トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

終わりを告げるインターネット、終わり続ける新聞・テレビ

 最近、インターネットに疲れている。
 下からさしこ状態「ブロガーの君は常にキョロキョロ、更新のネタを探してるの? 」状態が嫌になってくることがある。
 もはやネット論壇は「マスコミ左翼vs常識保守」というよりは、左右の先鋭的な人同士が殺し合ってるような雰囲気である。なんというのか、現実の世界とかけ離れている気がするのだ。
 蓮舫二重国籍だってしかり。だって、「蓮舫」なんて名前がまっとうな日本人のわけないし、あんなの、最初から国籍が怪しげに決まってるし、それを知っててみんな投票しているのである。そして、新しい民進党の顔を考えれば、未来を感じる候補は彼女しかおらず、民進党の支持者は彼女を選ぶに決まっていた。しかし、蓮舫がテレビの前で国民をあざ笑い「私は高校時代に日本人を選んだ」と宣言したため傷を深くしたのであって、別にネトウヨの勝利で彼女を追い込んだのでも、パヨクの援護射撃で当選したわけでもない。
 例の貧困女子高生問題だって、どう考えてもキーボード演出は怪しいし、ヤラセと言われても仕方がないだろう。ああいう演出を平気で行い「こんなに貧困だ」と非常識な番組を作ったNHKは批判されて然るべきである。しかし今度は「彼女のランチが高い」vs「クララはブスブスうざい」という本質と離れたところに話が展開し、結局NHKのいかがわしい報道姿勢はウヤムヤになってしまった。
 そしてその空疎な騒ぎが、何故かリアルの世界まで動かし、一般紙が二重国籍問題を熱く語ったり、どっかのネットジャーナルが誤報だヤラセだと、ついに編集長の更迭まで行ってしまった。
貧困高校生 ネットメディア誤報 影響力自覚した取材とチェック態勢を/毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160919/ddm/004/040/006000c
 NHK問題の本質はあの怪しげな演出や、高校生を左翼運動の鉄砲玉として使ったことであり、本来批判の中心は戸田有紀という人だろう。一方、蓮舫の問題は最初に国民をあざ笑い「高校で国籍抜いた」と言ってしまったことだろう。そういう意味では、ネット論壇とマスコミ論壇とが同じになってきたのではないのか。ネットの悪い部分をマスコミが拡大していてはいけない。

  『〈インターネット〉の次に来るもの』なんて本が売れているくらいだから、やっぱりインターネットは何だかの曲がり角に来ているのだろう。かといって、インターネット住民が新聞論壇やテレビ論壇に戻ってくるとは思えない。民進党や共産党のように、何も変わっていないからだ。
 相も変わらずホモやレズやオカマをLGBTと叫んで、ホモ・レズが自殺しようものならば、「何という悲劇だ」「どうして日本は遅れているのだ」とばかり嘆き悲しむ。反米軍闘争や集団的自衛権に疑問を呈し、非武装を意味する憲法9条を擁護し、ネット住民の言葉尻をとらえて「ヘイトスピーチ発見!」と馬鹿みたいに騒ぎ立てる。こんな意見が国民の主流になるはずなど絶対にない。
 今の日本、何も指標のない時代である。かろうじてあるならば、自公政権・安倍晋三総理大臣の制政策くらいである。それくらいしか「確かな」ものがない。無論自民党や公明党は神様じゃないのだから、問題はたくさんあろう。しかし、民進党左派や共産党はもっと悪いことだけは分かっているのだ。
 今の日本に論壇は存在しないのだ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム