FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

どうして左翼は「オウム事件の教訓」を、上から目線で「後世に伝え」たがるのか

 ちわ。#杉田水脈議員支持の生産性0オジサンです。
 ムショ帰りが自慢で、もう一つ箔が付きそうな日本第一党幹部で私の同姓の齊さんが、杉田水脈論文の全文テキストを貼ってます(FACEBOOKアカウント必要だと思うけど)。

どうして左翼は若者にお説教するポジションが好きなのか


 23年読み続けても「オウム論客」って好きになれない。全く変わらないし変われないオウム論壇の人達。
 要するに「左翼」なんだ。左翼の人は「革新」と言いながら、時計の針を止めるのが大好き。歴史からしか学べない人が多すぎます。
 昨日思ったんだけど、「オウムを知らない若い世代云々」と偉そうにお説教してる人に、どう説明すれば「オウムを知ってる」ってのは「おニャン子クラブを知ってる」のと同じなんだって分からせたら良いのかと。たまたまその時代に生まれただけです。もっと年食ってれば連合赤軍も新御三家も知ってるし、もっと若ければ在特会やAKB48をライブで知ってる。ただそれだけ。偉くもなんともない。
 左翼にとって大事件は常に「若い世代に語りつぐもの」「若い世代に警告するもの」すなわち威張り散らす手段なんだよ。昔、共産党系の書いた文章に、「戦争体験が風化して云々」が共有できない云々、「東日本大震災」が共有体験云々ってのがあって、ああそうか、これが共産党支持者のカルチャーなんだなって。大事件が起きると、上から目線で若者に指導したり風化を阻止しないと気がすまないのだ。
 無論歴史から学ぶことは必要だ。しかし、歴史は所詮過去の出来事で、変えることが出来ない。変えられるのは現在と未来だけ。
 典型の一つ。
変わらぬ「当局目線」報道が死刑執行でも メディアがオウム事件の教訓を後世に伝えるには
http://blogos.com/article/314523/
『あの頃、吸い込まれるようにしてオウムに入信していった彼らの課題というのは、今も変わらず社会に横たわっているわけです。であればこそ、後継団体である「アレフ」「ひかりの輪」「山田らの集団」を規制すれば済むという話ではありません。社会の中で孤立し、恨みを抱き、何か超人的なもの、神秘的なものに惹かれてしまう。
そうなってしまう環境に目を向け改善していかない限り、"第二のオウム"、"第三のオウム"が現れる可能性もあります。』
『まさに”当局目線"にでよね。ただ報じる側が一方的にリークされることに乗っかって、空気が作られていくことについては警戒していかなくてはと思います。』

 若い人が再び騙されるぞー。自民党が悪いぞー。しかし、国民の多くは上川法務大臣を支持しています。そもそも、メディアはオウム死刑囚より豪雨や台風を重視してましたよ。
 とにかく自分を指導者の立場に置き、他人にお説教をしないと気がすまないのが、左翼・共産党・オウム論壇という生命体です。

昨日7月30日は桜井誠「魂の独立記念日」


 そういえば昨日は「魂の独立記念日」でした。魂の独立記念日と書いても、たった2年で「風化」してしまい、覚えている人も少ないかもしれません。都知事選挙で桜井誠氏が秋葉原で大観衆の前で「7月30日、この日は日本人の魂の独立記念日である。」と演説し、秋葉原に桜井誠コールが湧き上がった「あの日」です。
 裁判に負け川崎デモを潰されて満身創痍の桜井誠がイチかバチかで出た勝負に見事に勝ったのが2年前。そして日本第一党を設立。しかし、うまく回っているようには思えません。
 今朝、「魂の独立記念日」でぐぐってみたら、創価学会の「魂の独立記念日(11月28日。日蓮正宗が創価学会に破門通告書を送り、両者が決裂した日)」がぞろぞろと出てきました。昨年度は桜井氏の方がぞろぞろと出てきた記憶があります。Googleにも見捨てられたのでしょうか。
 余命事件でも関わろうとした形跡がなく、BAN!祭りでもKAZUYAが主役。党員が増えたという話も聞かないし、講演会も100人前後の客席を埋めるのに苦労しています。地方議員から攻める戦術も「NHKから国民を守る党」にパクられて、存在価値が少なくなっている気がします。

こんな性犯罪常習犯をマスコミは英雄視していた


森友追及のジャーナリスト・菅野完氏に米警察から逮捕状が出ていた/週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56734
0554726f3c7c4f8e4f767902df1e86c2.jpg また菅野完? こいつ、生産性が高すぎ。
 セクハラ強姦事件は数知れず、書いたベストセラーは捏造本、左翼市民運動の金を着服。しかし、こんなのが、ほんの少し前まで「反自民党の英雄」として、あの人もあの人も褒め称えてたのである。
 モリカケ騒動の頃、あの人がテレビに出てプリンタで印刷した顔写真を見せながらペラペラと喋った時に、大半の人間は「何か」に気がついてしまった。しかし、それでも気がつかない人が沢山いたのだ。それはすなわち、国家権力の陰謀でデマを流されていると考えたのか、はたまた左翼の世界では女は犯してポイ、発狂しても知らん顔がデフォなのか。
 いずれにせよ、左翼の市民運動になんか正常な人間が関わるものではない。9条を守れ、杉田水脈は辞めろ。そんな釣り文句に騙されたら最後、男はマトモな就職がなくなり、女は犯されてポイ捨て、一生が台無しになるかもしれません。
 そして、そんな世界の住民の多くが、若者がオウム真理教やカルト宗教にに入信する危険性がとか、死刑廃止だ真相究明だとか言ってるわけです。そりゃー相手にされないわ。

 ではまた。

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR