トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本第一党党首桜井誠さんは、トランプやルペンになれるのか

 最近、オウマーならぬヘイター修行のため、いろいろネット上で保守派から評判の良いらしい論客のトークを色々聞いているが、桜井誠に匹敵する「面白さ」を感じることはまずない。
 桜井誠は魅力溢れる人物である。桜井誠は人を惹き付ける。昨日、新年最初のラジオ放送を聞いた。いつものように、「音声、届いておりますでしょうか」と視聴者に問いかけ、子供が唯一深夜まで起きて叱られなかった日は大晦日だけだったと述懐し、大晦日のゆく年くる年(民放版)が昔は統一番組だったことに交え、例の「除夜の鐘がうるさいと苦情を言う人間」の非常識に驚く。そして、正月は除夜の鐘を聞きながらお正月気分になり、しかし眠くなっていく...と少年時代を懐かしむ。無論、「除夜の鐘がうるさいと言うのは日本人ではなく」となるのだが。
 桜井誠は何故マスコミ・アカデミズムから総攻撃を食らっても人気が衰えないのか。桜井さんさんは等身大の人間として語りかける。実際に彼は視聴者平均よりも学籍も低いのに、左翼の論客よりも実によく勉強している。しかし、左翼と違って「君たちはこんなことも知らないのか」と若者を挑発したり安全圏で煽るようなこともしない。櫻井さんは左翼学者や弁護士と違って、生活は質素である。それどころか、自分だって君達と同じなんだよと語りかける。櫻井さんが語る昔話は、観客にとって「自分も知っている」懐かしい光景である。
 いくら左翼が嫌がらせしても、若くして両親を失い(父親家出、母親死去)独身で活動家に専念している桜井誠さんを脅しても、支持者が支援する以上痛くも痒くもない。左翼のように社会的権威にすがらない。だから必死に金策する。まさにエリートに対抗する意味でのポピュリズムである。弱者の味方・市民派と言いながらブルジョワエリート特権階級の左翼論客と違って、桜井さんは本当の庶民派で、常に社会的弱者・庶民の視点で語る。
 何回も書いているけど、私は桜井誠さんが好きだ。金玉の歌や「ちょちょちょちょちょちょちょチョンコー」を街頭で歌う彼がどうして嫌いになれようか。

 さて、ご存知のように、日本第一党は今年の東京都議会議員選挙に立候補者を擁立する予定である。おそらく、ここの読者も、桜井誠さんの将来、もっと言えば、化けるのかポシャるのかに興味があろう。結論から言えば、自分はかなり苦戦を強いられると思う。
 桜井誠以外に知名度があるのは瀬戸弘幸くらい。都議会議員は3万票くらい集めないと当選しない。仮に奇跡を起こして議席を獲得しても、それからが大変だ。今まではいわば「評論家」でいられたが、議会となれば、「パチンコでノドンテポドン」の類の怪しげな発言内容が徹底的にチェックされるし、過去には代名詞的存在だった「毒飲め首吊れ」「焼身自殺しろ!」「レイプしいていいんだ!」「殺せ殺せ朝鮮人」「(呼吸すると)酸素がもったいない」等の「名言」もやり玉に挙げられる。
 また、日本第一党にとって自民党攻撃のメインであろう移民政策批判にしろ、自民党が欧米の轍を踏むとはとても思えない。だって、散々失敗例を見た上での「後発」でやるのだから、それなりにうまくやるに決まっているではないか。今まで桜井誠が退治してきた「お花畑発想でしかグローバリズムを語れないアカ(自称リベラル)」と自民公明とでは、レベルが全然違うのである。
 今更言うまでもなく「リベラル(実は共産党・民進党の支持者)」は完全に破綻した。グローバリズムはテロと犯罪を生み、差別反対は批判者をヘイトだと難癖をつける言葉狩りをしただけ。将来の年金を考えるのは「年金カット」、朝日新聞の捏造を批判するのは「歴史修正主義」。現にネット上の左翼活動家は、気に入らない意見は差別しようがしまいが、尽くブロック。気に食わない大物は、集団で圧力をかけ嫌がらせする。ちっともリベラル(自由)ではないのだ。
 しかし、ナショナリズムとて万能でない。グローバリズムが失敗したから止めただけに過ぎない。櫻井さんの都知事選の主張は「安倍万能論」ならぬ「韓国万能論」である、待機児童も解消できるんですよ。生活保護がもらえなくて「おにぎりだ食べたい」と言って死んでいった人がいるんです。可哀想じゃないですか。これも解消できるんです。財源はあるんです(笑)。
 ある意味、ノーマーク故に救われているし、パヨクが言論封殺するがゆえに多くの味方を得ているのではないのか。自分は前から、「櫻井さんにテレビでもラジオでも、もちろん文化祭でも堂々と喋らせてあげればいい」と思っている。これだけ人気があるのならば、堂々と発言してもらい「これは正しい」「これは間違ってる」と検討するしかない。それをしない以上、「マスコミは桜井誠が不都合だから」の声は絶えない。今のような言論弾圧戦術では、かえって「桜井誠の言ってることが正しい」と思う人を増やす一方である。
 そして、桜井ファンにとっては失礼な言い方かもしれないが、ネットにしか言論の自由がないゆえに、ボロが出ないで済んでいる部分がある気がするのだ。
 とはいえ、やっぱり今年も「注目すべき人物」である。

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8324:Re: 思いきって by sinzinrui on 2017/01/03 at 17:15:06

> 中山恭子議員と新党作れば面白いですね、

日曜朝のNHK政治討論会、にっころは必ず彼女が出るのですが、あれでメチャクチャイメージが
悪くなってると思います。
確かに桜井誠みたいなのがいないと、あの党は消滅するでしょう。

8320:思いきって by 政界ウォッチャー三十年 on 2017/01/03 at 12:45:06 (コメント編集)

中山恭子議員と新党作れば面白いですね、ボケとツッコミのなかなか良いコンビかと(笑)
桜井氏がネタで暴走、蚊の鳴くような声の、中山恭子議員が、たしなめる、意外に面白いと思います。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム