トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

百田尚樹講演会中止と「韓国人に生まれなくて良かった」

 日本を代表する小説家が、サイン会すると脅迫電話受けたり、ベストセラーの存在が意図的に無視されたり、日本を代表する名門大学での講演会が圧力で中止なる国って、欧米にどれくらいあるだろうか。
一橋大で予定された百田尚樹さんの講演会が中止に 百田さん怒りのツイート 「サヨク連中から凄まじい脅迫と圧力受けたらしい」/産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html
 最初から「やる・やらない」で揉めていたが、結局一橋大学生の勇気ある決断で開催決定するも、日本共産党・左翼の嫌がらせに屈した形になってしまったのだろうか。しかし、いかにも日本共産党の手口です。絶対に自分たちが圧力をかけた痕跡を残さない。あくまでも実行委員会が自主的に「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」が理由だと言わせている。
百田尚樹氏 講演会中止/一橋大新入生歓迎会KODAIRA祭実行委員会
http://www.kodairafes.com/page/kikaku/hyakuta.html
『当委員会は本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎたゆえ、(いくつもの企画が犠牲となり、)「新入生のための学園祭」というKODAIRA祭の根幹が揺らいでしまうところまで来てしまいました。』
 大学の学祭なんて「行き過ぎたくらいに自由な空間」だと思っていたが、堂々と思想による選択が行われるようになったようである。こうやって、一部の政治勢力はじわじわと言論の自由や国民の知る権利を侵食していく。魔法の言葉「ヘイト」は、自由社会の病原菌に過ぎないと早く気づくべきだ。

 一橋大学といえば奥田愛基が学歴ロンダリングで(?)通ってる大学。そのスペッチさんのお友達は、最近こんなことでおかんむりらしい。
72279603f3d03b68dd46829648e2ee8a.jpg
 「韓国人に生まれなくて良かった」。(笑)。凄いタイトルをつけたものである。しかし、帯を見る限りでは、文在寅左翼政権批判であって、おそらく、日本の安全にとっても脅威になるとか、いわゆる赤化統一関連のことが書かれているのだろう。本屋に平積みしたら怒鳴られる内容ではない。現に日本では、上祐史浩の本だってアーチャリー正大師の本だって堂々と平積みになっているし、更に言えば国民の多くは嫌韓を支持している。
 そして何よりも、いくらこんな事をしても、Amazonで買えばいいだけの話。それどころか「連中が反対するのだから、きっといい本だ」と、かえって売れるのがお決まりのパターンである。
 文在寅の危険性を訴えるのと、新大久保で「殺せ、殺せ、朝鮮人!」と叫ぶのは全くの異質な行為である。沖縄ヘイトなどという意味不明の言葉もいつの間にか左翼内で定着している。「県外から来た基地外の左翼活動家を本土に叩き出せと叫ぶことか」と嫌味を言いたくなってくる。そのうちムスリムヘイトに女性ヘイトにLGBTヘイトもできるだろう。市民団体ヘイトにマスコミヘイトに組合ヘイトも出るかもしれない。本当は、共産党ヘイトを封じ込めたいだけなのだ。

 桜井誠どころか売れっ子小説家の百田尚樹の言論を大学学生企画が中止してしまった以上、今後保守的な市民団体は、野間易通や李信恵や沖縄活動家が大学施設を利用して行う講演会に対して、嫌がらせをかけ潰しにかかる、いや、自主的に中止に追い込ませるだろう。暴力で自由を奪う人間の講演を中止するのは当然ではないかと。何せ前科者がゴロゴロいる世界、理由はこっちの方が立ちやすい。
 そして朝日毎日のような大新聞が何を書こうとも、テレビの報道番組やワイドショーが何を叫ぼうとも、多くの国民は「お前ら、保守派への言論弾圧に対して知らん顔じゃん」と冷淡な反応を示す。そうなれば、左翼陣営だって黙っていない。かくて際限なく圧力合戦はヒートアップする。

 既に自滅は始まっているのだ。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
16位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム