トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

救国の不眠英雄・枝野幸男

民進党党主が内定した枝野幸男氏 さて、民進党党首選挙だが、有田芳生vs枝野幸男だったらまだ面白かったと思う。
 方や「在特会に勝った男」、方や「未曾有の国難を救った不眠の英雄」である。どっちもブランド力が高いし、お互いが強みをアピールすればそれなりに国民の注目を浴び盛り上がる。しかし、前原誠司と枝野幸男じゃあ勝負になるまい。前原誠司は改憲派で共産党を「シロアリ」と断言する保守派なのがセールスポイントだったのに、蓮舫の下でやってたことはシロアリに餌を与えただけである。その点枝野氏は「今こうしてインターネットができるのも枝野さんのお陰」の印象が国民の中にもあり、「#枝野寝ろ」以降しばらくは「枝野総理大臣」の声もあった人である。未だに橋下徹総理大臣の声が根強いのと同じく、「下」から総理大臣の声が上がった人間は、案外と底力を持っているものだ。タマキンやクイズ王が党首選に加わっても、日本を救った男に勝てるだろうか。

 それはともかく、前原誠司もすっかり劣化した気がする。
 産経新聞に面白い記事があった。蓮舫、なかなかの逸材だったのに、民進党の爺さんたちが殺してしまったという見方である。興味を持った方は、クリックして全文をお読み下さい。
墜ちた女王、栄光と挫折 「ジャンヌダルク」を殺した民進 蓮舫氏、満身創痍で退場/産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/170728/plt1707280005-n1.html
『政権運営の失敗という烙印(らくいん)を背負った民進党にとって「ジャンヌダルク」ともいえる存在だった蓮舫氏は、満身創痍(そうい)で退場を余儀なくされた。』
『ただ、蓮舫氏が余人をもって替えがたい発信力とキャラクターを備えていることも否定できない。
 蓮舫氏は旧民主党政権時代、むだな予算に敢然と切り込む姿から「仕分けの女王」と称された。人気は根強く、先の東京都議選では党勢が低迷する中、蓮舫氏がビラを配ると他の議員とは比べものにならない早さでビラがなくなった。』

『蓮舫氏が昨年、代表選への出馬を表明した当初は、政府・与党関係者の間にさえ、強力な発信力を持つ野党第一党リーダーの誕生を危ぶむ声があった。
 しかし、代表就任後は、あやふやな説明を続けた「二重国籍」問題に加え、党運営での調整能力の欠落が折に触れて顕在化し、求心力はみるみる低下した。
 一連の迷走の責任はもちろん蓮舫氏にある。しかし、希有(けう)な発信力と存在感を備えた蓮舫氏を育て上げることができなかった民進党のいたらなさもあった。豊富な経験を持つ党の重鎮らが、かんで含めるように蓮舫氏を諭すべき局面もあったはずだ。』

 すなわち、元タレントの蓮舫は政界でもキャラとして際立っており、選挙でも圧倒的な集票力がある。無論、今回の二重国籍対応のように悪いところもあるが、そこは民進党のオッサン達がフォローして「救世主」蓮舫を一致団結して持ち上げればいいではないか、という意見である。
 実際問題、岡田克也が党首に再選された時点で、立候補もしてないのに「何で蓮舫じゃないの?」の声が多かった。そしていよいよ待望の蓮舫代表、久しぶりの「民進党がワクワクする場面」だった。しかしそれが逆に墓掘り人になってしまった。果たしてそれは「共産党と組んだから」だけなのだろうか。この党の幹部は、賢明な日本国民と違って、党内の「輪番停電」なんかに協力できないのではないだろうか。蓮舫を潰すくらいならば、枝野幸男だって潰すかもしれない。更に、民進党内に巣食った赤いシロアリもムシャトムシャと民進党を食い荒らしている。

 一方、自民党も混迷の様相を呈している。マスコミ・左翼の怒りが爆発したのか、安倍晋三のみならず、「後継者」の稲田朋美をも狙い撃ちする高等戦術が見事に功を奏し、「ポスト安倍晋三もOK」とはとても言えない状態である。内閣改造の際に橋下徹を民間大臣で登用する噂もあるが、それが本当ならば、自民党も「往年の総理候補」登場である。
 こういう政治不信が渦巻いている情勢では、小池百合子新党とか、ぽっと出の老け専マクロンみたいなのが案外と効果があるのだ。しかし、そんな元気な30歳台の若手が存在するのは自民党くらい。民進党には30歳代の国会議員なんていない。そして公明党と共産党には、佐々木さやかとか吉良よし子とか、まさに適役の若手がいるのだが、この両党はそういう下克上が一切許されないシステムになっている。そういう政党が今一番「安定」しているのも、悲しい日本の現実である。

 さて、往年の英雄・不眠の救世主枝野幸男は、福島レベルに崩壊した民進党を立て直し、再び総理大臣の声がかかるのだろうか。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8992:Re: 口蹄疫拡散を期待する by sinzinrui on 2017/08/04 at 21:38:19

> このオフレコ発言はどの野党のどなた様でしょうか。

本当にそうなのか判断できませんですが。私の言いたいことは「枝野幸男こそが日本の救世主」と
いう意味ではなく、きちんと国民は「マスコミに惑わされず、見ているところは見ている」と。

8987:口蹄疫拡散を期待する by 韓国人 on 2017/07/31 at 19:32:27

このオフレコ発言はどの野党のどなた様でしょうか。

「自然災害とか何か大きな現象が起き、これに官邸が対応できないことだ。菅義偉官房長官も地方に相当出るんでしょう? 万が一、2人(安倍首相と菅氏)が官邸にいない時に、こういう現象が起きれば、『官邸は選挙だけに夢中で、政府として最も大事な時に対応ができなかった」となる。こんな事態となり、それだけを(我が党が)攻めれば、(議席増の)自信はある」

「安倍晋三首相の失言が最大のチャンスだ。党首討論でイライラしてくれたらベスト。そうしたら雰囲気は変わる。うちのトップにでもできるだけのネタは仕込むつもりだ」「閣僚の失言、これは決定的なものがいい。期待するなら麻生(太郎副総理兼財務相さんくらいか。麻生さんはテレビに出る機会はあるの?」

「マスコミの世論調査報道の後、これは君らマスコミに期待だ。ここで自民党がさらに強くなるのか、それとも風がこちらに吹くのか。本当に期待している」

8984:Re: 華の30代 by sinzinrui on 2017/07/30 at 20:27:17

みれい様

> ガードが固いです。

あまりに固すぎて、結局まゆゆみたいに...

8983:華の30代 by みれい on 2017/07/30 at 07:32:20 (コメント編集)

今井絵理子さん始め…
「元気な30代」が揃っている自民党。
ただ、元気過ぎて…
安倍さんの足を引っ張っているというのも皮肉なものです。

共産党の吉良よし子さんも…
路チュー写真がありましたね。

公明党の佐々木さやかさん。
文春や新潮がターゲットにしてることは間違いありませんが…
さすがは、創価大学法学部出身。
ガードが固いです。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

Twitter

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム