トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

オウム真理教はマインドコントロールするカルト宗教ではなく、サリンを撒いた殺人集団

 ちわ。
 アーチャリーさん、攻勢に出ております。
西田公昭教授に内容証明にて質問を送りました。2018.04.12 Thursday
http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=234
4月8日 光文社に対して通知書を送付しました。2018.04.09 Monday
http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=232
フジテレビが『止まった時計』をでたらめと報じたことに対して損害賠償請求の裁判を提起しました2018.03.30 Friday
http://blog.asahara-kousoshin.info/?eid=229
 Twitterを見ていても強気の発言が多く、正直、中には「どうか」と思うものもある。しかし、10日にはテレビ朝日の朝のワイドショーにも登場したらしく、コツコツと支持者を獲得している印象である。
 ただ、オウム真理教はマインドコントロールをするカルト宗教ではなく、地下鉄に毒ガスサリンを撒いた殺人集団である。国民は宗教だから偏見の目で見ているのではなく、殺人集団だからこの世の中からなくなってくれと言っているのである。「我々は新大久保にガス室を作る」と新大久保のコリアンタウンで叫んで顰蹙を買ったのが在特会であるが、「我々は上九一色にガス室を作る」どころか、実際に作って松本市裁判所近くや東京の地下鉄にばら撒いて、良い日本人も悪い日本人も、大人から子供まで皆殺しにしたのがオウム真理教である。
itimi.jpg むろんTwitterでアーチャリーに絡んでくるのには、うんこみたいなのが沢山いる。しかし、大半の日本人は優しい。だからこそマスコミは、かつて飯のタネとして散々悪用した「ブス」「豚」をテレビに出演させているのである。そして国民もそれを許容する。「とにかく、何を言っているのか聞こう」というわけである。しかし、カルト対策が進んでいると脱カルト協会が絶賛するフランスでも、ご存知のように、宗教が武器を持って国民の命を狙えば容赦なく殺す。アメリカだって平気で殺す。良い信者も悪い信者もどちらも殺す。
 無論、麻原尊師の健康状態に関して、さまざまな法的問題が生じることは間違いない。いや、オウム真理教裁判に関して、多少の欠缺があるだろう。しかしそれは他のあらゆる刑事事件でも生じる問題であって、尊師や高弟の罪が軽減するまでに至るまい。
 死刑執行停止はともかく、あれだけ新聞が死刑廃止に世論を誘導しようとしても、死刑制度存続を支持する国民が多い以上、尊師も弟子も死刑にするのはやむを得ない。「あの程度」が教祖以外12人が死刑執行停止になるのならば、造田博さんなんか無罪放免である。いや、小林薫だって、何よりも極貧の家庭に生まれ、親から「間引き」された半盲の松本智津夫さんこそが執行停止である。
 マスコミも一方的な報道は控えて欲しい。多くの国民が支持している「どうして早く死刑執行しないのか」「そもそも、破防法解散命令はできないのか」にも耳を傾けて欲しい。少なくとも、「オウム殺人犯死刑執行を安倍が政治利用して」などと思っている国民は皆無であることは肝に銘じて欲しい。
 ではまた。
 
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9590:Re: アーナンダ正誤師様 by sinzinrui on 2018/04/15 at 08:58:09

> こういう訴訟大好きなところもオウム真理教の精神そのものですね。

たしかにそうですね。
「それはアーチャリー正大師のカルマだよ」ってわけには、何故かいかないのですね。

9589: by アーナンダ正誤師 on 2018/04/15 at 07:35:21 (コメント編集)

こういう訴訟大好きなところもオウム真理教の精神そのものですね。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR