FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

オウム真理教と赤報隊が「2大人気犯罪集団」

sekihoutaiTshirts.jpg さて、昨日の赤報隊顕彰関連ですが、「行動しすぎる保守」桜田修成氏メンバーが中心になって、築地の朝日新聞前で開催されました。
 私がある意味感動したのが、おにぎりメンバーのこれ。赤報隊Tシャツです。
 後には一億人の赤報隊が続く。尊師Tシャツ真っ青の不謹慎Tシャツ。これ、ここに来る際に、これを着て電車に乗ったのでしょうか。だとしたらすごい度胸です。見ての通り、おにぎりさんはミニスカートで登場。この日は風が強く、赤報隊顕彰Tシャツでのパンチラを期待しましたが、駄目だったようです。
 なお、神戸の朝日新聞社前でも、川東大了メンバーが赤報隊顕彰集会を開催予定でしたが、C.R.A.C(しばき隊)の激しい妨害にあい、「謝罪記者会見」実現不能に陥ったようです。

 まあ、こうしたデモは当然に主流派になれないんですよね。しかしご存知のように、ソフトな赤報隊は続々と増えています。
 「朝日新聞左偏向」問題は、私の若い頃からずっと存在してきました。そして、赤瀬川原平「アカイ アカイ アサヒ アサヒ」のようなショーもない事件から朝日記者川本三郎が過激派を隠匿・協力して逮捕される救いようのない事件まで、他にも教科書「侵略→進出」書き換えがなかった(書き換えられたのは日本ではなくベトナムだった)やら、説明不要の西表島珊瑚礁落書き捏造やら、多くの問題を起こしてきたのも事実です。ただ、「諸君!」や「正論」のような月刊総合誌や週刊新潮のような皮肉屋による批判が中心で、それこそ右翼団体の「日教組撲滅」と並ぶ定番といった趣でした。
 しかし時は過ぎ、インターネットが普及するにつれ、一般社会にも「アカヒ新聞」が定着してきました。そして新聞業界そのものが、インターネットによって徐々に権威を失っています。

 心無いことを言えば、オウム真理教のサリン噴霧と赤報隊朝日新聞襲撃事件が、「2大人気犯罪者」なのではないでしょうか。そして、「目的を達成した」という点で、この2つの犯罪は共通性があります。
 「オウム真理教が目的を達した」と書くと、異論を唱える人がいるかもしれませんですが、尊師の弟子たちの願望はとんもかく、真理の御魂・最聖・麻原彰晃尊師の「目的」は十分に達成しています。可愛い女の子を騙してハーレム作ってセックスし放題、エリートに殺人させて人生を台無しにして、毒ガスサリンをばら撒き世の中への恨みを果たしたのですから、かなりの「成果」をあげています。そして、オウム真理教が唱える美しい理念ではなく、むしろ裏に潜むドロドロした部分や、それとはかけななれた世間ずれしてない信者etc、カオスの世界に多くの人が魅了されたのではないでしょうか。
 一方赤報隊。殺した人数は少ないですが、当時の右翼にとって最大の敵だった「反日報道のエース」本多勝一の過激な反天皇発言を、「社外活動禁止令」で封殺させた(おそらく)のですから、いわば大将の首をとったのであり「大戦果」だったのではないでしょうか。前述のように、朝日新聞批判は延々と根強いものがあります。しかし、ちっとも朝日の売上は減らないし、偏向報道も変わらない。そこでスドーンと一発。しかも犯行声明を出した犯人が捕まらない。赤報隊のほうがむしろ「新たな信者」を獲得したのではないでしょうか。

 歴史を紐解けば、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件や三島由紀夫切腹事件等、私も知らないor忘れたような、後に影響を与えた事件は探せばいくつもあるでしょう。しかし、不思議と左翼の事件はどれも「実行犯が主張する思想に近い人にとって悪影響しか与えない」気がします。浅間山荘に飛行機乗っ取りに内ゲバにと、論点がボケた犯罪が多い気がします。
 犯罪者にファンがつくのは、いわば代弁者だからです。自分が内心やりたくてもやれないことをやってくれたから、マスコミがいかに不謹慎と叩こうとも、心の中で「やったー!」と快哉を叫ぶのです。
download_2018050407053418a.jpg だから思想犯の犯罪者は、たとえ大事件を起こせなくても、「かゆいところに手が届くような」犯罪・事件を起こすように心がけるべきです。内ゲバで殺し合ってもちっともアカの人は面白くありませんですが、日教組の教研集会を妨害すれば保守的な人は内心喜んでくれます。そういう意味で、「C.R.A.C」「ぱよぱよちーん」系列は、絶滅した新左翼に代わり、「かゆいところに手が届く」犯罪集団なのでしょう。現に昨日の朝日新聞神戸支局前での赤報隊顕彰は失敗に終わり、保守派にダメージを与えました。
 ただ、犯罪者は犯罪者です。人殺しは人殺しであって、政治的主張はあくまでも選挙で多数を獲得することによって通すものです。市民運動を否定する気はありませんし、犯罪者に肩入れする気持ちも分かります(何せ、これを書いてる自分がオウマーですもの、十分に分かります)。しかし、いかに悪い人であっても殴れば暴行、殺せば殺人。暴力で政権を揺るがすテロリストは社会の敵。日本に限らず、民主主義国家は全部そんな感じでやってます。
 そのせいか、最近のぱよちん界隈を見ていると「もうすぐ逮捕」「これは犯罪、法律違反」のように、いかに自分が遵法精神を持ち、相手が犯罪者であるかのような罵り合いをしている気がします。

 左翼運動衰退運動後に生まれた犯罪者で、もう一つの異彩を放つ「カリスマ」がいます。東慎一郎君すなわち酒鬼薔薇聖斗さん。この人の人気も未だに根強いものがあります。この人の魅力は、年齢の若さもさることながらその不条理さにある気がします。「太陽が眩しかったから殺した」的な感覚で、生首を切断して校門に置いたのが、若い人のハートを捉えたのでしょう。これはある意味「若者の政治離れ」なのかもしれません。
 自分の実感では、東ファンとオウムファンは重なりますが、その人達は永田洋子ファンや赤報隊ファンにならない気がします。もっとも、オウムファンにとってISISの扱いは人によって違うでしょうし、中には宮崎勤ファンもいるでしょう。
 一方、赤報隊ファンは、東もオウムも過激派も一人残らず皆殺しにしろと主張するでしょうし、永田ファンはオウム真理教や未成年の殺人鬼の人権擁護は主張するでしょうけれども、赤報隊に限らず在特会も幸福実現党も、右は全部死ね、安倍が悪い、そんな感じでしょうか。

 いずれにせよ、犯罪集団は犯罪集団ということで。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9654:池田大作は強姦朝鮮人反日犯罪変態 by 池田大作は強姦朝鮮人 on 2018/05/07 at 05:14:43

法務省は強姦朝鮮人の池田大作を擁護!
法務省は創価学会公明党違憲朝鮮人集団
法務省反日朝鮮人職員は強姦朝鮮人の福田孝行の死刑を執行しない


9645:朝日新聞=在日韓国人強姦殺人者の死刑反対! by 朝日新聞=福田孝行の死刑反対! on 2018/05/04 at 23:47:51

朝日新聞=在日韓国人強姦殺人者の福田孝行の死刑反対!

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR