トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

コンピュータと戦った男・李世ドル九段、棋士会を脱退。退職金積立制度に不満か。

 おはよ。
 何だこれ? って思ったけど。
囲碁AI対決の韓国の李九段、棋士会と賞金めぐり対立 脱会届提出、訴訟も辞さない構え/産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/160519/wor1605190055-n1.html
『3月に米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャーの囲碁ソフト「アルファ碁」と対局し、注目を集めた韓国人プロ棋士、李世●(イ・セドル)九段(33)が19日までに、賞金の使い道などを巡って所属する韓国プロ棋士会の運営への不満を示し、脱会届を提出した。
 アルファ碁との対局後、人気商品「辛ラーメン」のテレビコマーシャルに起用されるなど人気絶頂のさなかの脱会騒ぎで、驚きが広がっている。
…賞金の一部が会員の福祉基金として積み立てられる決まりなどに、不満を募らせているもようだ。』

 良く分からないけど、韓国棋院の中に選手会があるけど、「棋院=選手会」くらいに強い縛りがあるってことだろうか。
 こっちがわかりやすい。
囲碁:李世ドル九段、プロ棋士会を突然脱退/朝鮮日報
『世界トップクラスの囲碁棋士、李世ドル(イ・セドル)九段(33)が韓国棋院のプロ棋士会を脱退した。李世ドル九段は17日、ソウル市内の63スクエアで行われた韓国囲碁リーグ開幕式でプロ棋士会のヤン・ゴン会長に会い、あらかじめ用意してきた脱退届けを直接手渡したことが分かった。李世ドル九段の実兄で、マネージャー役をしてきた李相勲(イ・サンフン)九段(41)も一緒に脱退届けを提出した。
 李兄弟は棋士会を脱退しても棋士生活はこれまでと変わらず可能だと考えている。2人は脱退の理由について「親睦団体に過ぎないプロ棋士会が不合理な条項で棋士を束縛する慣行から抜け出そうというもの。韓国棋院のメンバーとしての棋士までやめるという話ではない」と述べた。しかし、棋士会に属さずに韓国棋院所属で活動できた棋士はこれまで1人もいなかったことから、2人の構想は韓国棋院との衝突につながる可能性が非常に高い。』

 「これまで1人もいない」ということは、今まで韓国棋院の親睦団体に過ぎない筈の選手会に納得できず、脱退した人は他にもいたが、何故か韓国棋界から全員抹殺されたということか。
『李世ドル九段側が棋士会の規定の中から挙げた問題のある条項は▲棋士会脱退時、韓国棋院主催の棋戦には一切参加できない ▲棋士たちの収入から3-5%の積立金を一律に控除する、の2点だ。積立金については、退職時に慰労金の上限が4000万ウォン(約370万円)に決められており、高所得の棋士にとっては特に不満の種となっていた。』
 なーるほど、「選手会脱会=追放」の規約があるんですね。しかし、2番めの「賞金の一律控除積立による退職金」は、日本だとむしろ逆に、「”累進課税”にしろ」って言い出しそうな気がします。
 しかし、将棋と囲碁はお隣同士なのに、囲碁は良う分からん。将棋は昔やってたんで多少分かるけど。
 昔、今は亡き週刊将棋に「将棋は勝負事、囲碁は芸事」って書いてあって納得したけど、三国人の皆様、そう考えてないっぽいし。いずれにせよ、この業界、定期的に揉め事起こして楽しいよね。その原因、選手が経営の実権を握ってるからじゃないでしょうか。学校経営で先生方が「自治」を主張して経営権まで動かしてるみたいな感じ。うまくいかないんだよね、それ。ヲタが経営するわけでしょ? 先生もプロ棋士もヲタ。キモヲタもいいところ。いや、小学校に入る前から囲碁やってるんだから、キモヲタも真っ青。昔、そういうので日本棋院で部外者の追放劇があったよね。

 そんなわけで(ってどんなわけだ?)、将棋界は明日より、SPEC制限されたコンピュータさんに、またしても寺内樺風叡王が胸を借りるわけです。寺内叡王、じゃなかった山崎隆之叡王、矢内さんは諦めても、せめて1日目まではあきらめないでください。
 じゃ、また。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム