トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

レーニン、ちらり。 (マルクスとレーニンととは違うことを言っている(後編))

(同日誤字等大幅修正、実は今日も仕事があって慌てて書いたせいかボロボロでした。ごめんなさい。)
 おはよ。ほなみちゃん、読んでる?
 そんなわけで、昨日の続きです。キョウサナーの人、退屈でごめんなさい。
 昨日の日記、尻切れトンボになったので、復習してみます。
hoonamhai.jpg 1.マルクスの弁証法的唯物論によれば、世界は二次関数みたいに徐々に発展するものではなく、原始社会がうまくいかなくてドカーンと暴動が起きて奴隷制に改革されて、当初はうまくいくけどそのうち奴隷制も立ちゆかなくなってドカーンと改革が起きて封建制に、それもうまくいかなくてドカーンと資本主義…みたいに、どっかでドカーンと変革して進歩していく。そして資本主義もうまくいかなくなって、いわば労働者が放っておいても立ち上がらざるをえない状態になりドカーンと革命が起きて社会主義になるという。
 2.ところか、レーニンが革命を決行し世界初の共産主義国家が成立したロシアは、資本主義が発達してない後進国だった。それならば、そこで起きた革命はマルクスの想定してなかった革命であり、マルクス主義的に言えば「(労働者が立ち上がらざるをなくなる)歴史的必然性」がない革命であり、少数の「意識高い人」が嘘ついて騙して政権を乗っ取っちゃう革命である。実際に、理論家レーニンはそれを前提にして論理を構築している。
 3.そして、70年台から日本共産党の論理的支柱だった不破哲三・上田耕一郎は、現行共産国家が民主主義言論自由否定で虐殺戦争大好き国家であることだけではなく、マルクスとレーニンとは別物であることを明らかに知っていたが、露骨に「ソ連は社会主義国家じゃない」と言わない一方、時には「マルクスは(日本みたいに)資本主義が発達した国で革命が起きることを想定してたんですよ」みたいに言って、その場その場で「マルクス」と「レーニン」と「今ある共産国家」との矛盾をつじつま合わせしてた。

 と、理屈っぽい文章がズラーっと並ぶのは好きくないので、ほなみちゃん画像を貼ってみました。みんなで抜いてください。
 ある意味、日本共産党にとって現行共産党主義国家が良いとこなしで基地外なのは悩みの種であり、それを理論付けてしまうレーニンも、公式には言わないけど、間違いなく内部的には悩みの種だった筈です。
9331cacd91b51e59708c1b4ae1888b01.jpg マルクスは「果報は寝て待て」に近いのに、レーニンは. 職業的革命家による前衛党組織が無理やり革命を起こすんだと言っちゃってます。問題の「暴力革命」だって、マルクスは「ドカーンと変わるから暴力革命っぽいけど、民主主義が発達してれば議会制民主主義で変わることもあるかもよ」と取れなくもないけど、レーニンは「議会があってもあんなのブルジョワジーのお喋り小屋。利用するけど政権奪取は暴力革命・テロしかねーよ」とズバリ。「プロレタリア独裁」も、マルクスの言ってることは(怪しいけど)誤魔化しが効くが、レーニンはモロに「どんな法律によっても、絶対にどんな規則によっても束縛されない、直接暴力で自ら保持する無制限の権力」って言っちゃてるのです。独裁の訳語を執権に変えても誤魔化しようがない。
 そうなれば、国民は当然「共産主義は暴力革命で反対政党を認めない。だってレーニンのこの本にモロこう書いてあるじゃん」となる。
 実際問題、不破共産党時代の本を読むと、あんまりレーニンに触れたがらない気がするんですね。「社会主義はこれこれで言論の自由を守るんです。例えばマルクスは...」って都合のいいところだけを引いてくるんだけど、レーニンはチラッとしかふれない。ある時期から日本共産党は、共産主義は独裁でも暴力革命でもないと言うために、レニチラをやってたんじゃないでしょうか。チラリとは見せるけど、初期のAKBみたいに気前よくパンツじゃなかったレーニンは見せない。かと言って、ズボンははかない。ふとももは丸クスじゃなかった丸出しにしている。
 とにかく、レーニンはバレバレなのである。そして、それは間違いなく日本共産党にとって悩みの種だった筈だ。暴力革命で政権奪取して、議会制民主主義と言論の自由をを否定して自国民を手当たり次第殺す「今ある」共産主義国家こそが共産主義そのものであるとバレてしまうのだから。
 日本共産党は小出しに譲歩しながら、共産国家の実態がバレると「我が党は一貫してこう主張してきた」と誤魔化してきた。しかし今だって中国と「国交」回復した以上、ある時は「一貫して戦ってきた」ある時は「社会福祉に成果があった」と使い分けていくだろう。党員必読の独習文献から独裁と暴力革命がウリの「国家と革命」は消えたが、帝国主義論は残っている(http://www.jcp.or.jp/jcp/Dokusyu/)。
 そして、今でも日本共産党は、選挙出馬組は表に出すが、職場では合法非合法を使い分け、組織の大半を地下組織にして、国民に正体を隠すように指導している。地下に潜り職場に浸透し、正体を暴く危険人物に対しては匿名性を悪用しデマをばらまく等、正体暴きには実に敏感だ。
 結局、レニチラをやめられないのが日本共産党である。おそらく、解党の日までそうだろう。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7657:Re: タイトルなし by sinzinrui on 2016/05/08 at 17:27:03

> 私の立場であなたに聞くのも変ですが、麻原の予言
> 「なんとかな時、なんとかな人が日本を核戦争にまで導くだろう」

これに似たようなのは散々聞いてますけど、「導くだろう」の語尾はピンときません。
ワイルドカードが多すぎて、調べられません。ごめんなさい。

中曽根さん風に言えば、アメリカにとっての不沈空母なんじゃないでしょうか。
地震くらいでは、米軍の施設はびくともしないし、そもそも、それくらい最初から想定してるんじゃないでしょうか。

何だかんだ言って、アメリカの軍事力に頼ってるのが日本の現状ではないでしょうか。

7656: by キャンディ on 2016/05/07 at 12:24:09

私の立場であなたに聞くのも変ですが、麻原の予言
「なんとかな時、なんとかな人が日本を核戦争にまで導くだろう」

って言ったと思うんだけど、覚えてます?なんて言ったか?
ある人たちは、アメリカが日本に軍事基地を持っているのは、アジアににらみを利かすため、という見解だそうですが、てか、たぶんそうなんだろうけど、しょっちゅう地震がくる国に軍事拠点を持って、得だろうか、とか思う私です。日本人の中には張り切って自衛隊強化したいと思う人もいるようですが、日本に地震ばかりきたら、それも空しくならないかと

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム