FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

「政権奪取論 強い野党の作り方/橋下徹著/朝日新書」は勉強になる

 台風24号でいろいろなイベントが中止になってますが。
のん、台風接近でバンド公演が中止
https://www.oricon.co.jp/news/2120457/full/
『歌手としても活動する女優・のんが率いるバンド「のんシガレッツ」と、仲井戸麗市バンドのツーマンライブ『のん with SUPERHEROES』の30日公演が、台風24号の接近に伴う影響を考慮し、中止することが29日、発表された。 』
 仲井戸麗市と能年玲奈? 古井戸を復活させて「さなえちゃん」でも歌う気だったのでしょうか。そういえば昔、アルフィーの坂崎と下川みくにって売れないアイドルとで歌った「ポスターカラー」が絶品で関心したことがある。
 それでは今日も行ってみよう。少し昨日の続きっぽいです。

hasigecyan.jpg 昨日病院の待ち時間で、橋下徹「政権奪取論 強い野党の作り方」をだいたい読んだ。
 第4章の『「風」は地方から起こす』やTwitterの使い方等、かつての「橋下総理待望論」時代の自画自賛という気がしたが、日本の多くのマスコミが「極右」とレッテルを貼るイタリアの「五つ星運動」の話等、多くの点で勉強になった。内容もあらかた納得が行く意見だった。五つ星運動は、ベルルスコーニに代表される腐敗した金権政治に失望した有権者の声を汲み取り、それにノーを突きつける清潔な政治を訴え、そしてそれを実行し、EUの一線を画するだけではなく、ロシアとの外交を重視しているのですね。

 橋下氏いわく、旧来の自民党は業界団体や固定の支持層のような『「見える票」を獲得する政治(P.116)』を獲得する技術を持っていた。しかし第一次安倍内閣が崩壊した際に、「見える票」がいかに少ないかを知っただろう、と。また、政治家は支持団体に行けば拍手喝采を受けるので、その声が世論と勘違いしがちになるらししい。すなわち『国民全体からすればほんの一部に過ぎない自分の熱烈な支持者の声を国民全体の声と錯覚(P.118)』してしまう。しかし今の自民党は「見えない票」を意識して政治を行っている。無論、方っぽうで移民受け入れ反対、方っぽうで外国人労働者を研修目的で受け入れたりのような怪しげな詭弁や、なあなあ的な党内派閥調整等いろいろありながらも、マーケティングで国民の要望がどこにあるかを探り、野党の意見であっても良いものはどんどん受け入れていく。だからモリカケ騒動があっても支持率が崩れない。
 橋下氏も指摘してるけど、日本の政治って、立派な二段政党制じゃないですか。「自民党」と「支持政党なし」との。野党は膨大な顧客予備軍がありながら、全くそこがお客さんにならない。今みたいに「モリカケ・スギタ」のように敵失でお客さんを拾えるチャンスがあっても、自民党は安泰の一方、かえって野党は「顧客」を失う。上記、五つ星の「ロシア重視」みたいに、具体的な「我々はこういう方向で行く」「こういう政策をやる」ってのが言えない。しかも特に共産・立民は馬鹿だから「アメリカいいなり政治をやめて、国民の命と暮らしを守る」みたい事を言って、せっかくの好機を失っていく。「アメリカいいなりをやめる」とは、具体的に別の外交政策を提示することなのだ。
 野党は、『メディアで取り上げられる1つ2つの注目政策や制度で国が成り立っているわけではない(P.67)』のに、『政治信条やイデオロギー、挙げ句の果てに保守だ、リベラルだということを声高に叫びすぎ(P.67)』、与党の上がってもいない揚げ足取りに終始している。本当に「支持政党なし」の層を取り込むのならば、『相当幅の広い政治信条とイデオロギーを持たなければならない(P.67)』はずなのに、プロ市民やパヨク、そしてネトウヨのような『自分たちに同調してくれる一部のマニア的な有権者やメディア、インテリ層の方ばかり見ている』ので、圧倒的多数の支持政党なしに相手にされない。そして橋下氏は、日本維新の会もそうであると反省かつ指摘している。

 他にも橋下氏は組織論についても延々と論じ(第5章 政策より「組織」が大事だ!)、これもまた面白いのだが、今回は略、買ってからのお楽しみということで。
 この本は政治家(特に野党)について書かれた本であるが、逆に有権者も反省すべき点があることを感じた。例えば、自分を含めての話だが、今ネットで「朝○人は半○に帰れ!」「辻元生コン枝野革マル○ね!」とか「アベ辞めろ杉田辞めろ」「ネトウヨはヘイトスピーチやめろ、BAN!攻撃だ」とやりあってる人たちって、実際の選挙の票のやりくりにどれだけ関係あるのだろうか。まさに政治家と同じく、「一部のマニア的な有権者やメディア、インテリ層」どうして攻撃しあってるだけで、大量の顧客予備軍を取り込もうとしてない。
 ちなみに橋下氏、Twitterでボコるのは有名人や政治家だけとのこと。
 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

人気記事はこれ(2019/9/16Reset)

最新記事

株価・為替

Yahoo! 天気予報

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク1

リンク2

 ▲オウム真理教
●板
栗板
●BLOG
岩本太郎ブログ(お前はただの馬鹿にすぎない)/メディアの夢の島
●その他おすすめ
 ▲オウム以外の破壊的カルト
(日本共産党・左翼)
しんぶん赤旗
「日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中」
小坪しんや
TAMO2ちんの日常
前進社(中核派)
(幸福の科学)
Liberty WEB
(その他)
 ▲法曹
弁護士自治を考える会

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
11位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR