トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ジャパン・ファーストなんてできる筈がない

 おはようございます。
 良く分からないけど、こんな感じだと思う。
 トランプ大統領は中東を訪問してローマ法王に媚を売ったと思ったら「温暖化なんてデムパさ」と言わんばかりにパリ協定を離脱した。アメリカが自国第一主義を唱えれば、当然に中国やロシアの存在がクローズアップされてくる。そういえば、フランスではマクロン新党が人気を博し、共和党と極左メランション党が伯仲して、社会党は日本の民進党のような状態に近づいているようだ。一方お隣の韓国では親北朝鮮の文在寅が政権に。
 偉大な安倍様にご統治いただける日本と違って、他所の国では「何が起きても不思議じゃない」状態である。そんな気がしないだろうか。
 グローバリズムvs反グローバリズムというより、世界に国々が新秩序を模索しているという気がしてくる。ソ連が崩壊して、自由社会陣営vs共産主義・科学的社会主義との勝負は終わり、「やっぱり共産主義は民主主義の敵対物。自由と民主主義こそが世界共通の至高の価値」ということになった。そして民主主義は我が世の春を謳歌したに思えたが、徹底的に民主主義を推し進めていった結果が、ソフトな共産主義であるグローバリズムや家族や文化の変容であり、外国人とホモレズオカマとイスラム教だけが得をするおかしな社会だった。反グローバリズム・自国第一主義は一種の劇薬に過ぎず、アメリカを含めどの国も鎖国までやる気などあるまい。
 分かりやすい例が我が祖国日本だ。軍事も食料も外国に頼っている日本に、真の反グローバリズム・日本第一主義なんてやりようがない。それどころか、自国第一主義が世界の潮流になったら、日本は滅亡の危機である。日本で叫ばれる反グローバリズムは、韓国人を日本から叩き出す程度であり、本当に自立した日本を作るわけではないし、そんなことが日本のような小国にできるはずがない。否、グローバリズムの恩恵で、外国に工場をガンガン作り安い労働力でしこたま金儲けをしてきたのが日本である。神様仏様グローバリズム様である。
 先日、日本第一党の岡村幹雄さんの事前運動選挙演説をYoutubeで聞いていた。彼自身、パチンコ依存症だったそうで、何とか脱出した経験談を語っていた。しかし、パチンコ店を規制したり、韓国人を強制送還したり、何とものどかな日本第一主義にも思えてしまう。サッカーで仲良く「喧嘩」したり、所詮は歴史認識レベルである。日本は真の独立国家になんかまれない。真の意味で独立国になりえるのは、アメリカ・中国・ロシアのような超大国だけである。
 降魔型エル・カンターレ像 昔の話なので記憶が不確かでスマソだが、ウン十年前のフランスで、社会党のミッテラン大統領が、「最終的にはアメリカにつかざるをえない」みたいなことを言っていた記憶がある。実際にそうだろう。自前の核兵器を持っているフランスですらそうなのである。日本が「真の独立国」になんてなれるのか。それどころか、世界の列強が新秩序を模索する今、「日本なんかどーでもいーや。日本で勝手にやってくれ」なんて事になったら、どうする気なんだろうか。
 しかし日本は今日も平和。共謀罪できのこ狩りができないとか、マスコミが大好きな二大学園ネタで前川さんが実地調査とか、伊藤詩織ちゃんがTBS社員に強姦された、良く分からないけど安倍が悪いとか、楽しい毎日である。これもきっと9条バリアと降魔型エル・カンターレ像、更には日本海沖に配備されたミサイルUターン装置のおかげなのだろう。

 天皇陛下万歳。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム