トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

理由なきファシズムの好機

 民進党3.8%の衝撃。
 7月14日前の世論調査より。内閣支持率よりも民進党の支持率がネット上で少し話題になった。
安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6%-時事世論調査
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400769&g=pol
『政党支持率は、自民党が前月比3.9ポイント減の21.1%、民進党は同0.4ポイント減の3.8%。以下、公明党3.2%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%と続いた。支持政党なしは同4.5ポイント増の65.3%となった。』
n-NASHIX4-large570.jpg 民進党支持率3.8%。自民党が「かけもり」で着実に支持を減らしているのに、民進党も着々と支持率を減らしている。その受け皿で共産党が多少太るが、所詮このカルト政党には限界がある。かくて65%の人が、佐野秀光党首率いる「支持政党なし」の支持者になる。
 かけもりと二重国籍と宗教とアカ。選びようがないのだ。そして、こういう今こそ、ファシストにとって好機である。左翼が強いマスコミにしてみれば自民党の支持率が高いことがファッショであるが、とんでもな話だ。自民党も民進党も信頼を失った今こそファッショの危機なのだ。溺れるものは藁でも緑のたぬきでも掴む。
 いくらマスコミが自民党を叩こうと、「ナイフ買ったら逮捕」「花見の下見で逮捕」なんて素面で喋ってる政党に票が流れるはずがない。そもそも、自民・民進の既成政党のみならず、新聞・テレビのマスコミ論壇もすっかり支持率を落としているのだ。かといって共産は論外。公明は妙に敷居が高い。橋下徹復活とか、そんな展開がぴったりくる。若くて喋りがうまくて「こいつならばやってくれる」という期待感をもたせることに成功すれば、国民はぽっと出の新人にでも投票するだろう。

 そもそも、安倍晋三総理大臣は金関係で少しだけボロを出しただけで、政策としてはそれほど失敗していない。デフレ経済の脱却とまではいかないが学生の就職率は格段と上昇し、賃上げに女性進出に時短に取り組み、北朝鮮の脅威や中国の膨張に備えて安保関連法案にテロ等準備罪の設立。こんな立ち回り、民進・共産連合にできるはずがない。
 そういう意味では、大した理由がないのに政治不信が渦巻いているのが今ではないのか。実態は、単に国民が「安倍疲れ」しただけではないのか。ワイドショーレベルの下らない報道で、「何か安倍さんも飽きたしな~」って気分にさせて、かといって蓮舫志位コンビに任せられないのは明白だから、65%もの棄権党員が生まれる。
【炎上】民進党・江田憲司が「女の支持率はワイドショーで騙せる」と示唆
http://netgeek.biz/archives/99399






 これは民進党議員の発言なので叩かれたが、案外と本当だと思う。確かに新聞の世論形成力は失ったが、どうでもいい芸能人の痴話喧嘩を中心に報道するワイドショーの影響力は未だに健在だ。ワイドショーに限らず、週刊誌にインターネット。お下劣でタブーのないメディアは視聴率・売上・面白さだけで動く。そして、人間とはそういうもので動くのだ。「集団的自衛権で若者が殺し殺される、徴兵令だ」「共謀罪は治安維持法の復活だ、花見の下見で逮捕」なんてデマ扇動をあっさり見破るほどに賢い人間が、「安倍首相がんばれ!安倍首相がんばれ!」には度肝を抜かれあっさり騙される。
 二大学園だって、別に金関係で怒ってるわけではない。塚本幼稚園や前川喜平が面白いだけである。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

常時2人オフ会受け付けてます。握手会もOKです。なお、男なので、パンチラはありません。

ただし、基本的に、土日・祝祭日希望。(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
18位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム