トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

水清ければ魚棲まず

※写真はhttp://umayado.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16 より。
 おはようございます。
 最近、ヘイトの神様・桜井誠さんのきまぐれオレンジラジオ(DJ)や講演をネットであまり聞いていない。
 それでも、たまに聞くと「うまいなあ」と思う。特にあのDJを聞いていると、これが日本を震撼させたヘイトモンスターかと思うような雑談をしばしば語りかけてくる。最近印象に残ったのがウルトラマンAの話。桜井さんは大好きだったそうです。北斗と南の合体変身が売り物だったが、途中で南が月に帰り、後半は北斗が一人で変身する。桜井さん、後に南の降板理由が「妊娠」だったことを知り、大変夢を壊されたそうだ。そして最終回。次の番組が「エースをねらえ!」だったそうな。櫻井さんはそれを知って続編だと思ってみたら、例のテニスシーンが出てきて(笑)。
PDVD_046.jpg ヘイトモンスターも病気には勝てず、最近は脳梗塞が悪くて、教育入院を薦められているそうである。そして人生半分生きればあとはオマケだと、いつもの強がりを言っていた。熊本の講演では、昔、施設にいたことも語っていた。
 こういうことを語る人間は信頼できる。自分をさらけ出せる人。自分を笑いものにできる人。人間、神様でないどころか、どこかで必ず失敗をするし、普通はそれを何度も繰り返す。疚しいことの一つ二つするものである。面白いことに、左翼は自分を神格化したがる。自分を偉く見せたがる。しかし、左が君子で右が没道徳なんて馬鹿なことは絶対にない。なのに左翼は他人を口汚く攻撃するので。すぐにブーメランが炸裂し、国民は左翼を信頼しなくなった。その最たるものがカイヨーのレイプである。あの時の左翼統一候補に石田純一の名前もあった。あの人の下半身もだらしないけれど、国民は問題にしないだろうし、出馬したら当選していただろう。
 昨年度夏の東京都知事選は、漫画や小説になってもおかしくない「名作」だった。そして、候補21人中22番目を争った桜井誠と鳥越俊太郎、もちろん票数ではカイヨーの圧勝だったが、評価を高めてどん底から這い上がることに成功したのは桜井誠の方だった。
 水清ければ魚棲まず。綺麗事で済まないのが人間の社会である。男は若い女が好きで、有名な新聞記者や芸能人や国会議員になれば、奥さん以外にはけ口を求めたくなり、嫌がる女性をホテルに強制連行するようになるものなのだ。そして女も、有名で権力のある男に股間が濡れるものなのだ。そんなものだ。おそらく、カイヨー強姦事件を知っても、多くの人は「いかにもありそうなことだ」としか思わなかっただろう。一方カイヨーは文春・新潮を刑事告発する一方、共産党の女性議員(病気とは縁遠そうだったけど)が鳥越候補を応援する。実に滑稽な光景だった。
 嫌韓のカリスマは、良きにつけ悪しきにつけ、実に人間的である。そしてこういう人間だからこそ、左翼が憧れて、マスコミを使って必死に煽ってもなかなか実現できなかった「若い世代が自発的に集まる草の根市民運動」を、一切のメディアや知識人文化人の力を借りずに実現できたのだろう。前にも書いたけれど、在特会の成功は、後のSEALDsにも影響を与えてると自分は思っている。

 さて、その「バージンだと病気だと思われるよ」をスクープした週刊文春が今問題になっている。
週刊文春、ライバル誌「盗み見」の疑い 週刊新潮の中づり広告を業者から事前入手か 新潮側「スクープつぶされたことも」/産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/170517/afr1705170002-n1.html
『「週刊文春」を発行する文芸春秋の営業担当者が、同日発売のライバル誌「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を出版流通業者から事前に入手してコピーし、文春編集部に渡していた疑いがあるとする記事が、18日発売の週刊新潮(5月25日号)に掲載されることが16日、分かった。新潮社関係者は「目次の内容が掲載されている中づり広告を発売前に盗み見られ、週刊新潮のスクープ記事が週刊文春の記事に反映されることがあった」としている。』
 中吊り広告を盗み見後に記事の差し替えができるのか良く分からないが、そもそも週刊誌ごときが「センスプ砲」などと大新聞を凌ぐメディアとして持て囃される事がおかしいのではないか。私は文春も新潮も人権侵害を行うので大好きだが、あくまでも娯楽として読んでいるのであって、あれが「ジャーナリズムの王道」だとは思わない。所詮は週刊誌である。
 無論このカンニングが事実ならば、文春は批判されて叱るべきである。しかし、「センスプ砲」と呼ばれる記事は、そんな立派なものだったのだろうか。多くは芸能人のスキャンダルだし、どうせろくでも無い手段で取材したのだろう。意外性で言えば、せいぜいカイヨーの強姦程度だろう。

 ではまた。
 ところで、南の降板って、本当に「妊娠」だったっけ? しかし本当にそうだったら、やっぱり南さんは「月の人」だっわけだ。あのストーリー、確か怪獣が月をなくして...
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8770:Re: Re:南の降板理由 by sinzinrui on 2017/05/22 at 21:35:44

ロンとヤス様。

自分の記憶でも、妊娠ではなかったと思います。
そして、南はクビになった事を長く恨んでいて、和解したのは最近だったとか。

で、やっとこさメビウスに出てくれたとか。

8767:Re:南の降板理由 by ロンとヤス on 2017/05/21 at 17:02:37

わんばんこ!

本当の降板理由は、ウルトラマンごっこが
出来ない(要は女子をメンバーに入れない
といけないから)という理由で、視聴率の
急落とグッズ販売の伸び悩みだったよう
です。

で、スポンサーや局から制作側にクレームが
入って、急拠、北斗隊員が一人で変身すると
いった設定に。

これが史実だったように記憶しています。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム