トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公明党のまゆゆ・佐々木さやかはいつ結婚するのか

 共産党のアイドル吉良よし子は速攻で結婚したけど、公明党のスーパーアイドル佐々木さやかはいつ結婚するのだろうか。
 小泉進次郎がその美しさに惚れ込んだらしいが、この二人では、「逆高橋ジョージ」の可能性が高いだろう。やっぱり、創価学会内部で探してくるのだろうか。
 さーやが「まゆゆ化」するのは惜しいけど、なんか学会内で結婚するのもネタ的につまらない。いずれにせよ、そろそろ吉報をお待ちしたい。

image_profile2_20170131060254502.jpg

 凄かったですよ、この人の事前運動。もう、壁の両側に「弁護士佐々木さやか」ってポスターがペタペタ。何せ美人だから目立つのなんの。でも、選挙戦1年前に県民はすっかり覚えました。衝撃の神奈川県デビューでした。

 いいこと言ってるんですね。
「投票に行かないで損することは?」 佐々木さやか・参院議員に若者が聞いた #YoungVoice/ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/13/youngvoice-sayaka-sasaki_n_10449342.html
――そもそも18歳選挙権に賛成、それとも反対? その理由は何でしょうか。
もちろん賛成です。広く若い世代の人たちに政治に参加してもらうために、いちばん重要なのが参政権ですから、引き下げはすごく意義が大きいと思います。若い世代の皆さんの声を政治に反映させようと、ずっとやってきたんですけど、私たちが直接会える人は数も限られていますから。』
――18歳の人たちが選挙に行かなかったら、どんな不利益がありますか?
ひとつはシルバーデモクラシー。日本では団塊の世代が人数も多いですし、高い年齢の方々が投票率も高い。そういう人の意見が政治や選挙に反映されやすい形になってしまっていると思うんですね。たとえば年金の問題でも、制度を持続可能なようにしていかなきゃいけないと思っていますけど、高い年齢の人たちに対する年金の制度と、若い人の年金制度をどう調整していくのか、そういうことに若い世代の声を聞かせてもらった方が、より長期的な視点でものごとを議論していくことができると思っています。
町づくりや国づくりは、より長く住んでいくのは若い人たちだから、若い人が魅力を感じるような社会にしていかないとおかしいですよね。私たち国会議員も選挙に向けて政策を説明してアプローチするので、ぜひ意思表示してもらいたいなと思いますね。』


o-YV-570.jpg

 ただ、共産党が共産党だから広い国民の支持を得られないのと同じく、公明党も創価学会だから広い国民の支持を得られない。しかし、共産党と違って、政権担当能力はあるし、少なくとも共産党みたいな「脳みそパーン」ではない。なのにそこが強みになってなく、異様なまでに敷居の高い政党になっている。
 例えば、大昔(1970年代)に共産党がやった「自由と民主主義の宣言」にようなものを公明党はやらないのだろうか。それとも、公明党も創価学会も、「大きな身内」で小ぢんまりやってたほうが楽しいということか。
 しかし、宗教そのものがなくなる傾向にあるのが「今」なのだ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム