トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

働き蜂の創価学会とシロアリの共産党

「狡猾」小池都知事、新党結成の激震…都議会自民党をぶっ壊す、女性候補者大量投下
http://biz-journal.jp/2017/01/post_17688.html
 小池新党が始動した。
 パートナーは公明党になると思いきや、民進党の名前も浮上してる。
 しかし、民進党が小池新党とやっていけるだろうか。昨年の都知事選で、共産党は「絶対都知事になってほしくないのは小池百合子さん」旨を言っている。その共産党と民進党は盟友関係を結んでいる。そう簡単に「国政と都政は違う」と割り切れるのだろうか。
 思えば、橋下維新ブームの時も公明党は比較的良好な関係を結んだ。今回の小池ブームの時も最初に名前が出たのは公明党。旧来形の「右左思考」では理解しにくいだろうが、橋下徹さんや小池百合子さんを、「政治に見放された層」「旧来の既成政党に夢を見いだせない層」の逆襲と考えれば、何か分かる気がする。戦後から高度成長期まで、自民党にも社会党にも期待できない層をターゲットに拡大し続けたのが創価学会で、その創価学会が作ったのが公明党なのだ。
daisaku.jpg それと、ネトウヨもパヨクも大嫌いな創価学会であるが、政治家から見ると、創価学会(公明党)は案外と「使い心地が良い」のではないのか。少なくとも共産党に比べれば遥かに信頼感がある。共産党と組めば、それこそシロアリのように自組織を食い荒らされる危険性がある。しかし公明党と組んでも、創価学会色に染められる心配が殆どない。共産党と比べて融通性と常識があり、しかも共産の10倍以上はあるだろう「兵隊」を利用できるかもしれない。そもそも論として、共産党に比べて政策もそれなりにマトモで現実的。パヨウヨ対決のネット世論と違って、政界では共産党よりも公明党が「認知」されているのである。
 さて、小池新党は、なんて考えても、舞台は所詮「都」議会。私には関係のない話である。それに、7ヶ月後の選挙なんて完全に予測不可能だ。ただ、今の情勢が続くとなれば、小池新党はかなり議席数を獲得し、自民党からだけではなく、かなりの共産党票を食ってしまうだろう。明らかに今の都議会の共産党はバブル的議席数であり、そのバブル票は少し右スライドして民進党に、とは思えない。昔のように右から左に並べていくような政治感覚で、若い有権者は選択していないのだ。おそらく共産党は「小池新党は自民党と同じ」と主張するだろう。しかし、基本的に似ているから強いのであって、少なくとも非核都市宣言なんてカイヨーなことは言わない。
 問題は民進党だ。シロアリに食われ続ける気なのだろうか。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8364:Re: 第5種補給品 Americaにウヨウヨ by sinzinrui on 2017/01/15 at 06:51:37

有名な池田大作レイプ事件ですね。

8362:第5種補給品 Americaにウヨウヨ by 第5種補給品 on 2017/01/14 at 13:48:58

●大作は、まるで、狙った獲物に向かって一直線に進む、ケダモノそのものでした。
目的を果たし終えた●大作は、外に人の気配を感じたらしく(結局、外には誰もいなかったのですが)、力をゆるめ、私はようやく解放されました。
このとき、一瞬ではありましたが、私は初めて●大作の裸の下半身を見ました。●大作の下半身は異常に毛深く、まるで黒いパンツでもはいているかのようでした。
 トレーナーのズボンをずり上げながら逃げる体制の●大作は、私の方を振り向き、「二号さんの顔を見にきたんだよ」と、下品に顔を崩して笑いました。その笑いは、本当にこの世のものとも思えない不気味さでした。

8359:Re: ありがとうございます by sinzinrui on 2017/01/14 at 08:25:55

今後ともよろしくお願いします。

8356: by 楽しみにしてます on 2017/01/12 at 12:14:01 (コメント編集)

今日はどんな記事を書かれるのか楽しみにしてます。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム