トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

SEALDsやママの会にこそ読んでもらいたい「戦後日本共産党と暴力・犯罪・殺人」

(同日誤字等微修正)
 おはよ。
 まああれだ。国立大学で国旗を掲揚し君が代を歌うのが学問への介入ならば、少子高齢化が叫ばれる今、 大阪市立の中学の全校集会で校長先生が「女性にとって最も大切なことは子どもを2人以上産むこと」と主張するのを問題視し、罷免にまで追い込まれるのだって左翼権力による学問への介入である。まったく、いったいどこに「国旗を掲揚して国歌を歌い愛国心を高揚させる」ことが問題になる国があるのだろうか。

 それと同じで、オウム真理教が過去のサリンを事件を「弟子たちの暴走」なんて言おうものならば、間違いなくデムパ扱いされるのに、日本共産党がかつてコミンフォルムの司令で平和革命を放棄し暴力革命に転じ、印藤勝郎さんを集団撲殺し白鳥一雄さんを射殺し(有名な練馬事件・白鳥事件)、佐野喜盛さんのご自宅を強盗目的で襲撃し3人の幼い子どもを竹槍で突き刺したり、数々のテロ行為を行ったのを、しかも昔は「極左冒険主義」と認めていたのに、「わーたーしーはーやってない、潔白だー。わーたーしーはーやってない、潔白だー。」と知らん顔しているのを、どうして誰もデムパ扱いしないのか。
 そうでなければ、「事件」後の国政選挙で、どうして衆参の議席が0になったのか。

6bfb866a.jpgaab956d4.jpg

c9f734a2.jpg

43a919a2.jpg 人を殺しておいて、オウムでさえ「米軍が撒いた」と隠したのに、日本共産党は「天誅下る」と得意気に犯行を自慢しているのである。それどころか、何ら罪もない白鳥さんを「自由の敵」と誹謗し殺人予告まで行っている。いったいオウム真理教が「坂本堤に天誅下る」なんて言っただろうか。
 その他、暴力革命の予行演習であったことが判明している血のメーデーによる殺人等、日本共産党がポアとフォースの限りをつくしたのは全くの歴史的事実である。面倒なので、下記のサイトから丸写しします。これらは、一億歩譲っても、国際派と所感派に分裂していた日本共産党による犯行です。
日本共産党の正体
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-222215-ch.php
●昭和26年10月16日(火)第五回全国協議会で新綱領採択。
●昭和26年12月26日(水)練馬署旭町駐在所勤務伊(印)藤巡査(当時32歳)殺害事件。
●昭和26年12月末~昭和27年1月27日(火)小河内山村工作隊事件
●昭和27年1月21日(月)白鳥事件
●昭和27年1月24日(木)韓、日本の固有領土である竹島への侵略
●昭和27年2月3日(日)長野県南佐久郡田口村で、無灯火自転車に乗った日共の一団が5人の警官に暴行を加えピストルを強奪。
●昭和27年2月20日(水)東大ポポロ事件
●昭和27年2月21日(木)蒲田署警官襲撃事件
●昭和27年2月23日(土)京都税務署を日本共産党員が襲撃。
●昭和27年2月28日(土)荒川署を日本共産党員が襲撃。
●昭和27年3月16日(月)鶴見、川崎税務署火炎瓶襲撃事件。
●昭和27年3月20日(木)京都の派出所を日本共産党員が襲撃。
●昭和27年3月28日(金)一連の日本共産党が引き起こした暴力革命闘争に対応するため「破壊活動防止法」案の綱領を発表。

Tokyo_Asahi_Shimbun_newspaper_clipping_(7_October_1932_issue).jpg そうです。破壊活動防止法(破防法)ができた原因は、日本共産党による相次ぐテロ事件です。もちろん、創立以来自主独立・ソ連や中国と戦ってきたなんて、文字通り「真っ赤な」嘘。それどころか、前述の白鳥さん射殺事件の犯人を含め中国に脱出。かくまってもらっているのです。
 これらは、有名な宮本顕治リンチ殺人事件や銀行強盗tのように戦前に起きたのではありません。戦後に起きた事件です。

 なのに、下記のような認識で、日本共産党が他の政党と同じ「普通の政党」と同じかのように思っている新聞記者や大学教授や弁護士が世の中にはあまたいるのです。否、中にはすべてを知っていながら、「どうせ国民なんぞ騙せる」と思いあがり、確信犯的に「真理のための嘘」をつき続ける姑息な人間がたくさんいるのです。
 実は、その思い上がった心こそが、数々の殺人事件を引き起こしたのですが。
公の政党が公安調査庁対象になる『異状』
http://economic.jp/?p=60177
 最後に。日本共産党は、選挙立候補部隊や専従職員以外、国民に一切「誰が共産党員で何をやっているのか」を教えません。合法・非合法を使い分けている地下組織です。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム