トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本共産党「安倍政権NO!野党は共闘」サウンドデモのセンター入試妨害騒動について

「センター試験の日にデモやるとかマジ騒音」は本当なのだろうか?/ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/shinta-yabe/center-exam-and-demo_b_14143040.html
 というわけで、本日「安倍政権NO!+野党共闘 0114 大行進 in 渋谷」というデモが渋谷で行われると。そしたら、
ウヨ:センター入試当日じゃねーか。渋谷でサウンドデモだなんて、受験生の迷惑を考えろ
パヨ:会場近辺は避けてるぞボケェ。
ウヨ:代ゼミ・青学・国学院会場は完全にアウトだぞ。
パヨ:そんな騒音を気にする受験生がいるか。

 と例によって騒ぎになったわけである。
 「野党は共闘」という言葉からして、本当の主催者は日本共産党であることは明白。そう思うと、この日の渋谷にぶつけるなんて、共産党、だからシルバー政党なんだよ。支持者が老人だらけになるのも無理はない。しかも渋谷で「”サウンド”デモ」である。もう、センスがまるでなし。また支持者を失ったことであろう。

 それはともかく、今回の「騒動」の主役って、実はこの人だったんじゃないだろうか。



 説明不要、元SEALDsの美人活動家・五寸釘のほなみちゃんこと西穂波さんが発言したから、このデモがクローズアップされたんですよ。さすが北の狂犬じゃなかった北の幼狼ほなみちゃん。本当にこの人は「人気」あるね。やっぱり、率直に言っちゃうところと、何を言われても全く意に介さないところが人気の秘密なんでしょう。だってこの子、アイドルでも共産党の幹部でもないんだぜ。ただの素人。
 で、「人気者」のほなみちゃんが「試験を受ける人が中心に回ってるわけじゃない」って言っちゃったものだから、「じゃあデモだって」とほなみファンがかまって欲しさに次々とコメントして、更に野間易通みたいな不人気者までもが便乗して、みたいな感じじゃないですか。
 確かに世の中は試験を受ける人のためにも、デモをする人のためにも回ってないが、ぱよぱよ業界はほなみちゃんのために回っているのだ。多くのオッサンどもが偉そうにほなみちゃんにお説教をしているけれど、実はほなみちゃんに遊ばれているのである。
 思想信条はともかく、彼女の腹の据わりっぷりだけはいつも敬服する。そのうち共産党から離れると思うけど、その際にも頑張ってね。
 時に彼女自身は、今日の札幌会場の出来はどうだったんだろうか。北大諦めたとか進学しないとか噂もあるけど。

C2G89MxVQAA0z_4.jpg それはともかく、いい加減にこういう馬鹿げたの、止めたらどうだろうか。
 本当に共産党はヒトラーが好きだね。欅坂46がナチルック着ただけで小池晃が外国にご注進したり、ドイツではヒトラー思想は激しく禁じられるとか言っておいて、共産党の皆さまのネタには何かとヒトラーさんがお出ましになる。対米従属のヒトラーがいるわけないでしょ。ましてや、アメリカ側から日本離れが始まり、真剣に対米従属でない防衛力や外交・経済を考えざるを得ない「今」なのに、相も変わらず古臭いポンチ絵でいい気になっている。まさにシルバー政党のシルバーな感覚。
 自分の気に入らない政治家を「ヒトラー」「ナチ」ってレッテル貼りするの、もう何も効果がないってどうして気がつかないんだろうか。国民は馬鹿じゃない。安倍総理よりも共産党のほうがヒトラーに近いことを見抜いている。ドイツのことだって、戦う民主主義のもと、共産党は常時監視化され、一方移民受け容れにに反対するヘイト政党は強い力を持っている。
 もう騙せなんかできないのだ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム