トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日韓サッカーの遺恨は全部やらせ、

あ、タイトルは嘘。

 昨日になって、韓国のジャンピングエルボーが炸裂したというサッカーの試合(浦和レッズ対済州ユナイテッド)の一部を見た。もちろんジャンピングエルボーがどう炸裂するかを見たかったのだが、三沢光晴式だったのでがっかりした。いや、てっきり、ダスティー・ローデスみたいに日本選手の頭上に打ち込んだのかと思ったんで。年齢的なものか、エルボーと聞くとブッチャーとローデスを思い出してしまう。
 「何故嫌韓になったか」というアンケートをすると、2002年日韓共催ワールドカップという人が多いらしい。あえて書けば、サッカーの日韓対決はプロレスで言えば「因縁の対決」「血の抗争」、ブッチャー・シーク組vsファンクスやビューティーペアvsダーティーペアみたいなもの。サッカー素人の私からすれば、要するにドル箱試合じゃないかと思ってしまう。試合ごとに旭日旗がケシカラン政治メッセージがケシカランとギャラリー同志が対決するわマスコミや文化人が偉そうにお説教するわ。こんな熱いスポーツ対決が、今の日本に他にあるだろうか。
 もう政治メッセージ禁止なんて固いことを止めにして、応援席に桜井誠を呼んで、「あ、生意気にもトンスラーがシュートしました」とかヘイト解説をやってもらったらどうだろうか。一方韓国側も李信恵を呼んで反日解説をやれば良い。応援席だって旭日旗も慰安婦像も全部持ち込み可能にする。心置きなく罵りあったらどうだろうか
 そういえば昔、サッカーで日本と北朝鮮がノーピープルマッチを実施した。これなんかまさにプロレスである。無観客試合、大仁田厚とタイガージェットシンが電流爆破で戦っている。アントニオ猪木とマサ斉藤も巌流島で無人試合を戦っている。対北朝鮮カード、今やったら地雷爆破やファイヤーデスマッチになりそうである。で、試合中に受話器デブが日本にミサイルを打ち込んでヒートアップ。いよいよサッカー会場で死者が出ると。

d01a853990816453dc1ab29959e9d043.jpg ジャンピングエルボーを打った韓国の選手は補欠だったらしい。ヘイト団体「しきしま会」の放送を聞いていたら、あれはきっと乱闘専門の要員じゃないかと。凄い。
 水島新司の野球漫画「ストッパー」に同じような話があった。この漫画、金持ちのボンボンが野球選手になって、その球団を買い取ってオーナーになり、オーナー兼選手として活躍するというストーリー。そのオーナー選手がの三原心平が、乱闘用に馬鹿でかい選手を雇って、乱闘騒ぎになるとそいつが出てくると。
 ところが驚くなかれ、昔のパ・リーグでは「やらせの乱闘」に近いものががあったらしい。「極貧球団ー波乱の福岡ライオンズ/長谷川晶一著/日刊スポーツ社」という本に書いてある。黒い霧事件(八百長)で落ちぶれた西鉄ライオンズを継いだ太平洋クラブライオンズ。ロッテとマジな遺恨試合が続き客もエキサイトしたが、これは盛り上がると思って、ロッテに「遺恨を盛り上げよう」旨を頼みに行ったそうだ。まあ「何せ客が入ってないし、せっかくファンが盛り上がってるんだから続けましょう」の感覚だろう。しかし結局は「話題作りじゃないか」「ヤラセじゃないか」と顰蹙を買ったようだ。

 というわけで、素人の私から見れば、日韓サッカー対決はドル箱、サッカー業界の救世主にしか思えない。それと同時に、日本の移民問題は、欧米に比べてまだ「ネタ感覚」が強いのではないか。実際に、日本を具体的な恐怖に陥れているのは、北朝鮮であり中国であり、(科学的)社会主義・共産主義である。更に、南北朝線や中国に融和的な共産党や民進党が嫌われている部分も大きい。実はISだてLGBTだって、それを支持している左翼が嫌われているに過ぎないかもしれない。そういうことが、日本には案外と多い。
 もっとも、親北朝鮮の左翼・文在寅が政権に就いたので今後は分からないが、少なくとも大半の日本人は「在日朝鮮人が怖くて夜に街を歩けない」なんて感覚を持っていない。なんだかんだ言って、日韓両国はネタを出し合って、お互いにインターネットを盛り上げてるんじゃないだろうか。
 例えば、シリアのサッカーチームが西欧の選手と戦うと、どういう反応になるのだろうか。最近は実力をつけて、なかなかの強豪のようであるが。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
14位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム