トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

私が選ぶ! オウム真理教10大ニュース

 考えてみれば、今年もそれなりに良かった一年だったと思う。何しろ記念すべきサリソ20周年。
 ただ前半の盛り上がりと後半の落ち込みとの差があまりにひどかったので、何か盛り下がったい1年に思えてしまうけれど、ね。
 そんなわけで、久しぶりに「私が選ぶオウム真理教10大ニュース」ってのをやってみた。ってのか、オウムねたで10大ニュースが組めるのも久しぶりではないだろうか。
 うん、10個を「選ぶ」ほど、いろいろあったんだから、悪い1年の筈がない。

10位 Aleph後継者問題でゴタゴタ
 最初のうちは、ロリホモのアッサージがリンポチェ猊下を後継者に立てるとかで、そしたら璽暉も鏡暉も「俺は関係無い」とか、テレビ東京を訴えるとかで、訳の分からなぬままF/OUTしてしまった。
 結局、何だったんだろうか。

9位 ますます開き直るAleph
 そうです。秘密主義は良くない。隠すのはSEALDsにまかせておけば良い。好きなものは好きとはっきり言うべきです。祭壇に尊師を飾るのは当たり前すぎる当然の話。来年はヴァジラヤーナを復活させましょう。そうこなくっちゃ。

8位 さかはらあつし、何故か痛いキャラに
 何ででしょうね。しかし、いつの間にか「痛いキャラ」が定着してしまった(でしょ?)。思うに、作ろうとしてる映画のテーマががモリタツの二番煎じってところが、痛さのはじまりなのではないだろうか。

7位 プンナまりあちゃん、オウマーだった
 犯罪者マニアの彼女、いやー、不細工でしたねー。ブスブスどブス、超ブス。男にしか見えないもんね。
 最初は犯行の「斧」が受けて、日本のラスコリニコフとして良いキャラしてたけど、他にもやってて、使ったのがタリウム。これで評判下げました。「こいつ、簡単に人の影響受ける馬鹿女だったんだな」って。まずいよ、女子高生の真似しちゃ。

6位 NHKしるねこ事件。そしてアメブロ軍団が下火に
 思わぬところから火が吹き出しました。
 さーとしーはTwitterでけちょんけちょんに言われてるのに大喜びしてたけど、しるねこ氏は落ち込んでしまい、気がついたらベビーフェイスに転向。しかも、何故か沢木晃を避ける謎の行動。そしてさーとしーも仕事が忙しいのか嫁がうるさいのか「活動」がお留守になり、そうなれば、さーとしーのチンポ目当ての女の子達も一線から消えてしまう。そして裁判も終わったので傍聴記も更新されず、一世を風靡したアメブロ軍団も崩壊状態。
 しかし、それが引き金になって、オウム真理教業界未曾有の大恐慌が起きるとは。

5位 オブツ真理教豪快にコケる
 何かヴァジラティクシュナー正悟師がノリノリで始めたけど、結局ちっともオブツじゃないし、更に人気者のアーチャリーの敵に回った、というのか、完全にアーチャリーに食われてしまった感じだろうか。
 そもそも、オブツ真理教は、VT正悟師が例のなんちゃってJK-有名人だから何かニックネームをつけないと。犬神ちゃんがいいか-犬神ちゃんで味をしめた正悟師が性誤師となり、犯罪マニアのJKを狙い自分の性欲を充たそうとしたという安易な発想だから、そりゃコケるわな。

4位 地下鉄サリン事件20周年で相次ぐ便乗企画
 待望の20周年だけど、終わってみれば高橋克也でスマンガラの裁判の方が受けをとっていた印象だ。新実嫁とか面白いネタもあったが、自分が一番笑えたのが、ウッタマー再現フィルムで尊師が信者に触れるシーンで、Twitter見てたら誰かが「塩対応」だって。あと、のりPデブリ過ぎ。脂肪の塊じゃん。

3位 スマンガラ裁判で往年のスーパースター達が続々登場。
 こんなに裁判系の傍聴記を読んで楽しかった事はありません。「ホッホッぴゅっ」。さすがミラレパ正大師。まるでオナニーである。井上嘉浩が悪役に徹し嫌われまくり、一方林泰男さんの好感度急上昇。林郁夫の嘘泣きも炸裂し、20年前にタイムスリップさせてしまってスマンガラ。

2位 菊地直子さん、二審無罪。
 これ、1位に来ると思ったでしょ?

 何が驚いたかって、このネタ、ネット上では2日しかもたないんだよ。無罪判決よりもぱよぱよちーん関連の方が遥かに盛り上がってる。
 おいおい、ぱよぱよもいいけど、俺の感覚では、菊地直子無罪ってのは、加藤智大無罪って感覚に近いんだぜ。長きにわたって日本を震撼させた「殺人マシーン」と並ぶ「走る爆弾娘」なんだぞ。F-SECUREや新潟日報の管理職レベルと違うんだぞ。町会議員と総理大臣候補くらい違うんだぞ。ったく今時のガキどもは、菊地直子様を何だと思ってるのだ。失礼だとは思わないのか。もっと驚いてやれよ。

 そうだ、逃亡しよう
 そうだ、結婚しよう

 こう書きゃいいのか?
 まあ、確かに「セブン告白」の特に比べれば、ネタ的に盛り上がりにくいのは事実だ。しかし、仮にも走る爆弾娘の菊地直子様なのだ。ぱよぱよ、少しは休めよ。菊地直子のネタを書かなかった人のリストを作ってスプレッドシートで公開するぞ。

 さあ、菊地直子さんを押さえて、晴れの第一位は?
 もちろん、この人です。

第一位 アーチャリー正大師(松本麗華さん)、顔出しで「止まった時計」出版! SNSに登場! サービス精神あふれる「神対応」で大人気

muzyo.jpg acyari.jpg

 3月20日を狙って「止まった時計」を出版。かなり不謹慎と思いきや、精力的にメディアに登場するだけでなく、「ファンの集い」にも積極的に参加。サインだけでなく、ツーショットもOKの柏木由紀も真っ青の神対応。
 のりPとの姉妹喧嘩もあっさり完勝。というのか、完全に父親の死刑廃止のために開き直っているのである。及び腰の「サティアンなんちゃら」では勝てるはずがない。
 さまざまな媒体で「本に書いてあることは嘘だらけ」といくら批判されても、知ったことではない。死刑回避のためならば、握手会だって女だらけの水泳大会にだって出るつもりなのだ。自らが広告塔になる覚悟なのだ。気合か違うのだ。
 そうでなくても、オウマー系は「ナマモノ」に弱い。ましてや相手は天下のアーチャリー正大師なのだ。上祐なんかよりも格上なのだ。麻原尊師の後継者だった人なのだ。

 今聞くと、どこか吉田拓郎風の字余りソング。
 しかし、映像がひどすぎる。ちゃんと本人の写真を使えばいいじゃん。
無常/ウマー・パールヴァティー・アーチャリー正大師(松本麗華さん)
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

お知らせ(このブログとは直接関係ありません)

私が運用しておりますオウム真理教関係の各サイトにつきまして、以上のように変更します。
①「VAJRAYANA真理の探究」TOPページは2017年9月末にて終了(コンテンツは消しません)。
 10月1日より、オウム真理教だけではなく各種思想団体を総花的に扱う 「オウマーの世界( http://sinzinrui.hippy.jp/wphp/ )」をご利用下さい。
②10月1日より、「主要オウム真理教関係へのリンク集」はso-netから http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/(現在の「VAJRAYANA真理の探究」TOPページに移行します。
③以上詳細はこちらを御覧ください

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
9位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム