FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

次期総裁選は、杉田水脈vs上川陽子で! ー「同性愛は趣味の問題に非ず」と宣言した朝日新聞

 こんにちは。
 ふと「前田敦子、いつ離婚するだろうか」と考えてしまった。だって、いかにも離婚しそうじゃん。
前田敦子結婚、枝野代表も目細める 「こっちも年取るはず...」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000008-jct-soci
 そういえば、枝野幸男が「救国の英雄」扱いだった頃、AKBの「被災地と逆の方に行く」震災商法や、なかなか領収書を見せないで疑惑視された売名募金がかなり批判されたけど、枝野さん、その頃はどう思ってたんだろう。ってのか、立民党を立ち上げてから急に言いだしたよね。

 衆議院議員の谷川とむさんは、浄土真宗本願寺派の僧侶です。真宗にも、こんな立派なお坊さんがいるんですね。
同性愛「趣味みたいなもの」 ネット番組で自民・谷川氏/朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL815FV3L81UTFK01C.html
tomu.jpg『谷川氏が出演したのはネットテレビ「Abema(アベマ)TV」の討論番組。作家の乙武洋匡さんが同性婚や夫婦別姓を認めない政府に疑問を呈したのに対し、谷川氏は「多様性を認めないわけではないが、法律化する必要はない。『趣味』みたいなもので」と述べた。同性カップルをめぐる杉田水脈(みお)衆院議員の主張に批判が高まるなか、同性愛者への無理解な発言が続いた形だ。』
 とむちゃんの言うとおりである。SMやコスプレと同じ、趣味の問題である。
 何が悪いのだろうか、さっぱり分からない。
 だって、ホモの権益団体自身が得意げに言ってるんだもの。男性によって「A子さんが好き」と「B子さんが好き」と好みが分かれるのだから、それが「A子さんが好きとA雄さんが好き」に分かれたって好みの問題だと。そりゃそうだ。相手の合意があれば、ある男性がA子さんが好きになろうがA雄さんが好きになろうが、A子さんをムチで叩こうがロウソクたらそうが。A雄さんのウンコを食べようが黄金水を飲もうが、A子さんのサドルが好きになろうがA子さんにハイハイして迫ろうが全くの自由、ただし同意があれば。
 それが着替えに便宜を図れシャワーに便宜を図れ、挙げ句にはLGBTに配慮して書類から男女欄をなくせ「くん・さん」「夫・妻」をなくせ、趣味の問題を超えて性別制度破壊・婚姻制度破壊・家族制度破壊まで射程に据えているから私は問題視してるのだ。
 特定の性的少数者をLGBTと称してジェンダーフリーや女性優位社会推進のために悪用しているからおかしいのだ。ホモレズ・おかまおなべのように「男女の性別」制度を疑問視する性的倒錯のみを事更に「偏見を持ってはいけない」と煽り、ドサクサで産む産まないは自由とか喋りだす。

 「民主主義の敵(小川榮太郎,・杉田水脈対談)」を読んだ。 杉田水脈氏が初当選した時に、彼女が大阪の京橋のSMクラブでバイトしてたと週刊新潮が取材に来たらしい。もちろん単なる嘘だが、仮に本当であっても、ホモがOKならばSMだって何ら問題なし。ネットを調べたら、杉田氏の「秘書が元SMの女王」という記事があったが、SMの何がいけないのだろうか。しかし、杉田氏のSMは変態で気持ち悪いのだ。要するに、ジェンダーフリーや女権論者にとって都合が良い異常性欲者だけど「性的少数者」として擁護しているに過ぎない。
 生産性がないホモなんかよりも、生産性を持ちたい男女をくっつけるほうがよほど重要である。母子家庭父子家庭だって、パパとママがいた方が幸せに決まっている。子供を産む機械・装置の数が限られていることが何よりも問題なのだ。
 安倍首相は、少子高齢化に取り組むと公約したが、やはり移民でお茶を濁すのか。少子高齢化の解決策は、男女が仲良くなってどんどん結婚すること以外に何もない。そしてそれが少なくなったのは、自公政権の経済政策の責任ではない。もっと貧しかった頃、みんな平気で中出ししてポコポコ産んで、少子高齢化なんかなかった。少子化は明らかに贅沢病・文明病である。
 もし安倍首相が谷川とむ衆議院議員や杉田水脈衆議院議員を処分するようなことがあったら、明白な公約違反である。いや、もう杉田水脈総理大臣でいいよ。上川陽子さんでもいいか。左翼も嬉しいでしょ?女性が社会進出して。
 いずれにせよ、朝日新聞は公然と、「ホモ・レズ・おかまは趣味の問題ではない」と言い放ったのだ。おホモ様やおレズ様やオカマ様・オナベ様は、特権を与えて然るべき「特別な神聖な存在」だったのだ。だからこそ、自民党国会議員の些細な言い回しを探し出して、鬼首の大騒ぎをする。これが在日特権ならぬ変態特権でなくて何だというのか。

 我々は、新宿二丁目を更地にするぞ! 更地にして、巨大なJKリフレを作って、ゴーキブリウジ虫、ホモどもをたーたきこめー!
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9862:Re: 四面楚歌 杉田水脈さん包囲網 by sinzinrui on 2018/08/04 at 09:40:37

みれい様

杉田水脈さん、私は今回の事件以前から好きでした。
ネットの放送をよく聞いてて、面白かったです。
地方公務員時代共産党と戦った話とか、リアルで「頭でっかちな反共」
ではなく、経験に裏付けされてるのか良かったです。

だから自分は、現在の四面楚歌状態でも、応援しています。
それと「純粋ネット出身」に近い候補として、興味もあります。

ここを乗り切って、ユニークな存在として今後も頑張って欲しいです。

9859:四面楚歌 杉田水脈さん包囲網 by みれい on 2018/08/02 at 08:39:41 (コメント編集)

「お前こそ、生産性がない」
「ポンコツ」
橋下徹さんが、杉田水脈さんを痛烈に罵倒しましたね。

稲田朋美さん、石破茂さん、小泉進次郎さん…
自民党内からも批判の声が上がり…
与野党問わず、非難の嵐。
政界では、杉田擁護派は少数派のようです。
稲田さんは立法化を目指しているようですし…
公明党も、異論はない。

LGBT問題。
与党と野党が対立するような「争点」には、ならなそうです。
いずれ、落としどころが決まるのではないでしょうか。

LGBT問題を、政権批判に利用したい左翼。
それに、噛み付く右翼(自称保守)。

いつものことですが…
右と左の、不毛な小競り合いが、問題をこじらせている。
肝心の自公政権は、両者とは別の次元で動いている。
そんな印象です。


先日のデモについては…
「LGBTの総意ではない」
「政治利用するな」
LGBT当事者からも、疑問の声が上がっているそう。
彼らも、一枚岩ではないのでしょう。

政権与党とパイプを持って、法制化を目指した方が確実ですもんね。
左翼に利用されても、何のメリットもありません。


そもそも、婚姻制度や家族制度の維持が、正義なのかという問題もあります。
私自身は中立派ですが…
LGBT問題と婚姻制度などの問題は、切り離して考えるべきではないでしょうか?
恐らく、稲田朋美さんなども、婚姻制度や家族制度の破壊には反対の立場でしょう。

婚姻制度や家族制度を維持した上で…
LGBTの権利を、どこまで認めるか。

この辺の折り合いをどうするのか?
自民党と公明党のお手並み拝見といったところでしょうか。
結局、決めるのは、この二人です。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR