FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

イスラム教は民主主義の敵

 わんばんこ。
 『オウム真理教のインチキを見抜けなかった知識人』を声高に罵る人達が、普通に考えれば誰でも分かる菅野完のイカサマぶりが見抜けなかったのは何故かと思う今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 LGBTと並ぶ欧米型民主主義国家の錦の御旗ダイバーシティ・グローバル。日本でも実に評判が良い。
 しかし、欧州の多くの国では、差別政党・レイシストが選挙する毎に万歳三唱。明らかに「揺り戻し」が起きているのは皆様ご存知のとおりだろう。
 Twitterを見ていたら、このような情報がありました。(飯山陽氏は上智大学アジア文化研究所客員所員)


 調べてみたら、事実です。「プルカ」でニュースをGoogleって見ると、上記の国の他にスイスでも国民の3/4が賛成とのこと。ただ、禁止されているのは、覆面レスラーみたいに目しか見えない(中には目すら見せない)「ブルカ」であり、インドネシアの姉ちゃんがファッション感覚でつけてる「ヒジャブ」とは別物であり、そもそも「ブルカ」と「ヒジャブ」、更に「ニカブ」とがどう違うのか自分にはさっぱり分からない。
 ブルマならばともかく、ブルカなんか民主主義国家で着ちゃいけないのは当たり前である。
nicab.jpg kimotiwaruina.jpg イスラム教って気持ち悪いなあ。
 やっぱり、ISみたいに敵を残忍な手段で殺したり、殺したり中学生さらって性奴隷にするの、教義なんでしょ?
 だってこのスタイル、殺人鬼の格好だよ。日本では中核派のような左翼や日本第一党だって、マスクにサングラス程度。それでも「堂々と顔出してやれ」と非難される。こんなの、日本に限らず欧米のどの国だって犯罪者のスタイルである。イスラム教的には正しくても、民主主義国家では気持ち悪いのだから、神様さんがなんと言おうとも否定される。アラーの神よりも民主主義様や自由主義様の方が偉大なのだ。

 しかし困ったことに、その自由主義(リベラル)がブルカをのさばらせ、欧米社会の文化を破壊したのだ。その結果、欧州の国民はリリーフにレイシスト・極右・差別主義者と呼ばれる「ヒトラーの再来」のような政党を投入して、火消しを期待したのだ。アメリカのトランプ大統領だって同じ流れだ。ポピュリズムで片付くほど事は簡単ではない。金持ちばかり得するリベラル左翼。その犠牲者-社会的弱者・低賃金労働者・失業者達の怒りが爆発したのが「極右」ブームなのだ。
 リベラルと括られることが多い思想…LGBT・ダイバーシティ・グローバルetcは、おそらく美しい善意で主張されるようになったのだろう。かつてのマルクス・レーニン主義がそうであったように。しかし、共産主義が庶民の大量虐殺と戦争と貧困しか産み出さなかったように、リベラルも失業と犯罪と家族崩壊と文化破壊しか産み出さなかった。
 オウム真理教が地下鉄サリン事件を引き起こした頃、小林よしのり・宅八郎論争なんてショーもない喧嘩があった。その頃、小林よしのりがしきりに「価値相対主義」と言っていたのを覚えているだろうか。宅八郎はオウム真理教を相対化していると。しかし、オウム真理教事件が一段落した今、多くの国を悩ませている問題の根底は、まさに価値相対主義である。それどころか、今多くの国民を苦しめているのは、美しいヒューマニズムであり、弱者救済であり福祉社会の実現であり、戦争反対・世界平和の精神であり、民主主義国家にとって至高の価値である自由社会の体現である。
 弱者に社会福祉を与えるのは当然だ、戦争の犠牲者の難民を救うのは当然だ。難民を受け入れるのは当たり前過ぎる当然のことである。そして彼らが信仰するイスラム教文化も認めてあげるのは当然であり、難民にだって社会福祉の恩恵を与えるの当然である。いったい、何がいけないのだろうか。しかし、施しを受ける相手はそう思っていなかった。男と女のカップルが手をつないでいる。女は「手をつないでくれて、頼もしい」と思ってる。しかし男は、手を握らせてくれるのだから、おっぱいもま○こも揉めるとしか思ってない。そういうことなのだ。
 そして、男と男が手を握るLGBTだって同じだ。男と女が愛し合おうと、男と男が愛し合おうと勝手ではないか。ささやかな価値相対主義に過ぎまいと最初は思っているので、誰も反対しない。しかし、である。自分が最初に「事実」を知ったのは、皮肉にも東郷健さん(故人・ゲイ解放を訴えて各種選挙に出馬する名物泡沫候補)を「伝説のオカマ」と称えた文章が、ホモ差別反対団体に吊るし上げられた事だった。オカマは差別語らしい。
 しかし、「オカマ」使用禁止だって、今まで「特殊部落」「きちがい」「バカチョン」等を、少数派・社会的弱者・差別される側の人達に配慮して、使用禁止にしてきたのだ。反対する理由がない。いっその事、ホモレズだけではなく、オカマやオナベもトランスジェンダーと格好良く言い換えてあげよう。そして東郷健さんのような方々に配慮して、役所関係の書類から男女欄を消してあげよう。反対する理由がない。
 無論、悪意の確信犯で事を進めている人も多いだろう。しかし、大半の人は善意で自由や弱者救済や戦争反対や少数者保護というヒューマニズムの精神で「リベラル」を推進し、結果として社会的弱者や少数派が不幸になった。

 そういえば、オウム真理教も経行(きんひん)と称して、顔を見せない気持ち悪ーい姿で上九一色村を歩いて、村民の顰蹙を買っていたっけ。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR