トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

稲垣えみ子の敗北宣言?(ポピュリズム)

 2ちゃんねるを見てたら、こんなコラムを見つけた。
メディア時評 負けたのは誰なのか=稲垣えみ子・元朝日新聞記者/毎日深部
http://mainichi.jp/articles/20161126/ddm/005/070/020000c
inagaki.jpg 2ちゃんねる議論は盛り下がっていたが、「この人の顔が面白い」というので調べてみたら、確かに面白かった。顔だけでなく人間も面白いのだが、今回は触れない。
 ま、顔はともかく、本文も面白かった。端折って引用しますので、詳細はリンクをクリックして、本物の文章を読んで欲しい。一行開けは詰めました。
『トランプ大統領の誕生には驚いた。だが私は既に同じものを何年も前に見ている。
 既得権者への攻撃で支持を集める、ツイッターで刺激的な発言を繰り返し有権者に直接アピールする、過激な政策をマスコミがいくら批判しても支持は陰らない--トランプ現象は、かつて大阪で巻き起こった橋下徹氏のブームとうり二つであった。
 橋下人気が絶頂だった時、私は朝日新聞の大阪社会部で教育担当デスクをしていた。君が代強制、教育委員会制度の抜本改革……氏が次々と打ち出す施策は我々から見れば戦争への反省から生まれた教育の否定であった。問題点を指摘する記事を連日出した。だがこれが読者に全く響ない。それどころか「足を引っ張るな」という電話がガンガンかかってくる。
 恐ろしかった。何が恐ろしかったって、それは橋下氏ではなく、読者の「感覚」からいつの間にかかけ離れてしまった我々のボンクラぶりであった。マスコミとは権力を監視し、庶民の味方をする存在のはずである。ところがいつの間にか我々は「既得権者」として橋下氏の攻撃を受け、その氏に多くの人々が喝采を送っていた。』

『マスコミがトランプ氏のうそや破廉恥行為を暴いても有権者に響かない。マスコミはエリートで「我々の味方ではない」と考える人々が多数派となったのだ。』
『毎日新聞は10日朝刊の記事「拡散する大衆迎合」で、大衆迎合主義が欧州で広がっていると嘆いた。まるで人ごとだ。大衆迎合でない民主主義などない。自分たちは大衆とは一線を画した存在だとでも言いたいのならそれこそが深刻な危機である。』
 素直にマスコミ・左翼の敗北宣言とも読めなくはない。
 そういえば朝日新聞だったか、フランスの桜井誠さんとして有名な国民戦線党首マリーヌ・ル・ペンさん(もっとも大統領候補だが)にインタビューした際に、「ポピュリズム」と批判したら、「何がいけないのか。今までの政治は国民の声を無視してきたのだ」旨で切り返していた。
 ポピュリズムを大衆迎合主義と訳し、それを反理性的な扇動で国民を危険な方向に導くという意味合いを込めたいならば、 どう考えたって、共産党を筆頭にした左翼政党だって、朝日新聞を代名詞にした左翼マスコミだって、ポピュリズムもいいとこである。増税だ福祉切り捨てだ、一部の大企業が金儲けをしている政治家は私腹を肥やしている、原発事故が起きるぞ、改憲で若者が戦場で殺し殺されるぞ、これがポピュリズムでなくて何がポピュリズムなのだ。どの国でも認めてる国旗や国歌や集団的自衛権で侵略戦争勃発するはずもなく、非武装を定めた憲法を変えたって戦前の日本に戻るはずがない。
 簡単に言えば、稲垣さんを含めてアカの皆様は、ポピュリズムをやりたいができなかっただけではないのか。何故なら、ご指摘の通り新聞はエリート階級に属し、多くの人々がどういう「理論」「仕組み」で生きているから理解できないから。
 そもそも、新聞やテレビ等のマスコミがエリートだなんて誰だって知っている。有名国立大学や早慶でなければ、その下のMARCH同立関関で朝日新聞に入るなんて家柄+努力がなければ奇跡に近い。大新聞もテレビ局も説明不要のエリート。大学生の人気企業である。エリートに思われてるに決まっている。

 いい例が「年金カット法案」とやらだろう。おそらく40歳代以下の人で「100年安心というのに、高齢者の方の年金を切り捨てるなんて許せない」なんて言ってる人は皆無だろう。それどころか、「ええ? あれっぽっち? ちっともカットしてないじゃん。安倍ちゃん真っ赤っ赤」の声のほうが大きいだろう。
 なのに民進党はお馴染みになったプラカードを出して(PL学園応援席の方が素敵だった)、強行採決だ弱者切り捨てだ年金カットだと騒いだ。これはを左翼メディアはどう報じたのだろうか。
 と、本当はもっと論じたかったのだが、仕事行かないといけないので今日はこれまで。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム