FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

30年前よりも遥かに新聞を読んでるし読書もしている若い世代

 ところで、労働組合のナショナルセンター「連合」ってまだあるのだろうか(笑)。
 もちろん、本当はなくなってないことくらい知っているが、昨秋の「前原誠司の乱」→「民主三馬鹿」以降、存在感が薄くなった気がする。公務員系や元公務員系の一部は立民支持で何とかなるかもしれないが、大半の組合員を抱える民間労組系は、どこを支持するのだろうか。思想的に考えれば国民民主党なのだろうけれど、ご存知のように、支持率は0%前後(笑)。やっぱり、自公政権にお世話になることになるのだろうか。



(ネット点描)「偏った主張を増幅・強化」 ネット悪玉論、本当?/朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13674267.html
『よく語られる「ネット悪玉論」のストーリーである。だが、本当だろうか?
 興味深い調査結果がある。慶応大の田中辰雄教授と富士通総研の浜屋敏研究主幹のチームは昨年から今年、「憲法9条を改正する」「夫婦別姓を選べるようにする」など10の質問について賛否を尋ねる10万人規模の調査を行い、フェイスブックやツイッターなどを使っているかどうかも聞いた。
 その結果、確かに社会の分断化が進んでいる兆しは見られたものの、実はネットの利用とは関係がなく、むしろネット利用が少ないであろう高齢層のほうが政治的意見の過激化が見られることがわかった。「テレビや新聞などに比べ、ネットは多様な情報にアクセスしやすい。若い人ほど、自分とは異なる立場の人たちの意見に接している」と分析している。』


ネトウヨって優しそうじゃん。やぱpり次の選挙も自公政権だね。 まあ、そうでしょうね。ネットじゃしばしば「テレサヨ」老人が死んでいくので、左翼は徐々に衰退する…なんて言ってるくらいですし。
 そもそも、一部文化人知識人が言う「若い人は新聞を読まなくなった」自体がどう考えても嘘です。ネットがなかった昔、新聞なんかテレビ欄見て、何となく三面記事を中心に見出しを眺めて、それで終わりです。今では普通に若い10代20代の人が、読売のあの記事の後に朝日のこの記事、時には産経新聞に神奈川新聞に聖教新聞に朝鮮日報、パソコンやスマホを通していろいろ読むようになっています。「大学生が読書をしなくなった」という嘘と同じです。情報も知識も、紙媒体から得る必要性なんか何もありません。
 現在、紙の新聞を真面目に読んでいる人は、一部の特殊な職業の人だけでしょう。ましてや複数の新聞を読んでいる人なぞ、明らかに普通の人ではありません。そんな時間と必要性があるサラリーマンがあまたいるとも思えません。そして大学生の読書時間が激減したにもかかわらず、大学生の知的水準が低下したという話を全く聞かないのと同じく、紙の新聞を読まなくても、誰も情報過疎になんかならないどころか、むしろ向上しています。

 こう書くと「ネトウヨが~、ネトウヨが~」「フェイクニュースが~、フェイクニュースが~」と叫びだす左翼の方々がいらっしゃいますが、それは逆に、様々な情報に有権者が触れるようになったので、一方的な正義を振りかざす日本共産党のような左翼政党支持者が減ってしまっただけの話であって、左翼政党がインターネット対応に失敗しただけです。同じような体質を何かと揶揄される公明党は、ネット影響による票の減少なんか殆ど聞きません。
 むしろ、左翼の方がネットに頼りすぎて、有権者との日常活動を怠ったのではないでしょうか。いくらBAN!しようが「ネトウヨ」「フェイクニュース」と叫んでも、積極的な支持に繋がりません。むしろ言われた方は「次の選挙で仕返ししてやる」と更に反左翼政党への支持を固めるだけです。

 ふと思い出したのですが、何年か前まで、朝の満員電車の中で日本経済新聞を必死に読んでいるサラリーマンを随分と見かけました。判で押したようにみんな日経を読んでいるので、昔、面白がって数えて遊んでたことがありますが、最近は殆ど見かけなくなりました。
 スマホ版日経新聞が爆発的に売れたという話も聞きません。ひょっとしたら朝の日本経済新聞購読は、ルーズソックスみたいな単なる流行だったのか(過去のオウマー日記「満員電車から日本経済新聞がいなくなった気がするのだが」をご参考に)と思っていますが、未だに真実はりりません。
 と、少し話がそれてしまいました。
 左翼の衰退は、本当にネットが原因でしょうか。
 自分たちは正しいのに有権者に支持されないのは、何だかの外部条件の影響か、有権者に我々の正当性が伝わってないからと言い訳し、変化を拒否し続けたからこそ、気がつけば老人しか支持しない政党になってしまった。それが本当のところでしょう。自民党が悪い財界が悪いメディアが悪いインターネットが悪いSNSが悪い…悪いのは常に他人なのです。

 近い内に、連合も自公政権支持に切り替えるかもしれません。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9933:Re: 若者の中道化? by sinzinrui on 2018/09/23 at 15:46:44

みれい様

若い世代に限らず、ある意味、中道化していると思います。
ただ、中道政党の公明党は、相変わらずまったりと仲間内で盛り上がってるイメージです。

安倍さん自身が、中道化していると思います。
昔、中曽根康弘総理の後期に「左ウイング」と自ら発言したように、安倍さんも左ウイング
したのかもしれません。

何せ日本では、本物の「左」が国民にとって何の役にも立ってませんから。

> でも、必ずしも日本社会が「右傾化した」とは思えません。
> 旧民進系や公明党、共産党も、それなりの支持を集めてるじゃないですか。

そうなんですよね。
自分の「周り」を見てると、共産党、本当に人気があります。

行動保守のブームは、既に終わっているイメージです。
BAN祭りが快調に進んでいることからして、間違いないでしょう。

しかし、左翼が再評価された話も聞きません。

今日の日記で少し書いたのですが、本来は大化けしてもおかしくない公明党も、
ある意味「戦犯」だと思います。

創価学会のイメージで、本来は票が集中しそうな「中道」に、ちっとも票が集中して
ません。

もっとも、ここが「大化け」したら、ますます「社共」が不要になってしまいます。

と、偉そうなことを言っても、日本の有権者に相応しい政治家を選んでるだけなん
です。私に相応しいレベルの政治家と思えば、そんな腹を立てる性格のものではあ
りません・

9928:若者の中道化? by みれい on 2018/09/18 at 10:12:55 (コメント編集)

以前は、複数の新聞を定期購読している人なんて…
メディア関係者くらいしか居ませんでしたよね。
ネットの登場で、誰もが新聞を読み比べることが可能になりました。
メディアリテラシーが生まれたと言えるのではないでしょうか?


昔は、ニュースステーションの久米宏さん。
ニュース23の筑紫哲也さん(朝日出身)など…
お茶の間を誘導するカリスマもおりました。
彼らの論調を鵜呑みにする人も、少なからず存在したはずです。
だから、自民党政権の「悪」のイメージばかりが拡大した。
久米宏さんがクスクス笑いながら、自民党の政治家を小馬鹿にする。
それが、細川政権誕生、小選挙区制導入に繋がった面もあるでしょう。
当時は、「久米宏って、おかしくない?」と共有することが出来なかった。

しかし、ネットの登場でそれが通用しなくなった。
新聞やニュースキャスターの影響力も低下した。
みんな、自分の頭で考えるようになったのです。
左に偏っていたものが、「真ん中」の方向に修正され始めた。
これまでの反動で、中には極端に「右」に振れてしまう人も出てしまう。
それが、桜井さんであり、杉田水脈さんなのでしょう。

キャスターも馬鹿なことを言えば、叩かれる。
「特権」を失ったマスコミやキャスターは、面白くないはず。
朝日新聞や日刊ゲンダイなどが、執拗に安倍を叩いても…
それを鵜呑みにする人ばかりではなくなった。
みんなを「左」に誘導できなくなってしまったわけです。
だから、「ネトウヨ」「右傾化」と騒いでいる。


でも、必ずしも日本社会が「右傾化した」とは思えません。
旧民進系や公明党、共産党も、それなりの支持を集めてるじゃないですか。
左派や中道系の政党も、消えていないのです。

もしも、自民党が強引に9条改憲を進めたら…
公明党は離脱して、政権は流動化するでしょう。
実は、微妙なバランスの上に成り立っているわけです。
バランスが崩れれば、一気に流れが変わりかねません。
野党が政権を獲る可能性も、ゼロとは言えないです。

有名な宗教学者が、創価学会が戦後日本の「共産化」を防いだと分析してましたが…
今も状況は、あまり変わっていないのでは?
新潟知事選挙も、創価学会が野党系を支持したら逆転だったでしょう。
小選挙区も、かなり引っくり返ると言われてます。
沖縄は、どうなるでしょうね?
共産系知事を阻止できるか、注目です。
自民党の力だけで阻止できないことは、言うまでもありません。

「非共産」で「9条堅持」という公明党、創価学会の中道路線。
しばしば、左右双方からの攻撃対象になります。
右からは、安倍政権の足を引っ張っているとの批判。
左からは、安倍政権の片棒を担いでいるとの批判。
裏を返せば、日本社会の「共産化」と「右傾化」…
双方の防波堤になっているとの見方もできます。
野党や左翼は「ブレーキ役になっていない」と非難しますが…
安倍首相の改憲案は、明らかに公明党を意識してます。
9条2項の削除や国防軍を断念したことについて…
「公明党が賛成しないから」と田原総一朗氏に説明したそうです。
少なくとも、野党よりは「ブレーキ役」になってます。

公明党、創価学会って…
そもそも、自民党とも共産党とも「ケミストリー」が合わない。
ギリギリの線で、自民党と折り合っている感じです。
「創共協定」ほど脆くはないと思いますが…
「自公連立」も、必ずしも盤石とは言えない。
今は、絶妙なバランスの上に成り立っていると見るべきでしょう。

かつて、「新進党」という政党がありましたよね。
二階幹事長、小池百合子さん、石破茂さん、野田毅さんなど…
現在の自民党大物議員も参加してました。
さらには、公明党も合流。
連合と創価学会が強力に支援。
参院選の比例票が自民党を上回り、政権交代寸前まで行きました。
自民党の危機感は相当だったと思います。

しかも、旧民主党や社会党左派は、新進党には合流しなかった。
菅直人さんや鳩山由起夫さんも加わらなかったのです。
いわば、左派を排除した野党第一党だったわけです。
もちろん、共産党とは共闘しない。
非自民・非共産の中道系野党でした。
ある意味、自民党にとっては脅威だったはずです。

自公を分断し、新進党モデルを再現すれば、政権交代も可能ではないでしょうか。
都議選で小池百合子さんが圧勝したのは「新進党モデル」を再現したからです。
しかし、立憲民主党は真逆の方向に動いてしまってます。
共産党に媚びを売り、左へ左へ流さる有り様。
国民民主党もズルズルと引き摺られ、「中道」とは言い難い姿。
一方、日本維新の会は「右」のイメージが定着しウイングを広げられません。
政権を担える、全うな中道野党が不在の為…
有権者は、自公政権を選ぶしかないのです。
必ずしも、日本社会が「右傾化」しているわけではありません。


ネットが普及し、様々な情報に触れるようになった若者たち。
まずは、「左」のインチキに気づいた。
その反動で、いわゆる「ネトウヨ」が誕生。
そろそろ、「右」の馬鹿馬鹿しさにも気づき始めている頃です
右も左も、「面白人間」ばかり。
今後は、若者を中心に「中道化」が進むような気もします。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
15位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR