オウマー日記ファンのみなさまへ、オフ会のお知らせです。

 2017年6月17日(土)18時30分、新宿でやります。店はまだ決めてません。
 AKB総選挙@沖縄と同じ日です。オウマー、ヘイトスピーカー、共産趣味者etc、お待ちしてます。
 参加ご希望の方は、sinzinrui@i.bekkoame.ne.jpかTwitterか顔本にメールをお願いします。
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

貧困坊主が出稼ぎ葬儀

 オフ会、6月17日か18日(多分17日)の夕方あたりにします。場所は東京か神奈川のどっかを予定。参加希望者はsinzinrui@i.bekkoame.ne.jpかTwitterか顔本に連絡下さい。



400214.jpg さて、マクロンよりも文在寅の霊言を優先させるのではないかと思う今日このごろ、皆さんいかがお過ごしでしょうか。その幸福の科学のLiberty Webによれば、文在寅氏は北朝鮮の出身だそうです。
韓国大統領選に勝利した文在寅氏はどんな人物か?
http://the-liberty.com/article.php?item_id=12973
 私は有料会員なので肝心の2ページ目以降も読めるので少し教えてあげると、両親は北朝鮮出身で、朝鮮戦争の時に韓国へと逃れて、避難民の収容施設でザイトラさんは生まれたそうです。ただ、母親の兄弟は韓国へ逃げておらず、北朝鮮に取り残されたままで、2004年に北朝鮮が実施した離散家族面会で再会を果たしたそうです。極貧生活だがガリ勉でいい大学に入ったが、珍棒団に参加し除籍、その軍隊→司法試験... みたいな人だそうです、
 それはともかく、昨日のNHKニュースは何だったんでしょうか。まるで新しい日本の総理大臣が決まったような騒ぎでした。ザイトラさんが当選したのが、そんなに嬉しかったのでしょうか。



搾取される貧困「お坊さん」が激増…お寺「不要化」で都市に出稼ぎで日雇い労働者化
http://biz-journal.jp/2017/05/post_18963.html
 まあ、要領のいい坊主は相変わらず高級車にキャバクラ通いなんでしょうから、眉に唾つけて読んだ。
『「坊主丸儲け」という言葉があるように、お寺には経済的に安定したイメージを持つ人が多いだろう。しかし、『寺院消滅 失われる「地方」と「宗教」』(日経BP社/鵜飼秀徳)によると、全国の約7万7000寺のうち、地方を中心に約2万寺が住職のいない「無住寺」になっているという。
 僧侶派遣サービスを行っているウェブサイト「お坊さんの輪」を運営している一般社団法人おもてなしの会の北田侑也氏は、「檀家制度が機能しなくなってしまった」と、斜陽化するお寺業界の現状を語る。』

  おいおい。この「お坊さんの輪」って格安で坊主をデリバリしてくれる激安ショップ、2009年に出来てるんだね。いつデリバリ始めたかしらないけど、じゃあAmazonで坊主を売っても何ら問題ないじゃん。
 会社案内( http://obousan.minrevi.jp/company/ )によれば、「宇宙葬Sorae」なんて商品も扱ってるようである。家族が揺らげば檀家がなくなるのも必然の流れ、ならば例えば「お一人様」産業に転身するとか手は打てたはずだ。この層が一番「将来が不安」だし、信仰の需要も高いだろう。しかし彼らを包み込む「力」なんて今の坊主にあるまい。所詮葬式に宗教的意味合いは少なく、生きてる人のためにやってるのだから。一種のブランド物じゃないですか。偉い人だから大きくしようとか、偉い坊さん呼んだとか。
 新宗教も新々宗教も不況のどん底、伝統仏教が今になって本来業務のカウンセリングに目を向けても、今の若い人が人生の難問に直面した時に、宗教という選択肢など採るはずがない。Google様に解決法を伺うに決まってるではないか。そしてそれが世界的流れなのだ。
 さらにこの文は述べる。『お寺の経営が難しくなり、食いっぱぐれてしまった地方の中高年僧侶たちは、依頼が多い首都圏に出稼ぎに来ていて、若い僧侶はなり手が減少しているという。』 中高年坊主って、昔は儲かってたわけでしょ。弁護士業界みたいなものじゃないでしょうか。老人の既得権を優先してる気がして仕方がありません。左傾してるところも似てるし(笑)。『葬儀社が窓口となって僧侶が依頼を受けているケースもある』と同文章に書かれているが、昔からこれが普通だったわけで、あくまでも葬儀のアクセサリー。葬式で見てても、「アレ」が仏の道を知ってるように思えない。しかし遺族はそんな馬鹿どもを恭しく扱い大金を渡す。そもそも、今までがおかしかったのではないだろうか。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8749:Re: なぜ僧侶は葬儀で大金を取るのか? by sinzinrui on 2017/05/13 at 17:17:28

みれい様
確かに、伝統仏教と呼ばれるところは、布教しませんよね。
「浄土真宗では、つらーい座禅がなくても、天国にいけますよ!」みたいな宣伝、聞いたことがありません。

おそらく貴殿のおっしゃるとおり、寺にどうって格差がついてきてるんだと思います。
でも、仕方がないですよ。「あんなのにづして大金払うの?」って自分も思います。

> 学会員と違い、一般人はお経を読めませんからね。
あれは、最初に知るとびっくりします。
なんで覚えてるんだろうって。

8740:なぜ僧侶は葬儀で大金を取るのか? by みれい on 2017/05/10 at 10:44:37 (コメント編集)

僧侶、伝統仏教の世界も、格差というか、二極化が進んでいるのかもしれませんね。
相変わらず、「坊主丸儲け」の寺院も、少なくないと思われます。

そもそも、布教をしてないのですから、檀家が増えるわけがありません。
最近は、「墓じまい」などもブームみたいですし、じり貧なんでしょうね。
以前、ハローワークで「僧侶募集」の求人を見かけたことがあります。
こうなると、「宗教」「聖職者」というより、「商売」「職業」と呼んだ方がいいかもしれません。


島田裕巳氏なども指摘してますが、戒名や塔婆なども本来の仏教とは無関係ですからね。
僧侶たちが、勝手に作り出したもので、釈迦の時代には無かったものです。
そもそも、お経を読んだだけで大金を貰うのは、おかしいですよね?
創価学会などは、無料(ボランティア)で、お経を読んでくれるようですが…
学会員と違い、一般人はお経を読めませんからね。
今後も、僧侶の需要は、それなりに続くのだと思います。

最新コメント

Twitter

顔本

Yahoo! 天気予報

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム