FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

国会前老人デモにシリアにサリン、ふたりの大阪ラストナイト... 安倍様で良かった!

9_20180415075805036.jpg 昨日の国会前は、森友騒動絡みで、日本共産党を中心にした左翼勢力と、チャンネル桜の水島総が中心になった保守勢力が政治ごっこをエンジョイして、なかなか楽しかったらしいです。
 左翼系デモは、朝日新聞に大々的に広告を出して参加を呼びかけた効果があったようで、貴重な休日を動員で潰された多くの労組関係者をはじめ、恒例の「仕込み創価学会員」や立民・社民党そして過激派も参加。平和勢力とは口だけ、警察のバリケードを暴力で破壊して、高齢者を中心にした述べ5万人は憂さ晴らしをして帰りました。KAZUYA曰く、『参加人数が「盛りカケ」』『安倍政権は嘘をつくなと言いつつ、人数の主催者発表が嘘』とのこと。
 一方、水島総グループも、ほそぼそとながら、それなりの人数を集めたようです。ただ、マイクを持ったのが三輪和雄氏とかチャンネル桜のメンバーだったようで、やはり寂しかったです。村田春樹氏が何故か左翼学生みたいな私服で登場、曰く「連中のポスターを剥がそうと思ってこういう格好で来たが、昨日のうちに警察が剥がしてくれた」と。
 ちなみに我らが日本第一党は、更にほそぼそと沖縄で講演会。神奈川と同じく、党員が納めた党費を無駄遣いしないようにA4の紙を並べた「看板」で、どっかの会議室で数十名の大観衆を集めて憂国の講演会、講演会終了後だって、党員が納めた党費を無駄遣いしてカラオケ大会、桜井党首は女性党員に得意のカラオケ強制でセクハラ攻勢。これもきっとネットで安倍ンジャー・パヨク・朝鮮人がばら撒くでデマ「桜井誠はホモ」を払拭するために嫌々やっているのでしょう。



 そんな中、サリンを自国民の市民に噴霧したアサドを殲滅するために、アメリカ・イギリス・フランスがシリアを爆撃しました。もちろん安倍首相は支持。あの枝野幸男氏ですら、支持こそしませんが「3カ国の行動はやむを得ない側面もある。」と部分的に正義があることを認めています「「日米は100%一体だそうですから…」 立憲・枝野氏/朝日新聞」。
 全く日本はいい国です。あんな反体制デモ、シリアだったら皆殺しです。否、アサドが殺さなくても、アラーさんやコーランの教えに従わない以上、男と18歳以上の女はISに殺され、17歳以下の女は性奴隷や人身売買。犯し心地が悪くなったら、人間爆弾になるか失意の中で発狂死するかを選択させられます。しかもクルド民族主義まで絡んでいます。シリアに住んでいるだけで、いつ殺されるか分かりません。だからシリア国民は続々と国から脱出し、それがヨーロッパに暗い影を落としていることは皆様ご存知のとおりです。
 それに比べて、日本は何と素晴らしい国でしょう。マスコミが必死で批判しても、選挙をやる毎に勝って勝ちまくる安倍晋三さんを「安倍やめろ」「アベ政治を許さない」と罵り続けようがサリン噴霧殺害の心配もなく、シナ人朝鮮人を「奇妙な果実」にして恐怖を味あわせろと叫ぼうが、夜になれば「ふたりの大阪」デュエット強制もできます。これも全て、天皇陛下と安倍様の偉大なみ力・慈愛の賜物なのです。
 それどころか、朝の地下鉄にサリンをばら撒いた殺人集団の首謀者以外は死刑回避しろ、否、首謀者の裁判をやり直せなんて堂々とマスコミが流しています。ヘリコプターからサリンを撒いて日本人皆殺しを企図した狂気の殺人集団の大幹部が宗教評論家として大手を振ってコメンテーターとして活躍し、インターネットでは、それら元幹部や全国指名手配犯(無罪)が、何やら熱い議論をしています。

 昨日の反体制デモの中心である日本共産党は、当然のようにシリア空爆を非難しました。北朝鮮の時と同じように「対話」でもするのでしょうか。アサドやISや金正恩に比べれば、安倍晋三さんの方が対話可能なのは言うまでもありません。しかし、何かあれば審議拒否、国会前でプラカードにラップ。共産党の言うことを誰が信じましょうか。
 シリアや北朝鮮で権力を批判することは死を覚悟することです。否、批判しなくても、一方的な主張で性奴隷や失意の中で発狂死が待っています。そして言うまでもなく、中華人民共和国もそういう国の一つです。だから、日本共産党がいくら「我が党はソ連のように独裁国家にしない」と言っても、国民は信用しません。今まで存在した共産主義国家は、全て自由と民主主義を否定し、反政府勢力を片っ端から皆殺しにする独裁国家です。だから西欧では、日本共産党と同じ主張(ユーロコミュニズム)をしていた共産党もほぼ壊滅しました。
 安倍様が仮に総裁選で負けても、次も自民党総裁の誰かが政権を維持するだけです。少なくとも、石破茂や小泉進次郎が次々と謎の死を遂げるなんてありえません。国会がパニクってるのは、土地がディスカウント価格か適価か、そんな話です。何を言っても、国会前に安倍様の毒ガス攻撃が炸裂することはない。ないどころか、左翼どもは警察をふっとばして平然としています。

 天罰も仏罰も当面なさそうですね。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR