トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

民主主義2.0

 核兵器や原発や温暖化が人類最大の驚異なんて嘘に決まってる。
 自由と民主主義が、今まさに人類を滅ぼそうとしている。

 ドイツのヒトラーおじさんが、どこまで国民に自分の政策を説明して選挙に勝ったのか、言い換えればどこまで国民が騙されていたのか、本当のところは知らない。しかし、アメリカのトランプおじいちゃんは「南米の移民やイスラム教を、叩き出せ!」「メキシコ国境に壁を作れ!」と主張して、大統領選挙で大勝し世界を驚かせた。アメリカ人は騙されてなんかいない。何しろ、日本、否世界の多くの子供だって、彼の「公約」を知っているのだから。
mig_20161119114041132.jpg そして、トランプおじいちゃんは、やらせ放火も全権委任法も絶対にしない。議会の枠内で民主主義手続きを経て「公約」を実施し、次の選挙でいかに力強く不法難民を叩き出したか、いかにイスラム教徒を叩き出したかの「実績」を強調して、次の審判を仰ぐのである。その際に、当然メキシコ土人やイスラムのカルト共がガーガー暴れるだろうから、トランプさんは当然、ドゥテルテさんのようにゴミどもをかなりぶっ殺す。支持者はその「公約通り」の殺しっぷりを高く評価するだろう。選挙で選んだ大統領を能力で覆す人間、ましてやそれがアメリカ人以外だったら、民主主義の敵であり、差別主義者でヘイトに決まってる。殺して良い。
 アメリカだけでなく、欧州の多くの国でも、「桜井誠さんの友党」達は大活躍し、さまざまなヘイトデモが展開されている。これに文句をいうのは、民主主義を否定するに等しい。人民の怒りがついに爆発したのだ。議会制民主主義だけが民主主義ではない。
 日本だって日本第一党が議席を増やせば、当然に外国人(糞チョンコ)の生活保護は打ち切られる。そして政権獲得して桜井誠総理大臣が誕生すれば、ゴキブリ在日朝鮮人を全員半島に叩き返すかが問われるわけである。
 しかし、今の情けない反民主主義国家日本は、アメリカやヨーロッパに比べて遅れている。民主主義が根付かないと多くの進歩的な新聞や学者や文化人・評論家は主張してきたとおりである。日本がアメリカやフランスやドイツにさきがけて、不法入国した非日本人を死刑にする法律を作ったらどうだろうか。処刑場は新大久保を更地にして建設しましょう。

 保守層に顰蹙を買っているLGBTも「産む産まないは自由」も、欧米社会の産物である。ホモやレズやおかまのような異常性欲者・変態を差別するな、体的少数者なんだ、婚姻権を与えろという運動は、欧米ではもはや当然であり、「ヘイト後進国日本」でもこちらは盛んである。欧米の移民排除はだんまりを決め込むアカも、ホモ・レズ擁護だけは「欧米では常識」と偉そうにお説教している。
 しかし常識と良識に生きる皆さん。嘆いてはいけない。これらの動向は、近代民主主義国家の大前提である「自由主義」や「努力による個人の幸福追求」や「反差別」を考えれば、当然の帰結である。子供を産めば、他人のために自分の自由が奪われる。そもそも結婚すれば、セックスがただで楽しめるメリットはあっても、お互いに自由が減少する。個人の幸福追求が是である以上、離婚だって増えるに決まってる。結婚しないし、「幸福追求の時間」を奪われる子作りなんか選ぶはずがない。その時間でライバルに差をつけられたらどう責任を取るのだ。セックスは快楽のためのみにある。それに文句があるなら、そもそも一切の避妊技術が根本的におかしい。
 誰を好きになっても良いなら、男を好きになろうと女を好きになろうと、動物を好きになろうと幼女を好きになろうと老人を好きになろうと、親を好きになろうと子供を好きになろうと、縦笛を好きになろうとうわばきを好きになろうとも自由である。しかし、知恵のない馬鹿は言う。ロリコンは対象が子供だから、性欲の対象である子供を保護する必要があると。
 しかし、何も好き好んでホモになったわけでないのと同じく、好き好んでロリコンになった人間なんか一人でもいないのである。ホモやレズやノンケに結婚する権利があって、ペドフィリアやネクロフィリアやズーフィリアの方々には結婚どころか交際すら禁止されているのは、明白な合理性なき差別である。彼ら彼女ら性的少数者に対して、税金免除や補償を与えるべきである。どうしてホモ・レズだけに特権が与えられるのか。いつかは誰かが本気で言う気がする。そして、今の欧米(日本)の価値体系で、否定する理由なぞあるまい。
 否、移民排除だってイスラム教弾圧だって、民主主義の価値観からすれば出てきて当然の理論である。納税していない人間にどうして社会保障の恩恵があるのか。祖国が外人のビジネスの金儲けで食い荒らされて、自国民が不況だなんておかしいではないか。選挙権のない奴らがどうして日本で(アメリカならアメリカで)金儲けしているのか。こんな民主主義に反する行為はない。ゴキブリ糞チョンのナマポにかぎらず、外国人が日本で恩恵を受ける一切の行為は内政干渉である。
 トランプさんは民主主義者だ。アメリカに税金払ってるアメリカ人が優先される。犯罪を持ち込む外国人をぶっ殺す。実に民主主義的な行為であり、当たり前のことである。むしろ、これに反対する人間の方が反民主主義者である。

 もう、今まで正しいと信じられていた欧米的価値観-議会制民主主義や三権分立にとどまらず、自由主義や個人主義やヒューマニズム等、先進国が信じていた枠組みを大きく見直すしかないような気がするのだ。民主主義2.0という言葉はすでにあるようだが、残念ながらネットを使って左翼思想を広める的なものだった。かと言って、呉智英のように封建主義を見直したり、アジア的なものを再評価したり、そんなものではない。
 民主主義以上の価値。しかし落ち目の宗教にそんな役割など無理だ。おそらく、それなりの金持ち国家(含む日本)は、慣れ親しんだ選挙や三権分立や言論の自由や個人主義、更には「努力すれば報われる」「結果の平等ではなく機会の平等」「合理主義」「柔らかな功利主義・健全な快楽主義」「科学こそ信頼しうる学問」等を手放しはしまい。しかし、それを捨てない以上、自国第一主義も少子化もホモ・レズ礼賛もなくなりましまい。
 そもそも、自国第一主義運動こそが、民主主義の復権模索運動なのだ。

 あ、つまらなかったですか。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム