FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

余命三年懲戒請求問題、左翼弁護士の一般市民に対する損害賠償請求が始まる

 あっというまに2018年も後半になりました。
 ほりえもんロケット、昨日初めて見たんだけど面白かったですねー。ピョンと飛んでお終い。爆発だけはド派手。北朝鮮の核ミサイルですら日本を飛び超えて飛んでいくのに、あの前科者のデブは何考えてるんでしょうか。

 さて、佐々木亮他弁護士の提訴予告はとっくに過ぎたが、全くその後の動きがわからなかった余命懲戒請求事件。やっとこさ記事が載った。どうやら実際に提訴を行っているらしい。
大量懲戒請求、裁判が始まる 神奈川の弁護士が提訴
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13563588.html
 もっとも、第一次訴訟が何人だったかとか記載がないし何よりも当事者が何も言わない。佐々木亮Twitterみても何も書いてないどころか新刊の宣伝ばかりで、例の日本共産党が主張する「高プロは残業ゼロ」のデマ拡散に励んでいる。一方、ノースライムこと北周士氏も本の宣伝の方が重要だったようで、さすがノースコリアがライムだと名乗るだけある。
 結局、一連の騒動で最も得をしたのは、この騒動をチャンスと見て「余命って誰だ」と「余命三年時事日記漫画」売出し商売に転じた青林堂と、漫画作者の山野車輪というしょーもない結論だったのだろうか。
moukatta.jpg 更に書けば、自由法曹団に所属するような左翼弁護士や朝日新聞の左派記者にしてみれば、朝鮮学校への補助金支出に反対すること事態が政治意識が低いネトウヨでレイシストで罵倒の対象なのであって、訴訟や新聞報道で厳しい灸をすえて、正しい政治思想に善導するつもりなのだ。懲戒請求がどうしたなんて最初からどうでもいい話。朝鮮学校補助金支出反対論者がアタフタ慌ててるのが面白いだけ。何せ自公政権を支持しているだけで嘲笑の対象になると信じている連中である。ネトウヨが惨めに恥をかけばそれだけでニンマリ、大成功なわけである。

 一方、余命三年の側もさしたるダメージを受けていない気がする。
 「株式会社生きがいクラブ:東京都板橋区高島平2丁目26番3号」とか「一般社団法人やまと:東京都板橋区何ちゃら」とかは随分と聞いたが、この住所は「せんたく」こと小野誠氏の自宅住所らしい。そもそも、期待の「せんたく」暴露が、例のネトウヨ狩りでBAN!を喰らい、肝心のコンテンツが全部消えてしまった。全くアカどもは何一つ碌な事をやらない。誰か「せんたく動画」持ってる人がいたら、子々孫々みたいにどこかにアップしてもらえないだろうか。
 多く出版物を出して多くの人と「余命」として会ってるはずなのに、顔も本名もあまり割られていない。行動する保守業界とはそんなに律儀な人達の集まりとは思えないのだが。小野誠氏もとっとと全部吐いちゃえばいいのに、何かこちらも金目的のゆすりに思えてくる。そもそも、この事件はあまり注目を浴びていないのだろか。
 余命三年氏の本名にしろ、鈴木金三(在特会神奈川支部幹部)とか羽賀芳和とか笠間(秘書)とかいろいろな名前が出てくるが、まだ確定してないようだ。73歳前後でタクシーの運転手。事務所をかまえ、複数で書いているらしい。そして今回の懲戒請求には参加していないが、多くの少額訴訟を乱発しているらしい。そんなことしか分からない。
 気になるのは、愛国詐欺師と批判される彼の「マジさ」である。本当に何代も余命がいるのか十二分すぎるくらい怪しいし、少なくとも今の「余命」から何か社会に対する怨嗟を感じる。
 
共同不法行為(WIKI)
第719条
1.数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。
2.行為者を教唆した者及び幇助した者は、共同行為者とみなして、前項の規定を適用する。

 こんな条文があったのか。何せ30年以上前の話なので、すっかり忘れていた。これなら719条2項で余命氏から損杯賠償はふんだっくられるのかもしれない。でも、日本共産党常套手段の抗議全話に「応用」されたらどうするんだろう。それはともかく、随分と漠然とした条文で、きっと成立要件がむつかしいだろう。今更民法の基本書を読む気なんか更々ないので、「びょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣)」を丸写しすると、『①権利利益侵害、②行為者各人の故意又は過失、③各人の故意過失行為の「共同」性、④故意過失行為と権利利益侵害との相当因果関係、⑤損害の発生・数額、および⑥①と⑤の相当因果関係』とか、そんな感じらしい。③が「怪しい」気がするし、そもそも「各ネトウヨ」は懲戒請求で処分させることが目的であって、大量の懲戒請求で弁護士事務を妨害することが目的ではない。本当に民事訴訟で佐々木氏やノース・ライム氏は勝てるのだろうか。

 日弁連をぶっ壊す! お馴染みの(?)「弁護士自治を考える会」が、この問題に立ち上がっております。
『会からのご案内』緊急告知・募集・「大量懲戒請求における訴訟予告・【和解書の情報を緊急募集】記事
https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36648915.html
『訴訟予告を示した和解書の情報について、「弁護士からの書面」「送付してきた封書」など、情報提供を募集いたします。
また、ご提供いただく場合、個人名などマスキングして、全く構いません。
弁護士より送付されたものであることが確認できれば結構でございます。
弁護士自治を考える会
〒616-8218 京都府京都市右京区常盤出口町12-6
Email for_fairly@yahoo.co.jp
※ 東京事務所  FAX  03 (4330)6171』

 もちろん、こちらに相談するのも、余命を信頼するのも、あくまでも自己責任でお願いします。
 なお、たくさんの参考文章がアップされています。
1.「大量懲戒」
2.Holidays

 それではまた。
 日本共産党を、ぶっ壊す。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR