FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

オウム真理教はサリンを撒いたカッコいい殺人集団だから、被害者なんか無視、真相究明と称してコッソリ擁護しよう!

真相究明の会には、我らがアーチャリー正大師がついている 相変わらずバッシング続きの「オウム事件真相究明の会」。
 何せ私は捻くれ者なので、こうも叩かれると擁護したくなってくる。何せ、「真相究明の会」には我らがアーチャリー正大師がついているのだ。みんなも、さすがに香山リカよりは松本麗華さんの方が好きだよね、だったらみんな応援しようよ。
 というのか、叩いてるの大半が日本脱カルト協会とかそんな系列であって、どっちも己が信じる絶対的正義を押し付けるだけで、自分は全くピンとこない。昔からそうなんだ。オウム事件を語る文化人って、攻めるも守るも、どっちも支持できない奴ばっかり。どっちの意見を聞いてても、オエッとゲロ吐きたくなる。
 今の政治状況みたいなものです。賞味期限切れの弁当の自民党を選ぶか、腐った魚の立民民民共産を選ぶか。しかし「自民党を選ぶか左翼を選ばないか」の選択だから、腹減ってる奴は賞味期限切れの弁当を選ぶに決っている。しかし、オウム真相騒動って、両方とも腐った魚、共産党と社民党から選べみたいな話で、選びようがないですよ。オウム真理教に関する議論って、一貫してそうなんです。叩き派も擁護派も絶対的正義を上から目線で愚民にご託宣を垂れるくせに、「何か」を隠すことが多い。オウム信者だって困りますよ。どっちの反日左翼勢力を選ぶかって話じゃ。

 そういえば、今朝Twitterでこんなのを発見した。今回の「真相」騒動の一人、1990年代の雨宮処凛氏の発言を取り上げた文章だ。AVで処女喪失、その後自殺した「井島ちづる」も興味深いので、是非皆さんに読んでもらいたい。
ライター井島ちづるさんから見る90年代の鬼畜ブーム|吉田豪
http://tablo.jp/serialization/yoshida/news003395.html
(以下、雨宮氏の発言)
『――オウム真理教には入ろうと思いませんでしたか?
「私の入っている(右翼)団体は、会員以外の人によく、オウムに似ていると言われるんですよ。『オウムの信者といってることが同じだ!』っていわれたこともあります。わりとそれには自分でも納得してますけど」』

『――オウムにはシンパシーはあるんですか?
「ムチャクチャありますよ。サリン事件があったときなんか、入りたかった。『地下鉄サリン、万歳!』とか思いませんでしたか? 私はすごく、歓喜を叫びましたね。『やってくれたぞ!』って」』

 この発言を引用して、Twitterで真相究明の会を叩いていた人がいた。しかし自分は全く逆で、「彼女はどうして嘘つきに成り果てたんだろう」と思った。自分の心がボロボロになるまで「自分探し」を繰り返し、いつかは這い上がってやると思いながら、それができない自分に悶々とする。そんなドロドロの心理を明け透けに語る彼女に、多くの人は親近感を持ち、彼女は有名人になった。しかし一旦有名人になってしまえば、人生どん詰まりも自分探しも知らん顔、有名文化人様の一員として、面白おかしく生活すればいい。そんなもんなんだろうか。自分だって同じ地位につけば、そうならない保証は全く無いけれど。
 あの当時、心のどこかで『地下鉄サリン、万歳!』と叫んだ人間は、自分を含めて沢山いた。しかし、当時のマスコミで江川紹子や「民主」的弁護士から発せられるメッセージは、絶対的正義を振りかざし、オウムに同情心を起こすなんて被害者の気持ちを逆なでする不謹慎な野郎で、オウム信者と同じであるように感じられた。その反発心もあり、サティアンショップに通うようになった。当時の「サブカル」と呼ばれる界隈も、そんな感じだったと思う。
 要するに、「サリンを撒いたカッコいいオウム真理教が好き」なのだ。テレビに出ている江川紹子や高橋シズヱや永岡弘行よりも、村井秀夫や新実智光や石井久子の方が興味深い。江川紹子の言い分は聞きたくもないが、オウム真理教の言い分はどうなのか。これは直接聞いてみるしかない。そうやって、多くの若者がオウムと接触を図った。

 今更であるが、「オウム事件究明真相の会」はオウム真理教の味方をしているのであり、何故味方をしているかと言えば、「サリンを撒いたカッコいい集団」だからである。
 ふと、こんな事を考えた。桜井誠日本第一党党首の指示の下、岡村幹雄・先崎玲・西村斉ら幹部と共謀し、密造した毒ガスを新大久保と鶴橋にばら撒き、文字通り「新大久保にガス室」「鶴橋大虐殺」を決行した。しかし桜井党首は生ハムやフグに「背脂を使わないラーメン」食って、堀切笹美や海、おっとっと高橋阿矢花ら美人幹部でハーレムを作ってカラオケ三昧。こんなシチュの事件が起きたとしよう。
1a9f7264.jpg 逮捕された日本第一党幹部は、裁判で全員「桜井誠党首の指示」と自白し、桜井党首の「朝鮮人はゴキブリ以下の世界の害虫であり、殺人も義挙になる」教えの実践であることが判明。事細かに桜井党首の関与が詳細に語られ、毒ガス製造工場も差し押さえられ、証拠も証言もてんこ盛り。
 また、日本第一党の関与が噂された「李信恵失踪事件」も、山奥で鶴橋じゃなかったツルハシで歯が砕かれた李信恵の死体が発見。しかし首謀者の桜井党首は裁判で、ウルトラマンエースや夏目雅子や八木さおりの話ばかりし、日本には朝鮮史の研究家がいないと嘆いている。
 果たして、左翼の皆さまは「日本第一党事件真相究明の会」を作ってくれるのだろうか。若き日の雨宮処凛ならば、文句なし「義挙」と叫ぶだろうが、「オウム事件真相の会」のメンはどう思うだろうか。あのメンバーの中には、森達也とか香山リカとか、人一人たりとも殺してない在特会のヘイトスピーチ禁止を法制化し、日本第一党を潰したがってる輩が他にも沢山いる筈だ。
 おそらく、森達也や香山リカどころか、江川紹子や滝本太郎までもが嬉々として、基地外のように「アベが悪い」「自民党が殺したと同じ」「日本第一党全員だけではなく、自公の支持者も全員殺せ」の阿鼻叫喚人権完全ゼロ地帯が突如と出現するのではないだろうか。しばき隊が「レイシスト」と決めた人間を街頭で平気で殴り殺す。それをテレビで左翼文化人が「アベが悪いアベが悪い」と安全圏から無責任に煽り、内心ではリンチで一般市民が殺されるのをザマーミロとニンマリしている。そんな気がするのだ。
 しかし、桜井誠党首は犯行の動機を裁判で語ってないのである。幹部の証言も証拠もてんこ盛り、李信恵殺害事件の際に、「義挙」のアクションが手を上げてパチっと指を鳴らすことや、新大久保で毒ガスを撒いた岡村被告に、党首が「大和魂に義挙されてよかったねっ」と言葉をかけたことまで、全部分かってるのに。

 さて、今晩の新潟と中野の選挙、楽しんでくださいね!
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9734:Re: シンパシーと近親憎悪 by sinzinrui on 2018/06/16 at 14:47:06

みれい様

>> その対象について、実に詳しかったりしますよね。
そうなんです。
昔、アンチ巨人こそ真の巨人ファンって言葉を知って、偉く感動しました。
自分も、アンチAKB始めたら、年甲斐もないほどにすっかり詳しくなりました。
まあ、初期の彼女たちはお色気たっぷりでしたし。

ただ、オウム真理教って、やっぱりストイックで禁欲的です。
自分も相当の信者・元信者とつきあいましたが、とにかく「いい人」です。
職場の人間なんかよりも、遥かに「楽しい」人達です。
理想に萌えているが、謙虚さを忘れない。共産党、おっとっと日本脱カルト協会な
んかよりも、よっぽど話してて勉強になるし、何よりも楽しいです。

おそらく、ああいう謙虚さや禁欲性は、左翼の人には理解できないでしょう。

9725:シンパシーと近親憎悪 by みれい on 2018/06/10 at 14:38:25 (コメント編集)

極左と極右の共通点。
それは、テロリズムですよね。
オウムは、国家転覆を狙い霞ヶ関でテロを起こした。
学生運動で挫折した人たちの中に…
オウムにシンパシーを感じる人が居ても不思議ではありません。


なぜウヨとサヨは、あそこまで憎しみ合うのか?
それは、「似た者同士」だからではないでしょうか?
いわゆる「近親憎悪」です。
「好き」の反対は「嫌い」ではなく…
「無関心」だと聞いたことがあります。
「嫌い」というのは、興味がある証拠。
「好き」という感情と背中合わせです。
だから、右から左、左から右への転向が起きるのでしょう。
根っこは、同質、同根なんですから、不思議じゃないです。

「アンチ」というのは…
その対象について、実に詳しかったりしますよね。
一般人には、在特会なんて、あまり馴染みがないですよ。
でも、左翼の皆さんは研究し尽くしている。
まるで、マニアのように。
一方の右翼の皆さんも…
左翼の動向を、実によく研究されてます。


オウムも同じではないでしょうか。
オウム=ウヨ=サヨ。
三者は、同根なんだと思います。
擁護派にせよ、反対派にせよ…
オウムに関心を持っている。
そのことだけは、間違いありません。
シンパシーは、擁護派に。
近親憎悪は、反対派に。

だから、擁護派にも反対派にも…
左翼的な人が多いのは、必然ではないでしょうか。
オウムに「同じ匂い」を感じているのかもしれません。
それがシンパシーになるか、近親憎悪になるかの違いです。
大半の人たちは…
オウムなんて、関わりません。


当時から、オウムと左翼の類似性は指摘されてましたよね。
恐らく、オウム信者や元信者の皆さんって…
自民党や公明党、創価学会よりも…
共産党や過激派にシンパシーを感じる人が多いのではないでしょうか?

逆に、共産党や過激派の皆さんは…
自民党や公明党、創価学会よりも…
本音では、オウムにシンパシーを感じていたりして…

オウムって…
創価学会よりも共産党に近い匂いを感じます。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR