トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本共産党議席増は民主主義後進国の証明ーフランスでは共産党解散決定

 おはようございます。
 「戸籍の公開」って戸籍謄本を取ってくるだけですぐにできると思うのに、と思う今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 それはともかく、相変わらず民進党の珍妙ぶりは凄いですね。「民進党再生への道/菅直人」。凄い。みんな「アンタが駄目にしたんだよ」って言うに決まってます。
 もっとも偉大な安倍様も落ち目ですが。そうなると、公明党と共産党という宗教政党とカルト政党が目立ってくるのも無理もないところです。まあ公明党というのも少々クセのある政党ですが、やはり目が行くのは共産党でしょう。なんて書くと、「またアカの悪口を始めるのか」と言われそうですが。
日本の無防備なまでの寛容さ? 共産党躍進の不思議 7月8日/産経抄
http://www.sankei.com/column/news/170708/clm1707080003-n1.html
『▼共産党は昨年7月の参院選でも改選3議席を6議席へと倍増させており、じわりと、だが確実に勢力を伸長させている。民進党が、自民党批判の受け皿にも政権交代の選択肢にもなれずにいる体たらくなので、その分存在感を増しているのだろう。
 ▼ただ、こうした日本の現状は、世界的には稀有(けう)な事例らしい。歴史資料収集家の福冨健一氏の著書『共産主義の誤謬(ごびゅう)』によると、先進国で共産党が躍進しているのは日本だけで、欧米では消えつつあるという。米国や英国、ドイツ、イタリアなどでは共産党は国政の場に議席を持っていない。
 ▼「どうして日本には、共産党があるの?」。福冨氏が、諸外国の若者たちを国会議事堂に連れて行くと、決まって驚くのだそうだ。確かに、共産党は憲法違反だとして1956年に解散させた西ドイツ(現ドイツ)のような国からみると、日本の無防備なまでの寛容さは不思議なのだろう。』

 ユーロコミュニズム・構造改革論のお手本だったイタリアも自主消滅しました。そして、かつてはミッテランと連合政権作ったフランスでは、ついに解散宣言をしました。
フランス共産党来年にも消滅 100年の歴史に終止符/MONEY VOICE
http://www.mag2.com/p/money/259986
『フランス共産党の歴史に終止符が打たれつつある。フランス共産党総書記ピエール・ローレン氏は6月26日、一年以内にフランス共産党は消滅すると自ら宣言した。共産党は来年の解散を予定し、新たな名称で新党を立ち上げる。フランス共産党は1920年に成立して以来ソ連の援助を受け、かつてフランス最大の野党までのぼりつめた。しかしソ連解体で急激に求心力を失い、衰退の一途をたどった。』
 日本でも消滅は時間の問題だと思われていました。なのに民進難民を食い散らかして、浮動票をかき集めて、知らぬ間に復活し、多くの左翼市民運動でイニシアチブを握っている。それどころか、いつの間にか平成の中核自衛隊・赤い牙城会「しばき隊(C.R.A.C)まで手駒に加えている。
 一方、ネットを開けば過去に日本共産党が引き起こした殺人事件やテロ事件があまた掲載されている。最近投票した人たちだって、こういう記事を読んだことがあろう。もちろん過去に存在した共産主義国家がことごとく自由と民主主義を否定し、共産党にとって気に入らない自国民を手当たり次第殺し(数千万人単位で殺した)、国民を飢えさせる一方共産党幹部は優雅な生活を送り、侵略戦争を繰り返していたことも、知っているだろう。そして中国や北朝鮮もそのような虐殺国家であり、日本侵略を繰り返す敵国であることも知っているだろう。「日本共産党はソ連型の共産主義とは違う。議会制民主主義を守る」なんて与太話を信じる人が、100万人単位で存在するとは到底信じられない。
 昔、有名ブログ「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典」のコメント欄で、共産党止まり木説というのを読んだことがある。投票するところがないから、今回は共産党に投票しよう。そこで一休みして、政界が正常に戻ったら飛び立っていく。有権者だって疲れるから、喫茶店で一服しているようなものだと。ただ、喫茶店で一服したつもりがぼったくりバー、ってのが日本共産党である。そして痛い目にあい、一生を台無しにする人がまたたくさん出てくるのでしょう。
 正直、日本でもどっかから30歳代の老け専を連れてくるのが一番良いんじゃないかと思う。フランスの例からすれば、民進党から出すわけだが、あそこの衆参には30歳代の国会議員はいなかった気がする。奇策で佐藤あずさを引き抜いて党首に立候補させる、みたいなのがいいんだよ。だけど「まだ若い」とか棺桶世代の基地外が芳しいことを言いだして潰すのがアカの世界。ま、それができりゃ、こんなに落ちぶれないわ。一方、反アカは着々と、噂通り、たかみなを着々と...
 地道に「その喫茶店はボッタクリですよ」と警告し、とまり木から飛び立っていくのを待つしかないのだろうか。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム