トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

民進党再生計画ー民進党を元気にする3つの提言

 おはようございます。
 オフ会やろうと思ってます。6月17日18日24日、7月3日4日の夕方あたりでどうでしょうか。場所は東京か神奈川のどっかを予定。



 Facebookで見つけました。見ているだけで感動します。
 「中国4000年の歴史」です。




 またクイズ王の小西、馬鹿言ってます。


 もう、今更何を言っても仕方がないでしょう。
 しかし、民進党は野党第一党です。自民党がにっちもさっちも行かなくなったら、この人達にお願いするしかないのです。そうでなければ、アメリカやフランスのような民主主義後進国のように、相当な冒険をするしか手だけがなくなります。いくらなんでも、日本第一党では無理です。小池新党や橋下徹の復活だって、そう簡単にいかないでしょう。いつまでも偉大な安倍様にご統治いただけるとは限りません。
 前にも似たようなことをやりましたが、民進党再生計画を本当に考える必要があるのではないでしょうか。なお、この文の最後に、民進党を元気にする3つの提言をします。
 自分がちょっと昔に書いたブログより。
シリア化する民進党
http://sinzinrui.blog.fc2.com/blog-entry-3845.html
 この時は、①「政権を獲ったらどんな政治になる」が見えない。②幼稚なプラカード戦術やあら探し的反対論をやめる。③共産党に引っ張られすぎ。を挙げた。しかし、これらの病に民進党が冒されるのには、日本特有の政治風土がある気がする。
 相変わらず欧米では「極右」が人気。しかし、この「極右」ってどんな思想なんだろうか。おそらく、各政党や指導者によって違いはあるが、反グローバル主義・自国第一主義・自国伝統風習擁護主義・家庭や宗教的道徳の尊重・治安強化・思想の自由よりもテロ強化・反移民・反イスラム教・反EU... こんな輪郭だと思う。
 しかし、日本の「左」「右」を隔てるポイントは明らかに違う。欧米のような「反移民」「自国第一主義」ではない。なのに、移民大好きな安倍総理を左翼は「極右」「ナチ」と呼ぶ。日本の「右」とは何か。ずばり、憲法9条改正である。すなわち、非武装を国家に命令する憲法を熱心に守るといっているのか左翼であり、変えろ、他も変えて自主憲法制定と言っているのが右翼である。そして憲法の変えっぷりによって「極右」と「極」の字がつく。
 そしてこれは、戦後日本の政治体制で70年間殆ど変わらなかった。しかも憲法の理想を推し進めた結果、国連万能主義につながり、更には国歌や国旗を否定する不思議な発想が生まれる。国旗や国歌が好きなのが右翼、嫌いなのが左翼。日本の右左のポイントはここだ。
 しかし「軍隊は必要か」「国旗国歌が必要か」なんて議論があるのは、民主主義国家でおそらく日本くらいだろう。ちなみにルペンさんはEUのみならずNATOも脱退を主張しているが、非武装を主張しているわけではない(当たり前か)。そして2ちゃんねるで指摘があったが、マクロン陣営もルペン陣営も選対に国旗を掲げている。
 と書いたところで、おそらくみなさん「そんな事はご存知」だろう。何故なら、憲法を変えるか変えないかはともかく、これらの議論は既に国民的結論が出ている。軍隊(自衛隊)は必要。そして国旗も国歌も現行のもので問題なし。おそらく、9割以上の国民が納得するだろう。そして、日米軍事同盟も圧倒的国民が支持している。それどころか、トランプ政権の誕生で、自国は自分で守らなければいけないと怯えながらも真剣に考えるようになり、しかしカールビンソンが「チョン斬り」に来てくれたのでホッとしているのが実情ではないか。
 民進党は国民政党である。9割の国民が「ま、最悪こいつらでもいっか」と思ってくれる政党にならなければいけない筈である。しかし民進党は、戦後70年続いた「左」「右」概念にこだわり続けている。自民党の安倍晋三がが日本を戦前に戻そうとしているという発想である。これを持っている以上、クイズ王のように香しい発言はなくなるまい。
 日本を軍国主義に戻す自民党。平和を守る民進党。社会党の時もそうだった。この対立軸のお陰で、野党は具体的な政策を提示する必要がなくなってしまったのだ。だから未だに「花見の下見で逮捕」なんて馬鹿げたことを言って新聞も問題視しない。しかしそれゆえに、「民進党が政権を獲ったら自民党とどう違うのか」が見えてこない。

 この状況を打破するために、以下の3つを提言したい。もっとも、オウマー日記愛読の読者にとっては「禿しくガイシュツ」「マンネリ」の提言だろう。「お前、何回目だよ、それ」って突っ込まれそうである。
 ただ、「こうやれああやれ」と言っても、どうせやりはしまい。それよりも、ならば、システム的に「変わらざるを得なくする」のである。この3つのどれか一つをやれば、確実に民進党は変わっていくはずである。
1.次回の選挙で、20代(衆議院なら可能)30代の候補者を大量に立候補させる。
 驚いたことに、現状ではいないようである。共産党ですら、若返りをしたのに。
30歳以上,39歳以下の国会議員一覧
http://publistella.jp/politician/list/agm/30/agl/39
2.現役の匂いが残ったアイドルの立候補
 これは、自民党でも公明党でもいいから立候補してほしい。いや、自公でもできないからこそ、民進党がやって、世間をあっと言わせるのだ。
 できればAKB系よりもジャニー系の候補がよい。女性がよってくれば男は自然によってくる。案外と探せばいるのではないか。で、その人を党首にするくらいの勢いでやる。その人と心中するつもりでやる。バカマスゴミやネトウヨが騒ごうが知らん顔。三原順子や今井絵理子が当選するのだ。絶対に当選する。これに成功すれば、民進党の雰囲気が一気に変わる。
3.民進党党首総選挙
 やっぱり、国籍が不自由な方には辞めてもらいましょう。そして、AKB総選挙をふっとばす民進党代表総選挙を実施しましょう。
 もちろんAKB方式で、党員以外も投票に参加できる。例えば民進党の機関誌○月号に投票券をつける。「国会議員ブロックは優遇」みたいなのは即中止。ただし、大人買いはあり。党首候補も立候補方式。決定戦は東京ドーム、は無理でしょうが、横アリくらいでどうでしょうか。

 何よりも、「自前で若い人を準備できない」ことが、民進党の最大の欠点ではないのか。だから共産党を斬れないで、侵食されてしまう。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

お知らせ(このブログとは直接関係ありません)

私が運用しておりますオウム真理教関係の各サイトにつきまして、以上のように変更します。
①「VAJRAYANA真理の探究」TOPページは2017年9月末にて終了(コンテンツは消しません)。
 10月1日より、オウム真理教だけではなく各種思想団体を総花的に扱う 「オウマーの世界( http://sinzinrui.hippy.jp/wphp/ )」をご利用下さい。
②10月1日より、「主要オウム真理教関係へのリンク集」はso-netから http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/(現在の「VAJRAYANA真理の探究」TOPページに移行します。
③以上詳細はこちらを御覧ください

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム