トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

小学校通学路にロリコンと日本共産党を近づけるな! 小学生を狙い「お父さんお母さんが戦争で死ぬ」「爆弾が落ちる」と脅し「戦争」法反対署名を強制

 こんなのが、もうすぐ大量に議席を得る可能性が大なんだけど、ネトウヨの皆さん、「ミンスが減った」で喜んでて良いの?
 もうご存じの方が多いでしょうが、あえて書きます。
「親が死ぬ」「爆弾落ちる」 共産党運動員が小学生に安保法反対署名要求/産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/160610/lif1606100001-n1.html
『東京都足立区で昨年6月、路上で署名活動をしていた共産党の運動員が帰宅途中だった複数の児童に、「お父さんやお母さんが戦争で死んだら困るでしょ」「爆弾が落ちてきたら嫌でしょ」などと話しかけ、安全保障関連法案への反対署名を求めていたことが9日、分かった。同区の共産区議団側は「行き過ぎだった」と非を認め、保護者に謝罪した。』
性的いたずらより恐ろしい。日本共産党が小学生を狙う「政治的いたずら」
 笑い事でなく、変質者の性的いたずらよりも、判断能力が劣った小学生を脅して言いなりにする日本共産党の政治的いたずらの方がよっぽど危険である。「気をつけよう 赤い言葉の通学路」。笑い事でなく、「パパとママが心配ならば、パンツの中に手を入れさせてくれ」ってロリコンと、「パパやママが殺されるんだから署名しろ」って小学生を脅す日本共産党と、どっちが残忍非道だろうか。
『児童は主に1、2年生で、署名に応じた児童もいたが、「(戦争になれば)お父さんやお母さんが死ぬ」と言われ、帰宅後に恐怖で泣いていた児童もいたという。保護者から相談を受けた学校側は教員を現場に向かわせ、駆けつけた保護者とともに抗議したところ、運動員は謝罪し、署名活動を取りやめた。』
 これが人間のやることだろうか。相手は小学生1・2年生である。笑い事でなく、全国の小が高中学校の通学路に、日本共産党や共産党系の市民運動を立ち入り禁止にすべきである。それができないならば、かわいい我が子のためにPTAが交代交代で通学路を監視し、日本共産党が近づけないようにするしか手段はない。
 日本共産党は、何一つ良心を咎めもせずに、小学生の下腹部にいたずらするのである。当然のことながら、JCにもJKにもみだらな行為を行なうに決まっている。そして今日も多くの学校で犠牲者が。
中高生1万人憲法アンケート 「18歳選挙 行く」7割近く 「9条役立つ」7割超 高校授業料「無償化復活を」5割/しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-04-28/2016042801_04_1.html
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 政治的いたずら
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム