FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「リベラル」こそが最悪のマインドコントロール

(同日微修正)
 ところで皆さん、マインドコントロールってどういう意味か知ってるのだろうか。
 脱カルト協会で偉そうに「まいんどこんちょろうる、まいんどこんちょろうる」とお説教している人でさえ、案外と自分の使っている言葉の意味を知らないのである。
 Wikiによれば「人の思想や情報をコントロールし、個人が意思決定する際に、特定の結論へと誘導する技術」。実は自分で自分の心を平静に保つのもマインドコントロールである。
 カルト宗教絡みで言えば、他人(教団側)が誘導しているのに、あたかも自分で選んでいるように思わせるテクニックのことである。そのために、偽装団体作ったり、イケメンやロリ顔を勧誘にあてがったり、最初は奢りにして恩を売ったりetc、「その種の本」に掲載されているテクニックが使われる。

 この日記で、ちっとも自由にならないリベラル、ちっとも多様性にならないダイバーシティのことを何回も書いた。ホモやレズやオカマおなべは自由になったかもしれないし、中学や高校で、男が制服スカート着ようが女が学ランを履こうが自由になったが、水泳の授業で男がふんどしはいたり女がビキニで授業を受けられるわけでもないし、パーマやイヤリングや化粧に超ミニスカが許されるわけでもない。しかし普通、自由・多様性とはこういうことを言うのだ。
 ダイバーシティでハラール対応やイスラム教祈祷室は増えるようになったが、人気アイドルの飼い猫の下に聖教新聞があっただけで蜂の巣をつついたような騒ぎになり、人気女優が給料への不満で宗教団体専従になっただけで、テレビやスポーツ新聞がその女性の一挙一動がしつこく追いかける。そして、イスラム大好きなダイバーシティな人は、誰一人殺していない前記の宗教を「カルトカルト」と罵り、優越感に浸っている。

 ふと、リベラルとダイバーシティこそが、最大のマインドコントロールではないかと考えるようになった。少なくとも、日本の「リベラル」「ダイバーシティ」はマインドコントルールで、自由で多様性がある社会なぞ作る気がなく、最初から国民を左翼に都合のようように誘導するつもりだったのではないだろうか。そして、ヨーロッパの極右政党の大ブーム、アメリカのトランプ現象、日本の嫌韓は、ただ単にマインドコントロールが徐々に解け始めた証拠ではないのか。
 日本に関して言えば、リベラルの大半は日本共産党のような左翼政党の支持者である。いわば、リベラルという言葉がそもそも隠れ蓑、ダミーサークルなのである。正体を隠し、徐々にハードルを上げて行く。LGBTでいえば、いきなり「変態便所」や「公式書類から男女欄廃止」は持ち出さない。最初は「女が好きでも男が好きでも同じじゃん」と主張する。例の「A子さんが好きでもA男さんが好きでも」理論である。その時点で見破る人もいるが、残ったカモに「ホモだって結婚したい」「おかまって差別語だ。トランスジェンダーというべきだ」と、徐々に「男・女の区別の大半は、社会的に後天的に洗脳されたもの」のジェンダー論に誘導する。
boys03-e1458037330239.jpg だって、実際にそうだったじゃないですか。「リベラル」な人は、左翼・反自公という正体を隠し、小出しに主張してきたわけですよ。そして、ジェンダー論のマインドコントロールに成功すればしめたもの、もはやあなたは「リベラル」の奴隷、サリンを撒いて死刑になっても本望になっています。ホモレズカップルでも結婚だけではなく出産も、女性がスカートをはくのはおかしい、そもそも男女なんて区別があるのがおかしい、トランスジェンダーに配慮するために役所の書類から男女欄を消してしまえ。それどころか「お父さん、お母さん」「夫・妻」「弟・妹」、結婚も「パートナー」...
 みなさん。「麻原彰晃は空中浮揚が出来る最終解脱者」「至高のグルのためならサリンを撒ける」と信じ、数々の犯罪に手を染めた人達を私達は笑えるでしょうか。5年前、役所から男女欄が消えたり、「おかま・おなべ」専用便所が出来たり、学校で「◯◯ちゃん」「◯◯君」は避けるようになったり、ついに「お父さんお母さん」も抹殺... 考えもつかない「非常識」が、何食わぬ顔で通用しているのです。「お父さんお母さん禁止」に比べれば、大川隆法の霊言の方がよっぽど常識的じゃないですか。これが「弱者への配慮」「多様性」の名の下、気がついたらいつの間にかこうなっていたのです。しかも、これが「極右」安倍政権で実現しているのです。
 いや、日本だけではありません。それどころか、ヨーロッパではこんなのは既に常識なのです。伝統文化が影を潜め、移民に「配慮した」「やさしい」国家になり、イスラム教がキリスト教を追い抜く勢いなまでに「リベラル」になりました。多くの国では少子化対策に悩まされ、おっと、産む・産まないは権利であり、結婚なんて友達が一緒に住んでるだけのもの、喧嘩すればとっとと離婚します。
 本当に日本も世界も「自由」「多様性」になりました。もっとも、幸福になったのかはわかりませんですが。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9592:Re: 人権派の矛盾 by sinzinrui on 2018/04/15 at 09:11:14

みれい様

> 「リベラルとは、左翼と呼ばれたくない人の自称」

何かこれに尽きる気がします。
「共産主義崩壊で生まれた思想難民の生きつく場所」というのも聞いたことがあります。

おそらく、自民党への攻撃材料になれば、何でも良いのでしょう。
イスラム国やオウム真理教ならば擁護しても左翼的雰囲気を醸造できるが、
創価学会も幸福の科学も、擁護しても左翼にとってはメリットない。
ましてや日本会議なんか、改憲愛国なんだから叩き潰してやる。

実際、日本会議なんか、小さい保守的な宗教の集合体です。
何の力も持ってないみたいですよ。

まあ、多少の事があっても、創価学会も程よく枯れて、「大人の対応」で何
も騒がないのでしょう。
いくら騒いでも、「リベラル」の意見が主流になることはないですから。

9586:人権派の矛盾 by みれい on 2018/04/11 at 15:47:44 (コメント編集)

「リベラルとは、左翼と呼ばれたくない人の自称」
池上彰氏が解説してましたね。
最近の民進党は「中道的」などと言い出しているようですが…
従来のリベラルや、公明党の中道主義とは、どう違うのでしょうか?
単に、左翼と呼ばれたくないだけでは?


差別、人権、マイノリティを語る人たちが…
一部の宗教に対しては、まるで正反対な言動をすることがあります。
遠い国のムスリムは擁護するが、隣の創価学会は罵倒する。
この矛盾は、どこから来るのでしょう?
高橋みなみさんの聖教新聞も…
赤旗だったら、問題ないのでしょうか?


過激派や共産党、労組などの方が、よほど暴力的で非常識な過去があります。
だからと言って、労働組合はカルトだからキケンとは言わないでしょう。
クメールルージュなど、世界各地で暴力と殺戮を繰り返してきた共産主義。
拉致、暗殺、テロ、公開処刑…
最近では、北朝鮮も暴れまわってます。
ほんの数十年前まで、日本共産党だって、色々とやってたじゃないですか。
左翼の血生臭い暗黒史と比べたら…
幸福の科学なんて、かわいいものではないでしょうか。
過激な左翼を野放しにする一方で、単に世間知らずな宗教団体をことさら危険視する。
どこか、矛盾してますよね。
中核派に入るくらいなら、幸福の科学に入った方が、まだマシのような気がします。


どうして、このような矛盾が生じるのでしょう。
結局、平和運動も弱者救済も人権問題も…
政治闘争やイデオロギー闘争の「手段」として利用しているからです。
最近では、「反原発」などもそうですよね。
純粋に原発をなくそうというよりも、政権批判の「材料」として利用している。
党派性ばかりが目立ち、公平性のカケラも感じません。
戦後の原爆禁止運動が分裂したことも象徴的です。
純粋に原爆をなくす為に団結するのではなく、イデオロギーや党派に固執し、醜い内紛を繰り広げる。
ここに、彼らの不純さを感じます。
政権と協力する、或いは政権を誘導することにより政策を実現するのではなく…
政権を倒す為に、政策を利用しているようにしか見えないのです。
政策を実現することより、政権批判、政権打倒を優先している姿と言えます。
「反核・平和」というなら、目的は一致してるんですから、創価学会とも協力すればいいじゃないですか。
それが出来ないのが、左翼なんでしょう。


蛇足ですが…
オウムを擁護するより、創価学会を擁護する方が、叩かれるリスクが高まることも見逃せません。
オウムを擁護しても、「信者だ」「広告塔だ」とは言われませんよね?
一方、創価学会を擁護すると…
「学会員だ」「広告塔だ」「御用学者だ」と、バッシングされます。
「公明党に仏罰を」の佐高信さんより、佐藤優さんの方が、リスクが高いわけです。
お笑い芸人の村本さんより、久本雅美やナイツの方が、よほど叩かれてるのではないでしょうか?

9585:立憲民主党=韓国人帰化人議員陳哲郎 by 枝野幸男=自然災害を期待する on 2018/04/11 at 15:29:50

枝野幸男=「多様性ガー!」=在日韓国人朝鮮人部落解放同盟の利権が最優先!
野田聖子=在日韓国人の利益が最優先淫乱不倫芸能マスゴミ女が推奨する総理大臣候補「夫婦別姓ダー!」
小西洋之=知的障害変態韓国顔

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR