FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

SPA!が輝いていた時代(サブカルを食い尽くしたインターネット)

 「SPA!が過去のオウム報道を反省した」という話を聞いて、昨日買ってみたらそんな記事はなく、調べてみたら7月既発売のSPA!だった。
SPA!の特集「オウム真理教とは何だったのか?」がいい!/ゴー宣ネット道場
https://www.gosen-dojo.com/blog/18818/
『「SPA!とオウム」という
コラムを設け、SPA!が
坂本弁護士事件直後から
地下鉄サリン事件後まで、
オウムを好意的に取り上げてしまった
経緯を紹介した上で、
「自戒の念は、決して消えることはない」
と表明しているのです!』

 なるほど。しかし、あの頃のSPA!って輝いてたんだよなー。本当に面白かった。上祐vs宅八葉対談、小林vs宅論争etc、テレビの報道が不愉快だった自分は楽しみに読んでいた。ゆえに今回の「反省」なんかより、むしろ「オウム真理教事件を笑え」のスタンスだった当時の編集長だったつる師一彦氏が、現在は何食わぬ顔で日本共産党の太鼓持ちやってる方が不快である。

 宅八郎氏もほとんど聞かなくなった。渋谷区長選挙に出馬したのは覚えているが、あまり「宅八郎らしい」活躍を聞かない。本来彼は「宮崎勤の擁護者」「世間から嫌われているオタクの味方」であり、オウム真理教の擁護だって、「世間から袋叩きに会っているからゆえ」だったのだろう。未だにいじめ問題が新聞を賑わす今、宅八郎(的存在)を必要としている人は多い。需要はあったのだ。しかし、「世間で嫌われてる人の味方」のコンセプトが、徐々に「トラブルメーカー」「人間サリン」「処刑宣言」の危険人物がメインになってしまい、それがゆえにメディアも避けるようになってしまったようだ。
 そう思うと、小林よしのりは未だにギャグメイカーやってるのだから凄い。笑わせるのは笑われることなり。どこまで演技でどこまで地なのかが分からないのが凄い。渡辺美優紀を「裏切らない48」に選んで、見事に裏切って、「普通、あいつが一番裏切りそうだろう」って思うけど、信じてしまう「人の良さ」も魅力なのだろう。
原田知子 中森明夫もあんまり聞かないけど、中森文化新聞、自分は好きでした。「棄権党」とか、今思えばいいセンスしてた。1995年か6年かにそれを思いついてるんだから。確かに日本の多数派は棄権党だ。自民党が棄権党に勝ったことなんかあっただろうか。それが20年近く経って、実際にやってしまう人が出てくるんだから。そういえば小林よしのりのAKB本で、よしりんが中森明夫と対談していた。中森和夫もサリン気分な人だったが、やっぱりよしりんは懐が広い。

 SPA!が輝いていた時代。すなわち、サブカルチャーが輝いていた時代だったのだろう。サブカル。あえて説明すれば、既成文化・既成秩序に対抗して、アニメやプロレスやアイドル等、アカデミックが目を背けるものにこそ意義があるのだという運動と言えようか。そしてその対象は、世間が眉をひそめればひそめるほど価値がある。女性アイドルよりもAVに詳しいほうが価値がある、みたいに。
 しかし、概してサブカル文化人はF/OUTしてしまった。しかし、サブカル文化人が苦戦を強いられるようになったのは、別に「プロの文化」がサブカルに勝ったわけではない。むしろ、インターネットの影響が大きかったのだ。
 簡単に言えば、アイドルにしろプロレスにしろAVにしろ(オウム真理教にしろ?)、上には上がいたのである。単に「私はアイドルが好きです」だけでは相手にされない。平凡に明星のバックナンバー全部持ってる人とか、プロレスで言えばギミック博士みたいな人がいることを知ってしまえば、単に「既存アカデミックが評価しないものに詳しい」というコンセプトだけではやっていけない。
 そして21世紀に入り、プロレスやアイドルやアニメは今や普通に既存アカデミックの世界に参入している。そうなれば、サブカルチャーも知識のみならず、人脈や学閥や家柄や処世術がモノをいう世界に突入する。サブカルチャーの世界も、金持ちや社会的地位が高い人間のみがちやほやされ、かつてのサブカル業界は「キモヲタ」になって落ちぶれていく。
 昔、中森文化新聞にオウム真理教の似顔絵を書き分ける美少女漫画家がいて、当時は見事なものだと思って実に感動したことがある。しかしネットが進歩するにつれて分かった、実はあの程度の腕の持ち主ならばゴロゴロいるって。今日もTwitterを開けば、あんな絵柄のてんこ盛りである。
 1995年~1998年頃まではインターネットがそれほど発達しておらず、SPA!のようにタブー破りをするだけで拍手喝采だった一方、ネット発信能力があるヲタク(自分がその典型か)にとっても美味しい時代だっただろう。ヲタクであれば拍手喝采、タブー破りであれば拍手喝采だったのだ。しかし、ネット人口が増えるに連れて、プロヲタクでないと通用しないし、タブーを破っても正当性がなければ相手にされなくなった。
 伝説のオウム真理教サマナ長・河上イチローという人もそうだったと思う。彼のレベルの知識だったら、今だったら見向きもされないのではないのか。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9878: by 匿名 on 2018/08/13 at 14:52:25

>結婚したそうです。
へぇー!てことは本当にオウム離れしたんだなあ。出戻りの実績があるのでまた戻ったのかな、とも思っていましたが。情報ありがとうございます。

9873:Re: タイトルなし by sinzinrui on 2018/08/11 at 10:13:53

> 福井さん、今何やってるんでしょうね。

結婚したそうです。松永英明は更新止まってるみたいですが、別名でやってそうです。

9870:翁長雄志=中国篭絡 by 翁長雄志=天誅 on 2018/08/08 at 22:43:23

若宮啓文 朝日新聞 中国ホテル浴室 死亡=ヤッター!
李高順 死亡=ヤッター!
西原博史 日の丸反対!君が代反対!憲法ガー!早大社会学部教授が中央道で事故死!ヤッター!
野中広務 エタヒニン死亡=ヤッター!浅田満詐欺犯罪者部落解放同盟松本龍暴力団
岸井成格TBS死亡=ヤッター! 岸井成格=毎日新聞=死亡=ヤッター! 反日左翼脳= 朝鮮総連ありき
岡崎トミ子=日の丸バツ反日デモ大使館前=死亡 ヤッター!
翁長雄志=中国篭絡天誅アッハッハ死亡ヤッター!

9869: by 匿名 on 2018/08/08 at 20:14:31

福井さん、今何やってるんでしょうね。あの自己顕示欲が強い人が、インターネットでのエゴ発散無しでいきていけるとは思えない。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
13位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR