トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

甲子園高校野球からチアリーダーがなくなる日

 狂える欧州、狂えるイギリス。そしてこれが日本の近未来。
 イギリスの話です。
「女子生徒のスカート着用禁止!」の新規則が学校に登場
https://www.japanjournals.com/uk-today/10057-170912-2.html
『9月に入り、新学年が始まった英国のある学校で、「ジェンダー・ニュートラル」の見地から、女子生徒の制服をズボンに限るという新規則を定める学校が登場し、賛否両論が巻き起こっている。「メトロ」紙が伝えた。
イングランド南部サセックスのルイスにある「Priory School」では、今学期から女子生徒のスカートを禁止することを決定。女子生徒もズボンを着用することになった。
校長は、校内にいる、「5~6人」のトランスジェンダーの生徒への配慮から、「シンプル」な制服を選択するに至ったと説明。
これに対して、「少数の生徒への配慮も大切だが、大多数のスカートをはきたいと思っている女子生徒たちの気持ちは無視されてもいいのか」「行き過ぎだ」といった声と、校長の判断を支持する声の両方が聞かれているという。』

 これがLGBTとやらに対する配慮ならば、男性だってスカートを履きたい人に対する配慮も必要だろう。トランスジェンダーなる一種の精神病に対してこんな「配慮」をする理由がどうしてあるのか、さっぱり分からない。
 ホモレズオカマオナベのような変態を悪用して、男女平等どころか性別そのものを破壊するLGBTという名の悪巧みは着々に世界中で「成果」を挙げている。そして、その目的の一つが「スカート撲滅運動」にある気がする。日本共産党を筆頭にする左翼勢力にとって、スカートは纏足のような前近代的制度の産物、スカートを廃止することが女性を奴隷的地位から開放する戦いと考えているのか。というのは、昔「週刊新潮」で、日教組の教研集会で「スカート廃止」を切々と訴えていた記事を読んだことがあるのだ。現物がなく、ちょうど全文を掲載しているブログがあったので、そのブログより引用する。
週刊新潮・「日教組」教研集会で発表された亡国の授業光景/反日はどこからくるの
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/42978080.html
『また、この文科会で盛んに叫ばれたのは、「男女混合名簿」や、男女ともに「さん」をつけているのは、おかしいのではないか、といった趣旨の質問があった。ジェンダー平等をめざす取り組みに対して、保護者の理解が十分なされていない現状が明らかになった」
 と報告したが、男女の性差を尊重しない偏った姿勢に、どうして保護者が理解を示す必要があるのか。
 だが、大分県の高校の女性教諭は、さらに過激な主張を展開した。
「制服をなくせばいいのに。男子はズボンで女子はスカートという伝統が崩れないことに、歯がゆい思いをしております。スカートをはきたくない子どもたちは進学をあきらめるしかない。もしくは自分を押し殺して3年間を過ごすことになる」』

 誰だって「自分を押し殺して」人生を過ごしているのであり、挙句には進学を諦めるかもしれないとか、馬鹿らしいにも程がある。しかし、おそらくこの馬鹿げた主張が、徐々に浸透することになるだろう。
 中華民国(台湾)でも、こんな動きがある。
【悲報】3年以内に台湾から「制服のスカート」が消えるかもしれない(沢井メグ2014年9月8日)
http://rocketnews24.com/2014/09/08/485070/
 さて、来年が3年め、状況がどうなったのか分からないが、いずれにせよ時間の問題だ。トランプ大統領のような自国第一主義・右寄り革命の風潮が欧米に広まらない限り、遅かれ早かれ「女性を男性の性的対象に貶めるファッショ的反動的衣装・スカート」は徐々に世界から消えていく。
DHzut9lUIAARpcO.jpg 日本だってそうなる。いきなり制服廃止は無理だろうが、例えば「高校野球のチアリーダー応援廃止」あたりから手を付ける。昔から男性のパンチラ撮影問題に悩まされ、あれぞ女性を性的対象に貶めてるわけだし、なおかつ男女の役割分担を固定化させている。そこを突破口に、徐々にジェンダー思想の牙を向いてくる。LGBTの時だってそうだった。最初は「A男さんがB子さんが好きなのと、A男さんがB男さんが好きなのと何も変わりがない」と、単なる個人の自由の問題じゃないかと調子の良いことを言っていた。そして気がついてみたら、やれ結婚させろやれ変態便所を作れやれ出産させろ。

 共産主義という悪魔は、自由と民主主義を否定し、あまりに大量に国民を殺しまくったので、今や絶滅寸前である。しかし、「リベラル」という悪魔は、自由と民主主義のインフラ上で改良主義を装い巧妙に選択された「弱者」を悪用し、「平等」「差別反対」を装い徐々に世界を蝕んでいる。いくら左翼が退潮しても、保守政党が、いや文化そのものが「リベラル」に毒されているのだ。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9110:Re: スカート丈 by sinzinrui on 2017/09/19 at 21:48:42

ロンとヤス様

> そもそも一般学生のスカート丈のほうが
> チアリーダーよりも短くなったのが、
> チアリーダー不要論の始まりかも。

自分も同じことを考えました。
チアのスカートも制服のスカートも短ければ、カラフルな見せパンのチアよりも、生パンの制服を
盗撮したほうが面白いに決まってるって。

9109:スカート丈 by ロンとヤス on 2017/09/18 at 21:30:58

わんばんこ!

そもそも一般学生のスカート丈のほうが
チアリーダーよりも短くなったのが、
チアリーダー不要論の始まりかも。

最新コメント

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

顔本

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カウンタ(2011.8中旬あたりから)

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
17位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム