トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

最後のチャンス! 今こそ共産党は共産主義を放棄し、党名変更か解散し民進党へ合流を

 タイトルが言いたいことの全てである。
 おそらく、「日本共産党が良い時代」は今が最後ではないだろか。カイヨーバージン事件が象徴的であるが、それがなくても、共産党が「若い候補者」「若い活動家」をアピールしても、若者の党でないことは明白になってくるだろう。簡単にいえば、今が「天井」であって、今後下げ相場が予想されるのだから、今が「売り」の絶好のチャンスなのである。
 今後、「若返り」「老人追放路線」で獲得した得票を失い、カウントダウンが始まることは火を見るより明らかである。そして、この党に期待してくれた若い世代の期待に答えるならば、日本共産党はマルクス主義を放棄し、共産主義国家は民主主義と対立しているものとみなし、西欧やアメリカを中心に自由主義諸国との連帯を当然とし、自由経済を根幹に緩やかな社会主義を目指す政党に変更して、独自の道を歩むか民進党に合流すべきである。
 そして、そのチャンスは、背丈以上の議席数を持っている「今」しかない。
 米軍追放運動・反原発運動・憲法9条擁護運動。どれも有権者の切実な願いから生まれたものではない。特に米軍基地反対は、何しろ「日米安保がも永遠ではない」「自前の核兵器も検討を」という声が出ている時代に、逆に自ら米軍は出て行け、日米安保条約を破棄せよというのである。こんな「願い」を持ってる国民なんて、反米活動家以外に極く小数である。また、北朝鮮がポンポンとミサイルを日本近くに打ち込んできて、「遺憾である」を繰り返すだけの「安倍左翼政権」の批判が高まる中、9条守れの運動がどこまで「安倍批判」足りうるのか。憲法9条解釈の学界圧倒的多数は「非武装」であり、だいたいそれ以外にどう解釈できるのだろうか。
 何よりも、それなりに反応があったブラック企業にしろ、完全にずっこけた奨学金問題にしろ、共産党幹部のおじいちゃんおばあちゃんが勝手に作った「官製」の課題を押し頂いてるだけである。嫌韓運動やマスコミ批判のように、下から自発的に湧き上がった市民運動ではない。今、カルデロンうらら、じゃなかったNHKキーボード貧困捏造疑惑で「共産党が高校生貧困問題を煽るつもりだったのではないのか」と噂になっている。正直「ああ、なるほど。そういうことだったのか」と思っている人が多数だろう。
 いつ使い捨てられて一生を台無しにされるか分らないのに、「上」(それは共産党員幹部に限らず、多くの学者や弁護士や新聞記者等の文化人)からのお題に応えて座布団を競いあうだけの市民運動に将来を感じるだろうか。
 そして、何回「若作り」をしても長続きせず、一時しのぎで終わってしまうのか。それは、日本共産党が科学的社会主義(共産主義)の政党だからである。共産主義の政党だからアメリカと対立し日弁軍事同盟破棄を狙い、共産主義の政党だから民主はなくても集中だけがある上意下達のシステムでエリートだけが得をして若い世代は骨の髄までしゃぶり尽くされ、共産主義の政党だから軍事費を人殺しの予算と呼び、共産主義の政党だから...
 「自分さえよければそれで良い。自分は自分の思い出に慕って棺桶に入りたい」のならばそれで良い。しかし、残された人たちのことも考えたらどうだろうか。
 間違いなく、日本共産党に未来なんか絶対にない。否、世界中の共産党は遅かれ早かれこのの地球から間違いなく消滅する。絶対に実現しないことが確定している理想を抱いて、今後も多くの人に害悪を撒き散らし続けて良いのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
7833:無理でしょう(笑) by 政界ウォッチャー三十年@閉鎖病棟入院中 on 2016/08/28 at 06:48:15 (コメント編集)

カルト政党は、頑固ですから、まあ信濃町のカルトさんと同じようなもの、手段と目的がズレまくり、民進党(偽)も選挙互助会ですから、いくら日本共産党さんでも、とりつくのが、関の山ジジババの集団は、手におえません、せっかく作った、中央委員会本部ビルも、抵当かも(笑)
最近、土地の切り売りですがもう売れる土地ないのでは?
民進党(偽)も、内紛ばかり以前書きましたが、細川連立政権の瓦解と離合集散が、またかもしれません。
信濃町は城下町、千駄ヶ谷は要塞ですから、ただどちらも、代替わりがそろそろ、某名誉会長様は生死不明、上田上皇も歳ですから、千駄ヶ谷さんは綱領という、お経を唱え、信濃町さんは、毎日念仏、民進党(偽)は、選挙互助会、またかですが、変な党が山のようにできるのではないかと、千駄ヶ谷さん、あんなに立派なビル建てて、維持費大変でしょう。
まあ、私は正しい、なぜなら正しいから、もう手遅れでしょうね(笑)

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム