トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

アーチャリー正大師・松本麗華さん、あっぱれ!

 最近は、例の電波塔「オウム事件真相究明の会」を叩くのが流行っているらしい。ただ、脱カルト協会系列の「子分たち」が、師匠の言い分を必死に真似て、オウム究明会を叩いてるの見ると、こいつら何で偉そうなんだろうと苦笑してしまう。
 そんな中でも、アーチャリー正大師(松本麗華さん)は相変わらず、着々と理解者・支持者を拡げているように見える。むろん「コップの中の嵐」の世界だが、時に彼女はコップの中を飛び出して、熱帯性低気圧になっている。
yappabusu.jpg かわいそうだが、彼女は永久にごく小さな集落の熱帯性低気圧で、日本を縦断する台風になれない。「何で全員死刑にしないんだ」「連中を死刑にせず養ってるのは私達の税金」「そもそも何で破防法適用しなかったの?」の圧倒的多数派に、彼女の声が届くはずがない。しかし彼女は媒体を選ばず自分の正義をアピールして、徐々に勢力を拡大しているように見える。
 言うまでもなく、彼女は確信犯である。そして、いくらアーチャリー正大師・松本麗華さんを「オウム真理教の宣伝」と叩いても、全く効き目はない。それはそうだ。彼女を有名にしたのは、アーチャリーを叩いてる連中が影響を受けた「メディア」である。彼女は誰一人殺してないにも関わらず、アーチャリーはブスブスブスと罵られ(実際にブスなんだけど)、オウム真理教の大幹部として、凄まじい悪の女王として、ますめでぃあによって、本人は全く望んでもないのに勝手に祭り下げられた。
 それを逆手に取って、私があのブスなアーチャリーですとやってるのが、今の松本麗華さんである。彼女の言ってることに、目新しいネタはない。昔から反代々木系人権屋がやってる「学校に行けなかった」や「麻原裁判に問題がある。詐病ではない」である。しかしアーチャリーがやると多くの人が聞いてくれる。
 カルト宗教・おもしろ宗教を批判する人、特に脱カルト系の人は、「メディアに問題がある」をあまり言わないほうが良い。メディアは所詮入れ物に過ぎず、メディアの中身は自分たち、オウム報道で言えば江川紹子や有田芳生や滝本太郎や「民主的」な弁護士達、高橋シズヱや永岡弘行らの「常連さん」である。彼らこそが大「メディア」である。メディアに問題があるとは、彼らに問題があると言っているに過ぎないのだから。
 仮にメディアなるものが存在するとすれば、それは「面白ければどうでもいい」「視聴率を取れるもの」すなわち「みんなが見てくれるもの」を提供することを一大前提にしている。それは報道であっても同じである。
 そもそもメディア批判なるものをつきつめていけば、その大半は「自分の意見を紹介してくれない」「自分の気に食わない意見を紹介する」というものである。人権問題もしかり。「自分が応援している勢力の人権を侵害するのは許せないが、自分の敵の人権はどんどん侵害してくれ」ということである。もちろん、これを書いている自分もそういう論理で動いている。
 アーチャリーのような例で、かつて「疑惑の銃弾」として有名にさせられたロス疑惑の三浦和義(自殺して現在は故人)という人がいた。しかし三浦和義は保険金殺人の疑惑がかかっており、しかも彼自身が当初メディアを利用して保険金殺人を成功させようとしていた。しかしアーチャリーはオウム真理教の正大師で「真っ白」とは言えないが、おそらく誰も殺してないし、何よりも彼女自身に有名になる意思が全く無いというレアケースである。大量殺人鬼の娘で、両親の遺伝子を受け継いでしまったブス。ただそれだけで望んでもないのに超有名人になってしまった。アーチャリーを怪物扱いしても、怪物を育てたのは江川紹子氏を筆頭にした「メディア」なのだ。そして少なくとも、三女四女の姉妹喧嘩、強大な「メディア」の後押しがある四女と互角どころか、自分の目には、はっきり判定勝ちに思える。
 「メディア」の手で葬り去られたかに見えた島田裕巳氏も復活し、今や相当の影響力を持つ「メディア」の一人になった。メディアも当てにならないし、そもそもメディアはあくまでも視聴者様に娯楽を提供する機関であって、カルト問題の一方的な「本質」を説くところでも、かえって真実がぼやける「真相」を究明するところでもない。それを百も承知で、アイドル扱い上等、父親救出のためならばサイン会でもチェキでもやってやろうではないか、何せこんなに「有名」にしてくれたのだからと開き直り、着々とポイントを稼ぐアーチャリー正大師、あっぱれである。
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: オウム真理教 麻原彰晃 Aleph 尊師 アレフ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9723:Re: XXにうごめく悪い奴ら by sinzinrui on 2018/06/09 at 18:14:30

元疲れたサラリーマン様

あんまり利権はないと思います。
あえて言えば、死刑廃止とか、そんな人達でしょう。

9722:Re: 悪名は無名にまさる? by sinzinrui on 2018/06/09 at 18:12:34

みれい様

川上慶子さん。
懐かしい話です。
あの人も勝手に有名にさせられた人です。
何だったんでしょう、あの騒動は。

全く関係なさそうな話ですが、宮崎美子っていますよね。
彼女、熊本大学時代は、朝日新聞に入社したかったそうです。
しかし、例のCMが予想以上に人気が出て、結局芸能界入り。
それを誰か物書きが、「普通の女の子に戻りたかったから芸能界に入った」旨で表現してました。
ああ、見事な表現だなあ、と。

9714:XXにうごめく悪い奴ら by 元疲れたサラリーマン on 2018/06/07 at 19:13:25

確かに、死刑が執行されたら困るのは、
利権で仕事&生活してる人達なんだろうし。
この辺どうなんですか?

9713:悪名は無名にまさる? by みれい on 2018/06/07 at 07:42:37 (コメント編集)

33年前の夏。
日航機墜落事故の生存者に…
川上慶子ちゃんという女の子がいましたね。(私と同世代)

彼女が美少女だったことから…
テレビカメラは病院内まで追い掛け回し…
転院する際は、ヘリまで飛ばして実況中継。
まるでスター扱いの大フィーバーでした。
挙げ句の果てには…
「慶子ちゃんをアイドルに」なんて意見まで出る始末。
メディアの本質を物語る出来事ではないでしょうか。
もちろん、彼女はメディアの虚像化に乗ることなく…
現在は家庭を持ち、ひっそりと暮らしているようです。


日航機の川上さんも…
ロス疑惑の三浦さんも…
今であれば、顔にモザイクの「Aさん」だったことでしょう。
当時は、ネットがない分、マスコミも過激でしたね。

小保方さんも、週刊誌のグラビアを飾ることができるの。
それがメディアの世界です。
悪名は無名にまさる、ということでしょうか?

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR