トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学で教えられているのは、科学と語学と意見である

 そういえば去年、国立大学の文系学部廃止という楽しい話題があった。廃止される当事者と左翼マスコミ以外は格別反対してないのに、うやむやになってしまったが、是非とも議論を再開してもらいたいものだと思っている。
 もっとも、自分は国語も社会も、否、法学政治学経済学や文学哲学心理学の類の科目が不要だなんてちっとも思わない。なのに「文系廃止」という提言に、当事者・左翼以外は無関心どころか賛成の感覚を持ったのがは、言うまでもなく、その「文系廃止」提言に、安直な自民党批判や反体制的言動や左翼デモの扇動を「学問」「真理」と称した科目の中止を想定したからである。

 そもそも、どうして学問は自然科学・人文科学・社会科学と分別されるのか。無論、「人間0・1名・2名以上必要」で分けているのであろうが、ならば医学だって人文科学だし、心理学だって、本当にどんな時どんな場所でも同じ条件ならば同じ結果が出るのであれば立派な自然科学である。
 否、本来は社会科学だってそのはずだ。マルクス主義がその典型で、科学的社会主義とも呼ばれるように、あれは明らかに「意見」「仮設」に過ぎないものをあたかも物理学の公式のような「科学」に見せかけたものである。
 だいたい、社会科学や人文科学が「科学」ならば、どうして様々な「意見の対立」があるのか。物理学でも数学ても化学でもそんなことは絶対に有り得ない。日本と北朝鮮とで、物理や科学の実験結果が異なることはない。意見の対立がある「科学」なんて絶対におかしい。少なくともそれは社会「科学」ではない。法律は社会学であっても社会科学ではない。哲学は人文学であっても人文科学ではない。
 最近は、ヒトラーほどではないにしろ、マルクスも安心して罵倒できる人間になってきた。しかし、罪の重さはヒトラーよりもマルクスのほうがはるかに重い。その思想によって殺した人数も比べ物にならないが、何よりも、科学でないものを科学と呼ぶようになってしまった。論理的なこととと科学とは全く違う。しかし、理屈っぽければそれが真理と勘違いするようになった。
 つきつめていけば、真理と呼べるものは、自然科学と呼ばれる「科学」と、語学や法学や経済政治のしくみのような「制度」、さらにその前提であるありのままの「事実」としかない。あとは全部「意見」「仮設」であり、そんな実験不可能なものは趣味の問題である。しかしそれを科学と勘違いしたところが諸悪の根源なのだ。ジェンダーやLGBTがその典型ではないのか。科学的根拠はゼロなのに、マルクス主義のように論理的装飾で虚仮威しをして真理のように振る舞う。
 そして「意見」と「科学」の勘違いひどくなると、「意見」が優先し、「制度」「科学」を支える「事実」をも枉げてしまう。朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題がその典型であろう。その時、多くの左翼は、「捏造があったが従軍慰安婦は存在する」と言い張った。仮設にすぎない意見を、科学的事実に見せかけるためには、実験結果を枉げてでも「STAP細胞はありま~す」とやるしかないということである。
 相も変わらず、「役立つ学問」を批判する人がいる。しかし、それを言ってる人の学問は本当に「真理」なおだろうか。社会に出て役立つ系列の知識にしろ、試験対策や語学にしろ、それらは全て「事実」「科学」で構成され、虚偽は一切ない。逆にそれを否定する知識人の主張は、「真理」に根ざしているのだろうか。自民党に好意的か批判的かなんて、科学とは何一つ関係ない。
 
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム