。』

 もっとも、この州議会選挙、今日13日に第二回の決選投票が行われ、三位に転落した社会党は二位の共和党と結託して、国民戦線が負けるらしいです。関西のどっかの都市みたいな話だな。
<仏州議会選>与党、反極右呼びかけ 13日に第2回投票
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20151212/Mainichi_20151213k0000m030040000c.html
『【パリ賀有勇】フランスで州(地域圏)議会選挙(比例代表2回投票制)の第2回投票が13日行われる。第1回投票では「反移民」を掲げる極右政党、国民戦線(FN)が本土13州のうち6州で首位となったが、オランド大統領(61)所属の社会党はライバル政党への投票を呼びかけてFNの第1党を阻止する構えで、FNのマリーヌ・ルペン党首(47)は10日、集会で「知的なテロリズムだ」と非難した。』

 一方アメリカからも、「トランプ」という名前が日本にも流れるようになってきました。
 トランプさんは現在、共和党のアメリカ大統領候補の人気第一位で、おそらく朝日新聞に言わせれば「極右」なのでしょう。
反イスラム 米で拡大 トランプ氏「入国禁止」 モスク標的に憎悪犯罪
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/212187
『過激派組織「イスラム国」に感化されたとみられる容疑者がカリフォルニア州で起こした銃乱射テロを受け、米社会で反イスラム感情が高まっている。大統領選の共和党指名争いで支持率首位の実業家トランプ氏は、イスラム教徒の全面入国禁止をオバマ政権に要求。モスク(イスラム教礼拝所)で、イスラム教が不浄と見なす豚の頭部が捨てられる事件も発生し、政府は危機感を強めている。
 「私たちは今、戦争状態にある。他に選択肢はない」。トランプ氏は8日、ABCテレビの番組で、前日発表した自身の声明の正当性を強調した。』

 こちらの方もイスラム教徒の全面禁止程度ですね。この国も、十数年前にド派手にテロを食らってイスラム教徒に無差別多量大虐殺されたのに大人しいもので、当たり前じゃないですか。

 それに比べて日本の優しいこと。一応二匹殺されてるのに、かつてテロで次々と人を殺した政党の操り人形の団体が「移民賛成」と叫んで繁華街を練り歩いてるんだから。安倍晋三さんは移民賛成らしいし、こんな中道左派連合が自由民主主義を堅持する国家と連帯して祖国を守ろうと主張しただけで、「戦争法案」「安倍政治を許さない」と日本共産党のような極左が大騒ぎして、それを大メディアが「若者の声」と持ち上げる。一方、橋下徹さんのような人には「ポピュリズム」と罵倒して、愚かな国民が騙されているかのような印象を与え、住民投票にまで増悪の念を燃やす。左翼デモは民主主義の開花で、橋下さんの住民投票はポピュリズム。だいたい、国民の声を聞くのが民主主義の原則。ポピュリズムの何が悪いのでしょうか。ルペンさんもそう言ってました。

 ところで、シャルリーエブドなんて下卑た雑誌が英雄になるような国ですから、きっとフランスではお下劣な週刊誌が「ルペンさんのスク水写真流出!」「ルペンさんの大学時代の大胆ビキニ、本紙が入手!」とか派手にやってるんでしょうかね。ルペンさんのパンチラとか。やるよな、普通は。あっちに2ちゃんねるがあったら、卒業アルバムからスキャンしまくりでしょう。
 そんな愚かなフランス国民、愚かな日本国民より一発ギャグのプレゼント。
 興奮しているるル・ペンさん。リック・フレアーにそっくり。

img20131023000345343.jpgricflair.jpg
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム