トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学新1年生の皆さん。キャンパスに潜む、正体を隠した日本共産党の勧誘にご用心

(同日誤字等を修正)
 おはようございます。
 大学1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 入学式が終わると、多くのサークルでが新入生に対してしつこい勧誘をしているのではないでしょうか。
 しかし、最近はこんな団体も勧誘してるんですね。確かに若者の支持者が多い政党ですから、やってみる価値があると判断したのでしょう。

入学おめでとう街宣 大阪大学入学式(日本第一党)


 さて、多くの大学では、この時期に「ガイダンス」を行っています。そして、多くの大学では、「危険なサークル」に対しての注意を喚起しているでしょう。そして、その説明の多くが「ヤリサー」と「カルト宗教」に対して振り分けられていると思います。
 もっとも、ヤリサーは相変わらず新聞を賑わせていますが、大学でのカルト勧誘の方は、最近あまり話を聞きません。しかし、オウム真理教の地下鉄サリン事件の頃までは、大学には多くのカルト宗教団体が正体を隠して学生を勧誘していたのです。そして時は流れ、最近では多くの人が基地外宗教の実態を知り、大学も徹底的に手を打ち、カルトが派手に大学で宣伝すればマスコミが面白おかしく記事にしてしまいます。現実に、多くのカルトは信者数を減らしているのです。正体を隠した勧誘をする基地外宗教に対して世間の目は厳しく、仮に偽装勧誘を行っても、その日のうちにSNS上で「偽装団体名」が広まってしまいます。

 ところが、多くの犠牲者を出し、実際に過去に反社会的行動を行い、殺人事件まで起こしながら、大学もマスコミもあまり警告しない集団があります。警告しないどころか、無責任に勧誘を煽っている関係者もいるようなのです。その団体の名前は日本共産党。さらに、各種の左翼的な「市民」団体です。
 今朝もTwitterを見ていましたが、多くの大学で日本共産党や偽装団体が勧誘ビラを配っています。もっとも、多くの学生はインターネットで彼らの手口を知るようになり、バレバレで無視されることが多いようです。
 しかし未だに日本共産党を普通の政党と同じだと勘違いしている若い人が案外いるのです。しかし日本共産党は、自民党や公明党や民進党や維新の会と明らかに一線を画しています。だって、人を殺したんだもん。日本共産党は、地下政党・非合法政党なのです
 こういうことを書くと「そんな馬鹿な」と驚いたり、逆に「何を言ってるんだ」と呆れたりする人もいるでしょう。現に、選挙になれば日本共産党は普通に候補者が顔を晒して国民の審判を仰ぎますから。しかし、職場での共産党は基本的に地下組織です。また、大学のような場所ではおそらく、表に出ている合法部隊と、正体を隠した非合法部隊とを使い分けています。この「表面に出すグループ」と「地下活動グループ」との使い分けこそが、日本共産党の基本スタイルです。

 みなさんも「破防法」という言葉を聞いたことがあるでしょう。オウム真理教が犯した地下鉄サリン事件の際に、この法律に基づきオウム真理教に解散指令を出すかどうかが、当時話題になりました。そして国民の大多数が賛成したにも関わらず、共産党のような左翼の政党や弁護士が反対して適用されず、現在もオウム真理教は札幌に新施設を建設するなど堂々と活動をしております。
 実は、この破防法こと破壊活動防止法は、日本共産党が次々と引き起こしたテロ事件によって作られた法律です。日本共産党とは、もちろん現在は志位和夫が党首をつとめる日本共産党で、中核派や革マルのような過激派ではありません。だからこそ左翼の政党や弁護士は必死に反対したのです。彼らは必死になってオウム真理教を批判していましたが、破防法という言葉を聞くや否や、一瞬のうちに手のひらを返し、「破防法適用反対」を叫びだしたのです。
 1950年代前半に日本共産党はコミンフォルム(1950年当時、世界の共産主義政党が集まって作った「赤い国連」)の指令を受け、議会制民主主義による革命を放棄し暴力革命路線を推進し、練馬事件(印藤巡査の集団撲殺事件)・白鳥事件(白鳥警部射殺事件)のような殺人事件をはじめ、交番襲撃や地主襲撃のような様々な暴力事件を引き起こしました。そして、それは朝鮮戦争で北朝鮮の勝利を支援するため(後方撹乱)だったことが、今では明らかになっています。
 その証拠に、公安調査庁では毎年「内外情勢の回顧と展望」という文書を発行していますが、必ず一章を割いて「日本共産党」の動向を紹介しています。公安調査庁も、実は破壊活動防止法にもとづき、日本共産党を監視するために作られた団体です。

 そして今でも、共産党員のみならず、共産党系のデモに参加した人間を公安調査庁は調査・監視しております。もちろん大企業では思想調査を行い、共産党の活動家を採用しません。あなたの親戚もそんな人が一族にいると迷惑なので、何かと煙たがり、おかしな政治活動をしでかさないか、自分の家族を守るために行動をチェックします。
 共産党のデモに参加しただけで、あなたの一章が台無しになるだけではなく、周りの親戚にまで多大な迷惑がかかります。
 そして、あなたが共産党を好きになるように煽ったのは、案外新聞やテレビではないでしょうか。しかし、マスコミにしろ文化人知識人にしろ、あなたのような多くの若者の「ささやかな生活のチャンス」を奪い取っても、知らん顔です。もちろん自分のご子息には、おかしな集団と付き合わないように教え、優雅なブルジョワ生活をエンジョイさせています。

 こんな政党に絶対に近付かないでください。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8642:まあ、今はなき全貌社の月刊誌、ゼンボウが懐かしいです。 by 永田町の雀 on 2017/04/09 at 14:20:26 (コメント編集)

情報元は知らないですが、なかなか面白い雑誌でした。
発行本も、色々ダミー団体を暴き、各マスコミの支部(細胞)を毎回書いていましたし。

まさに、気をつけろ貴方の近くに日本共産党。

革命的警戒心が緩んだのやら、要塞のようなビルも建て替え、しっかり監視カメラで見張っていますし、自動ドアが二重なのは、それらしいですが、自前で警備会社作って、防衛隊がいますから、普通政党の警備や代表なり党首の警備は、警察の仕事、何を断り自前の防衛隊なのやら、だいぶ若い防衛隊も減ったようですが。

http://otokogumdoronikazu0000000.blog.jp/

http://wwwjtheravadanetsatoutesuroushibuykusyogaisyaombudsman0000.dreamlog.jp/

http://sesesekurokawashigeru.blog.jp/

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム