トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

どうして左翼・共産党支持者は強姦(レイプ)や女性を性欲のはけ口にするのが好きなのか

 普通は大騒ぎになるんだが。
 少なくとも、左翼が絶賛していた本である。
ベストセラー「日本会議の研究」販売禁止の仮処分決定/毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170107/k00/00m/040/116000c
『ベストセラー「日本会議の研究」で名誉を毀損(きそん)されたとして、日本会議の源流とされる宗教法人の元幹部の70代の男性が出版元の扶桑社(東京都港区)に販売差し止めを求めた仮処分で、東京地裁は6日、名誉権の侵害を認めて販売を禁止する決定を出した。』
『同書はノンフィクション作家の菅野完(すがの・たもつ)氏が執筆し、改憲運動に力を入れる日本会議の沿革や活動内容を検証した。昨年5月発行で15万3000部を売り上げた。』
 仮処分とは言え、大ベストセラーの出版差し止めとは、地名総覧並みである。その割には左翼恒例の「言論の自由の危機だ!」が炸裂しない。何故だろうか。
 ご存じの方も多いかもしれないが、この作者の菅野完氏はしばき隊・脱原発等で活躍する左翼活動家で、活動中に女性を強姦(レイプ)した件で、それが左翼週刊誌の週刊金曜日に掲載されたのです。通常、左翼の世界では、山本太郎にしろ鳥越俊太郎にしろ、左翼系の大物に関しては、強姦・レイプ・やり逃げ・性的いたずら(セクハラ)の類は一切お咎めなし、国家権力の陰謀で済ましてしまうものです。しかしベストセラー作家の菅野完に関しては、早いうちに「強姦魔」のレッテルが貼られ、今回の仮処分に関しても実に静かなものです。通常はVIP待遇だと思うのですが、どういう「裏」があるのか知りたいところです。

miki.png もっとも、この「婦女暴行」事件を知っても、「またですか?」と感じる人が殆どでしょう。いくらジェンダーやフェミニストが男性を批判しても、国民の大半は「左の方が女性を性処理要員で使い捨てしてるじゃん」と相手にしてません。もうイメージができてしまってるのです。最近の初鹿明博や鳥越俊太郎のような大物に限らず、新左翼から最近のSEALDsまでその種のセクハラや強姦の類のネタは定期的に出てきます。また、ジェームス三木氏や岡田斗司夫氏による詐欺的な大量女性陵辱や、かつての共産党幹部伊藤律氏の大量女性陵辱等、左翼の女性蔑視?は枚挙に暇がありません。
maxresdefault_20170109062926571.jpg 無論、左右問わず浮気や不倫の類はあまたありますし、強姦魔が全員共産党支持者だなんて言う気はさらさらありません。手越祐也だって後藤次利だってアイドルや若い女性を食いまくっています。川谷絵音だって不倫しまくってます。ミスター育休宮崎謙介だって頑張ってます。しかし、左翼の性的感覚は明らかに異質です。少なくとも、手当たり次第に女性と性的関係を結ぶような発想はないでしょう。どうして左翼は女性を性欲のはけ口としかみないのでしょうか。

 「”国家権力の陰謀”で許されるから」「"何者かが私を陥れるためにデマを"で誤魔化しが効きくから」とも考えられますが、なんか違う気がします。それなら、武藤貴也が「左翼が支配しているマスコミがデマを書いた」と言い出してもおかしくありません。
 どこか思想の奥深くに、「セックスは子作りではなく、性欲を充たすために存在している」という考えが潜んでいるのではないでしょうか。例えば、家族制度の解体とか、女性の社会進出とか、さらに言えば、近代的な合理主義とか自由主義とか。
 ストレートに言えば、今の日本にかぎらず、今の先進国の多くが支配する思想は、「人間の幸福は一生の間にどれだけの快楽を得られるか」という考えです。露骨過ぎる表現ですが、否定はできますまい。そうであれば、セックスを快楽の手段と考え、子作りと切り離すのも当然の帰結です。
 そのせいか、マルクスは一夫一婦制の婚姻制度(家族制度)を否定していました。しかし、マルクスっておつむてんてん能無し、馬鹿ですね。経済自由主義である資本主義は必ず独占資本主義を産むのですから、同じ理由で、セックス自由主義も必ず独占女性主義に至るに決まってるじゃないですか。フリーセックスになれば、一部の金持ちやエリート男性が、愛人契約も不要でかわいいロリな女性を独占するに決まってます。男性だけではありません。女性だって、ロリな美人だけが金持ちでかっこいい男とパコパコできて、ブスなんかドブに捨てておけとなります。
d19cca02.jpg そのような「独占資本」の搾取を禁止して計画経済を持ち込んだのが婚姻制度や家族制度です。計画経済の方が、実はキモヲタやドブスにとって有利なのです。もちろん、完全な共産主義的な計画経済ではありません(もっとも、皮肉にも統一教会が共産主義的な計画経済を実行していますが)。
 近代的な婚姻制度は、1vs1という厳しい縛りをかけて、パートナー探しは自由主義経済で行う。当然この制度でも男性は金持ちやエリート、女性はロリや美人が圧倒的に優位に立ちます。しかし、オタやブスのためにお見合い制度という社会主義的制度(ナマポ?)を併用している。いわば西欧型の社会民主主義を採用しているわけです。なのに左翼が新自由主義を主張しているのですから、滑稽千万です。
 尊師は「人間の煩悩は有限だ」と言ってますが、人間の煩悩は無限大です。左翼内であっても権力者になれば、やりまくるのは当たり前ではないでしょうか。政治家や独占資本は、左翼小規模サークル以上に莫大な権力を持ってます。しかし、彼らは常に多くの人間の監視を受けています。しかし、左翼のリーダーたちはどうでしょうか。権力こそは少ないが、民主的に選挙で選ばれたわけでもないのに、全く批判されることもなく、無条件に若者に行動を促す権利を有します。そして、男の若者が自分の思うがままに動くのを知っている以上、女の若者も「自分の思うがままに」動かしたくなるのは当たり前の話です。
 人間とは欲深いものです。権力を握れば、何を始めるか分かったものではありません。だからこそ、議会制民主主義をにより人格者を選択し、なおかつ自分たちが選んだ政治家が暴走しないか監視しているのです。そして、権力を持って暴走するのはあなただって同じなのです。ましてや、お見合いのようなナマポのみならず、家族制度や婚姻制度までも破壊する性的自由主義者が権力者になれば、女性の人権は虐げられ、セクハラ天国になるのは当たり前ではないでしょうか。

 カイヨー!
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8341:Re: そもそも啓蒙思想が伝統倫理を嘲笑する邪悪な危険思想だから by sinzinrui on 2017/01/09 at 11:43:09

戸向様
> 有望な論客・神谷匠蔵によれば、ヴォルテールですら敵対者の表現の受有を弾圧する大嘘つきだったそうです。

『私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る』ですね。
確かに「命がけで守る」お人好しはいないでしょうが、なるほど、そうだったんですか。
キリストも汝の敵を愛してなんかないそうです。

これから、下記の論文を読んでみます。

> http://agora-web.jp/archives/2022417.html
> http://agora-web.jp/archives/author/shozokamiya

8339:そもそも啓蒙思想が伝統倫理を嘲笑する邪悪な危険思想だから by 戸向 on 2017/01/09 at 11:07:47 (コメント編集)

有望な論客・神谷匠蔵によれば、ヴォルテールですら敵対者の表現の受有を弾圧する大嘘つきだったそうです。
自分の思想の全てが邪悪だと知った上でそれを自分の欲望を満たす為に利用するという、
つまり安全圏から他人を煽って自分はそれを守らずに利益を貪る
表向きは人当たりの良いリベラリストとして社交界で活躍している左翼は、
ヴォルテールの正当な後継者だそうです。
http://agora-web.jp/archives/2022417.html
http://agora-web.jp/archives/author/shozokamiya

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

お知らせ(このブログとは直接関係ありません)

私が運用しておりますオウム真理教関係の各サイトにつきまして、以上のように変更します。
①「VAJRAYANA真理の探究」TOPページは2017年9月末にて終了(コンテンツは消しません)。
 10月1日より、オウム真理教だけではなく各種思想団体を総花的に扱う 「オウマーの世界( http://sinzinrui.hippy.jp/wphp/ )」をご利用下さい。
②10月1日より、「主要オウム真理教関係へのリンク集」はso-netから http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/(現在の「VAJRAYANA真理の探究」TOPページに移行します。
③以上詳細はこちらを御覧ください

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム