FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

週刊ダイヤモンド「新宗教の寿命」を読んだ

 週刊ダイヤモンドの特集「宗教の寿命」を読んだ。
 それにしても、週刊ダイヤモンドとか東洋経済とか、おっさん向け経済雑誌って、どうしてこういう宗教いじりのネタがなんで好きなんだろう。
 宗教の寿命を真剣に論じたと言うよりは、創価学会を中心に、真如苑・立正佼成会・天理教・幸福の科学・ワーメイ等、この種の企画の「常連さん」を紹介したもので、結局そうなると、創価ネタがメインになる。そりゃそうだ。創価学会員が買ってっくれるもんね。昔、学会の信者さんが言ってたわ。新潮や文春の批判記事、学会員が一番読んでるんだって。
inyou_ne.jpg 正直、そんなに面白くなかった。宗教消滅論は、島田裕巳氏を始め既に多くの論者が述べているので、P.34に『大胆シュミレーション』と称して右のグラフが掲載されていても、左上のようなグラフの推計に、そんなに驚きはないのではないか。
 それよりもこれを見てて思ったのが、この推計、相当にいい加減ではないかと。左上にある2065年の主要37団体の数値(200万弱)が、右下の公明党の得票数(最悪でも500万票弱)は明らかに矛盾している(公明党投票者の大半が学会員以外になる?)。更に左下の真如苑の2065年の推計(120万弱)と比べると、2065年には日本で信仰を持つ人は200万人強で、その半数近くが真如苑になるという恐ろしい(?)未来が待っていることになる。しかも、創価学会を支持母体にした公明党は最悪の推計でも500万票弱を獲得していると。

 それにしても、おっさん臭いビジネス雑誌は、どうして宗教特集が好きなんだろうか。むしろ、こっちの方が不思議ではないだろうか。必ず創価学会をメインに据え、「新宗教」「カルト」と呼ばれる常連さん(真如苑・PL・幸福の科学・ワーメイetc)が華を添え、マジでやばい連中(オウム真理教系列・統一教会・親鸞会・顕正会)が彩りを加える。必ずメインは創価学会。ちゃっかりと算盤を弾いてるのもお茶目だ。
 宗教ネタならば、イスラム教圏と地域との軋轢とか、他にも話題があるだろう。欧米はまさにそれで悲鳴をあげているのだから。ただ日本では、相変わらずオウム真理教。死刑執行景気に支えられ案外と視聴率が良いのだろうか、飽きもせずに企画を繰り返し、「オウム真理教は終わらない」「風化させるな」と、終わらない夏休みを願う子供のように叫び続ける。
 自分もオウマーやってたころ、おニャン子クラブの「夏休みは終わらない」を思い出したことがある。何かで読んだエッセイに、あの曲はファンの気持そのままなんだ。おニャン子クラブも夕やけニャンニャンもずっと続いてほしい、心のガールフレンドとずっと遊んでいたい… 地下鉄サリン事件以降、サティアンショップに行くような人間(含む自分)も、ずっと「夏休み」が終わらないことを望んでいるのだ。しかし、夕やけニャンニャンが終わったように、確実に夏休みは終わる。
 最近のメディアを見ていると、一番夏休みを割らせたくないのは、信者でもオウマーでもなく、新聞やテレビや雑誌等のマスメディア、特に「左翼」と呼ばれる人たちだったようである。連合赤軍が引き起こした「あさま山荘事件」が平成の世でも長く語られたように、オウム真理教も「ポスト平成の浅間山荘」のようになっていくのか。連合赤軍もオウム真理教も虐殺集団。永田洋子も中川智正も殺人鬼。ただ、永田洋子には「尊師」がなく、代わりにマルクスやレーニンという抽象的な「教義」や、彼らを頭を無責任になで続けた進歩的文化人がいて、彼らの教えを真摯に受け止め学び、その結果ああなったと。

 そして大学から社会から新左翼・過激派は消えた。誰も何も困らない。オウム真理教だって同じ。さあ、もうすぐ新しい夏休みがはじまるよ。

 ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9970:Re: 真相まで語ってません。 by sinzinrui on 2018/10/12 at 20:05:10

しほう様

> ヤフー知恵袋やソニエリのブログをご参照ください。

ソニエリのブログ、見てきました。
批判は分かるのですが、何故信者を獲得したのかといえば、やっぱりシンプルに、
現世利益を全面に出したとか、政治から見放された弱者層をターゲットにしたとか、
多くの人が指摘したことにつきるのではないでしょうか。

9969:Re: 出版不況と宗教 by sinzinrui on 2018/10/12 at 19:57:21

みれい様
そうなんですよね。
あの雑誌の読者って、本当にああいう記事を好むように思えないのに、
何回もやってます。

おそらく「売れる(信者が買う)」からでしょう。

> ちなみに、「新・人間革命」は30巻で完結を迎えたそうで…

はい。信濃町のコンビニにはちゃんと置いてあるのには感心しました。
早くアニメ版を作って、Youtubeにアップしてもらいたいです。

> むしろ、伝統仏教の方が深刻なのでは?

宗教全体が大変そうな気がします。
今日、テレビのニュースを見てたら、「ネットの炎上を供養する」寺があるそうです。
いったい、どういう意味があるのか、私には理解できませんでした。

9966:真相まで語ってません。 by しほう on 2018/10/10 at 14:49:37

なぜあの教団が伸びているのか、その真相にまでいきついてませんね。
ネットでの批判は圧倒的に多い教団なのに。伸びているのには、理由があります。
ヤフー知恵袋やソニエリのブログをご参照ください。

9965:出版不況と宗教 by みれい on 2018/10/10 at 10:13:25 (コメント編集)

出版不況ですからね。
「新宗教」を取り上げると、販売部数が伸びるのでしょう。
一方、伝統仏教を取り上げても、あまり部数は伸びないのかも?

「創価学会特集」と言ったら露骨すぎるので…
おまけで、他の教団も取り上げている感じでしょうか?
立正佼成会にしても、あまり存在感や勢いを感じませんし…
幸福の科学は、派手なパフォーマンスで目立つものの…
選挙で蓋を開ければ、全国で30万票も集められません。
実際の信者は、50万人にも満たないと思われます。
華やかな空中戦が得意でも、地道な組織作りはできていないようです。


仮に、創価学会員の5%が雑誌を購入したとしても…
かなりの売上になるでしょうね。
新潮や文春も、創価学会を取り上げると部数が伸びると言われてますね。

思想的には右だった、藤原弘達さんの創価学会批判本も…
左の共産党が、大々的に宣伝してくれたお陰でベストセラー。
反創価の宗教団体などの講演会に、引っ張りだこだったそうです。
創価学会員を「ウジ虫、バイ菌」と罵倒して…
巨額の印税を手にすることにも成功したのです。
今なら、「ヘイト本」と言われていたかもしれませんが。

ちなみに、「新・人間革命」は30巻で完結を迎えたそうで…
全国各地の書店組合から、創価学会に感謝状が贈呈されているそうです。
今も昔も、出版と宗教は密接な関係にありますね。
神奈川新聞社の立派な印刷センターも…
実は、聖教新聞の委託印刷で成り立っているようです。

創価学会を取り上げるなら…
海外の現状についても、取材してほしいものです。
欧米、アジア、アフリカ、ロシアなど…
190ヵ国以上に組織があるようですから、ほぼ全世界ですよね?
北極近くのアラスカにも、組織があるそうですよ。
特に、インドでは数十万単位で会員が急増しているようです。
自動車メーカーに勤務する創価学会員の友人がいるのですが…
インド出張中、現地の会館を訪れると、大歓迎されたそうです。
「インド創価学会」の会員から、質問攻めにされたと言ってました(笑)

反日の韓国で、大組織に発展したというのも興味深いです。
中国では、あえて布教を行っていないようですが…
中国政府との間に、何らかの合意が交わされているのですかね?
日本の宗教が海外に広がったケースって、初めてですよね?
国内会員数と海外会員数が逆転する可能性も、あるのではないでしょうか?

あと、公明党得票数=創価学会員ではないことも考慮する必要があります。
沖縄県知事選でも、2~3割が玉城さんに流れたと言われてますよね。
玉城事務所で、堂々と三色旗を振っている人までいました。
どこの世界にも、組織の言うことを聞かない人はいるものです。
ましてや、あれだけの大教団ですからね。
分派や分裂が起きないのが不思議なくらいです。
弱小泡沫教団のオウムだって、3分裂してるんですよ。


一部メディアは、「700万票を割った」と騒いでますが…
単一組織で、700万~800万票を集められる団体って…
恐らく、日本では創価学会しかありません。
過去最高は、2005年衆院選の898万票でした。
他の新宗教が「ほぼ壊滅状態」の中…
創価学会は、どこまで組織を維持できるでしょうね。

良いか悪いかは別として…
憲法改正を実現できるかどうかも…
創価学会が握っていると言っても過言ではありません。
安倍首相は、公明党との事前協議に意欲を示しましたが…
警戒する公明党側は、拒否したと報道されてます。
自公の綱引き、神経戦は、まだまだ続きそうです。

そうは言っても…
少子化・人口減少社会が加速していることは確かです。
国家・自治体・企業・労組・伝統仏教・新宗教など…
あらゆる組織が、縮小傾向なのは必然のことでしょう。

伝統仏教の寺院も、檀家の減少で疲弊している所が多いようです。
裕福な寺院と困窮寺院の格差は、広がるばかりかも。
「墓じまい」の流行や葬儀の簡素化も進み…
むしろ、伝統仏教の方が深刻なのでは?

先日、正信会寺院の住職が死亡し、日蓮正宗に返還されたらしいですが…
信徒がいないので、結局「廃寺」になったそうです。
信濃町の大規模な建設ラッシュとは、あまりにも対照的です。
次々と、立派なビルが完成してますよね。
聖教新聞社も、新社屋を建設中らしいです。
大半の創価学会員が、日蓮正宗に残らなかったことを物語ってますね。


昨夜、テレビでオウムの再現ドラマを観ました。
松本サリン(94年)や創価大学サリン噴霧未遂(93年)などを取り上げてました。
今後も、定期的に取り上げられるのだと思います。

最新コメント(ご返事ができないことがございます。お許しを。)

プロフィール

sinzinrui

Author:sinzinrui
 西村雅史。元オウマー。大昔「オウム真理教大辞典」を共著で出して「これで幸せになる」と思ったらかえって不幸続き。糖尿病も悪化し、眼底出血で失明に怯えてます。

Twitter

顔本

オウマー日記・人気記事はこれ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私は「いつでも会えるオウマー」です

オウマーに会いたかった! 会えますよ。
常時2人オフ会受け付けてます。2人以上でももちろんOK。握手会もチェキもOKです。ただし男なのでパンチラはありません。

ただし基本的に、土日・祝祭日希望(日頃は普通にサラリーマンやってますので)。

あと、正体を明かさない人や殺気を感じた人は、断るかもしれません。そこまで善人じゃないので、あしからず。

最新記事

リンク1

リンク2

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
12位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

QRコード

QR