トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ファシズムは共産主義の無能につけ込む

 おはようございます。
 御存知の通り、大新聞もテレビ・ラジオも、都知事選報道で泡沫候補の演説をちょびっと紹介する際にも、山口敏夫や元◯◯市長を報道し、「裏の最大注目点」だった桜井誠さんの演説を流すことがなかった。
 しかし、桜井誠氏はコツコツと演説を重ね11万票を獲得、とりあえず存在感を示した形になった。1.7%の得票率はヒトラーおじさんの初選挙より高かったらしいというのを見たが、そんな事を書いてファンを喜ばせて何が嬉しいんだろうか。
 そして、今までさんざん無視してたくせに、11万票を知ると馬鹿みたいに大騒ぎをする。じゃあ最初から産経新聞みたいに報道しろよ。批判してもいいから、やればいいじゃん。昔のヘイト時代の演説を引用して。
都知事選で在特会前代表が11万票/ニュースソクラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-00010001-socra-pol
 そういえば、桜井誠さんが新宿で演説している際に、日本共産党が妨害のためだけに選挙カーを繰り出して桜井さんの演説を騒音で聞こえなくしたのは皆さんも御存知だろう。というのか、40歳代以下の有権者でこの事実を知らない人は皆無に近いと思われるが、こういうことが新聞にのらない(そのくせ幸福実現党のチンケな買収は報道する)のはどうなんだろうか。結局、「マスコミは反日左翼の味方」「桜井さんを守ろう」の声が強くなり、6桁超えの後押しをしただけだったのではないのか。今の時代、新聞に載ってないことが話題の中心になるくらい普通に起きるのだ。高校生だって「カイヨー」を知ってる(完全に流行語)のが、今という時代なのだ。
ojisan_20160805063847cc2.jpg ドイツでも共産党に対する国民の嫌悪(資本家の嫌悪ではない)が、左右の全体主義に分裂したワイマールドイツをヒトラーおじさんを優位に導いたらしい(調べてない、いい加減)。まあ、ドイツの共産党が「若者よ、ヒトラーに騙されるな、ぷびゃあ!」とやったかは知らないが、少なくとも日本では、日本共産党の「応援」で橋下徹さんが「総理大臣候補」と呼ばれるまでになったように、保守勢力は左翼のバカっぷりにつけ込んで「みなさん、あんなのを当選させて良いのか」とやるのである。
 いくら桜井誠さんを批判しようが、日本共産党と友好関係を保つ以上、「ヒトラーおじさんが裸足で逃げ出す人類史上最悪の大量虐殺集団・共産党」と組んだことは間違いない。今まで存在した共産党政権が「始祖」のレーニンから政権を批判する国民の大虐殺・議会制民主主義と言論の自由の否定して、多くの国が侵略戦争肯定であった以上、日本のだけは違うという主張はあまりに無理がある。
 そもそも、連中の痴能だもの、どうせ飽きもせずにマルチン・ニーメラーが登板するだろう(笑)。
 今、自国中心主義は完全に世界的流れになっている。時代はヘイト、JKが桜井誠さんストラップをスマホにつけても何らおかしくない時代なのだ。なのに、ニーメラーの「登板過多」以上に、「ドイツではヒトラーの主張は厳しく法律で禁じられている」を何十年と登板させ続けて、ピシっと音が鳴ったのが左翼の痴性ではないのか。さよう、今や日本国民の多くが「ドイツの方がヘイト先進国」であることを知っているのである。
 桜井誠さんのファンには申し訳ないが、センスプ砲一発で沈むのが今の「実力」だろう。桜井さんはかなり無理をして「作って」「演じて」いる気がする。ヒトラーおじさんのようには、残念ながらなれないだろう。
 しかし、「ニーメラーがー」「ドイツがー」のドイツ万能説で批判しても、何も効き目があるまい。むしろ大真面目にテレビの公開討論会に誘って、「在日朝鮮人の二本足歩行を禁止するとかえって酸素の消費量は増える」「ゴキブリ・ウジムシに過ぎない糞チョンコの女をレイプしたいのか」と正直に問うていった方がいいのではないのか。
 と、出勤時間なので、中途半端に鳴ってしまったがこれまで。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム